★おうち時間を充実させよう★

【五等分の花嫁】母親の死因は?名前は零奈であることについても

五つ子たちの母親の麗奈は、五つ子が風太郎と出会った時にはすでに亡くなっています。

なぜ死んでしまったのか?その理由についてまとめてみました。

「五等分の花嫁」シリーズを無料で見よう!

「五等分の花嫁」は、U-NEXTという動画配信サービスで無料で見ることができます!

≪U-NEXTで「五等分の花嫁」シリーズを無料で見る方法≫

  1. U-NEXTの31日間無料体験に登録する。
  2. 「五等分の花嫁」を好きな時に好きな場所で見る。

※無料期間中に解約すれば、料金は一切発生しません。

第1期を無料で見る

第2期を無料で見る

キャストトークやライブ、オリジナル朗読劇など↓

スペシャルイベントを無料で見る

五等分の花嫁シリーズの詳細を見る

 

【五等分の花嫁】五つ子の母親の名前は零奈(レナ)

五つ子たちの母親の名前は、麗奈と言います。

この名前は、春休みに訪れた五つ子たちの祖父の経営する旅館で明らかになります。

 

春休みの旅行の間は、五つ子たちが全員五月の姿になってしまいます。

変装してしまうと、誰が誰だか見分けられない風太郎は、見分け方を知ろうと、祖父のことを師匠と言って勝手に弟子入りしました。

というか、読者も見分けられないのでは?というぐらい完璧に五月が5人いる状態だったので、全員が祖父に弟子入りしたい気持ちになったことでしょう笑

 

そして、風太郎は波乱だらけだった旅の最後、祖父に挨拶に行きます。

すると、しばらくして祖父が「孫たちはわしの最後の希望だ、麗奈を喪った今となっては…」と言って、麗奈という名前を出したのです。

このことから麗奈という人物が祖父に関係のある人物だと分かった瞬間であり、同時に五つ子たちの母親の名前なのだろうと予想できます。

 

【五等分の花嫁】母親は死亡している

実は、風太郎は春休みの前に麗奈と名乗る帽子をかぶった女性と出会っています。

二人でボートに乗り、風太郎が小学生時代に京都で出会った少女だと明かしていました。

しかしこの少女は、名前を聞かれてとっさに母親の名前を名乗っただけで、本当の麗奈ではないのです。

 

本当の麗奈、つまり母親は、春休みの旅行の最後、祖父が言っていたように亡くなっています。

五つ子たちの母親の命日は8月14日。

五月は、毎月14日なるとお墓参りに行くほど、母との絆を大切にしています。

 

もちろん、命日である8月14日には、五つ子5人そろって、母親のお墓に手を合わせに行っています。

母親の命日には、五つ子たちとは別にやってきた父親のお花もそっと供えられていました。

 

【五等分の花嫁】母親の死因は?

母親の死因ですが、具体的な病名については明かされていません。

 

母親は、もともと感情をあまり表に出さない人だったと、五つ子たちや、母親と関わったことのある人たちからも言われていました。

それが理由になるかわかりませんが、痛そうな表情をしたり、苦しそうにしたりしている素振りは一度も見受けられませんでした。

もしかすると、辛い生活をさせてしまっている娘たちに心配をかけたくないという母心があったのかもしれません。

 

母親は、マルオ勤務している病院に入院していて、二人は、余命わずかという会話をしています。

それでもマルオが少しでも長く生きてほしいと言っていることから、完治するのが難しい病気だったのだと思います。

 

母親はなんとか生活を維持するため、ずっと働き続きだったこともあると思うので、なかなか病院に行くことができなかったのかもしれません。

あくまで推察ですが、その結果、完治できない程の病状になってしまったという風にも、考えられそうですね。

 

【五等分の花嫁】母親の人生まとめ

ここからは、五つ子たちの母親の人生を振り返っていきたいと思います。

母親は学生時代頃、無堂という先生と出会います。

この無堂先生との出会いによって、母親は教師という夢に向かい進んでいきます。

そして、夢をかなえて、新卒で高校の教師となります。

 

五月が母親のお墓の前で出会った塾講師の下田さんが言うには、麗奈先生は、鉄仮面で笑ったところもみたことがないという、ちょっと驚きの教師像でした。

しかし、それを凌駕するほどの超美人だったそうです!

その美貌が故に、学校中の男子生徒は麗奈の虜になっていたそうです。

 

ちなみに、そんな母親のファンクラブをまとめていたのが、五つ子たちの父親であるマルオです。

生徒会長の傍ら、母親のファンクラブの会長を務めあげていたそうです。

あの無表情なマルオがファンクラブ会長なんて、人も見かけによりませんね笑

生真面目な男子生徒ですら、魅了してしまうほどなので、絶世の美女だったことは間違いないですね!

 

と、そこまでは父であるマルオとの素敵な出会いのエピソードのように思います。

しかし、母親はマルオと結婚して娘たちを産んだのではありませんでした。

 

母親は、自分の教師で憧れでもあった無堂先生を好きになり、先生との間に、五つ子たちを授かっていたのでした。

しかし、この無堂という男、お腹の子が五つ子だと知ると、忽然と姿を消してしまったのだそうです。

そして、五つ子たちが生まれた後の母親は、子供を育てるために貧しく、厳しい暮らしをすることになります。

 

その後、病気で入院し、退院したかと思うと、そのまま亡くなってしまったのです。

母親は余命宣告を受けていたようなので、最後はきっと娘たちと過ごしたいという思いで退院したのではないでしょうか。

 

まとめ

今回は、五つ子たちの母親についてまとめてみました。

振り返ってみると、母親はなんとも波瀾万丈な人生を送っているように感じますよね。

 

しかしどんなに辛い人生だったとしても、母親は人生のすべてを諦めていたわけではないと思います。

母親のそばにはいつも五つ子たちいて、それは、母親が生きる希望でもありました。

 

作中では、母親のことが徐々に明らかになり、それと同時に五つ子たちに対する愛も感じられます。

ぜひ作品を通して、その深い愛情を感じてみて下さい!

 

「五等分の花嫁」シリーズを無料で見よう!

「五等分の花嫁」は、U-NEXTという動画配信サービスで無料で見ることができます!

≪U-NEXTで「五等分の花嫁」シリーズを無料で見る方法≫

  1. U-NEXTの31日間無料体験に登録する。
  2. 「五等分の花嫁」を好きな時に好きな場所で見る。

※無料期間中に解約すれば、料金は一切発生しません。

第1期を無料で見る

第2期を無料で見る

キャストトークやライブ、オリジナル朗読劇など↓

スペシャルイベントを無料で見る

五等分の花嫁シリーズの詳細を見る