アニメの考察・感想・ネタバレ

【ストーンオーシャン】フーファイターズの正体を解説!死亡するかどうかも!

世間に「ジョジョラー」という熱狂的ファンを生み出したレジェンド作品「ジョジョの奇妙な冒険」。

2022年冬から待望の第6部「ストーンオーシャン」がアニメ放送することがきまっており、アニメ界隈の話題をさらっています。

そのストーンオーシャンで主要キャラクター:フーファイターズが何かと話題なのをご存じでしょうか?

今回の記事では、その謎に包まれたフーファイターズの正体を深掘りしていきます。

彼女の最後についてもネタバレ込みでご紹介しますので、お楽しみください。

【ストーンオーシャン】フーファイターズはこんなキャラクター


©荒木飛呂彦&LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社・ジョジョの奇妙な冒険THE ANIMATION PROJECT
引用元:「ジョジョの奇妙な冒険 ストーンオーシャン」公式サイトより

ジョジョ第6部「ストーンオーシャン」での主要キャラクターの一人、フーファイターズ。

まずは彼女についてご紹介していきます。

フーファイターズは、主人公:徐倫が収監されている州立グリーン・ドルフィン・ストリート重警備刑務所の女性囚人として、徐倫やエルメェスの仲間として過ごしています。

仲間達からは「F・F」と呼ばれています。

そしてもちろん、スタンドも持っています。

というか、彼女自身がスタンドです。

(詳しくは次セクションでご紹介します。)

スタンドの特性から、水鉄砲のように指から水の弾丸を発射して攻撃したり、負傷した仲間の傷をいやす「ヒーラー」的な立ち回りが多い役どころです。

ストーンオーシャンの登場人物は皆個性的ですが、フーファイターズはどこか独特な雰囲気を持つキャラクターです。

なんだか人間味がないというか…。

その由来は、彼女の正体に隠されているのです。

【ストーンオーシャン】フーファイターズの正体とは!?

ぶっちゃけますと、フーファイターズは人間じゃぁありません!

一言で言えば、プランクトンなのです。

フーファイターズは、スタンド能力や記憶を封じ込めた「DISC」を保管し守る任務のためにプッチ神父によってスタンド能力を与えられたプランクトンです。

普通のプランクトンはスタンド能力を与えられたことによって、「知性」をもったプランクトンへと進化したのです。

「プランクトン?人型してるけど」と思いますよね。

フーファイターズは、ミジンコのような小さなプランクトンが集結して人型になるのです。

人型をしていないときは、もとのミジンコ状態に戻ります。

そして、敵から攻撃されて体の大半を失っていても、プランクトンの一部が生き残っていれば生存可能という無敵状態です。

また、プランクトンの命である「水」がありさえすれば、無限増殖も可能というチートっぷりです。

逆に水がないと死んでしまいます

先にも少し書きましたが、フーファイターズは彼女自身がスタンド=本体というジョジョ史上でも珍しいタイプのスタンドです。

普通の人間にはスタンドは見えないのですが、本体がスタンドということもあり、一般の人でも目視が可能となっています。

ではなぜ、このようなプランクトンが囚人の姿で徐倫達と行動を共にしているのでしょうか?

そもそもフーファイターズとの出会いは、とある事件がきっかけでした。

その事件とは刑務所内で男性囚人の失踪事件です。

湿地帯でDISCを管理している場所(トラクターのタイヤ)にうっかり囚人が近づいたことによって、フーファイターズが始末しちゃったというのが事件の真相でした。

行方不明の男性囚人を探すというのは口実で、この湿地帯に父親:承太郎のDISCを探しに来た徐倫とエルメェスは、当然フーファイターズと衝突し、戦闘へと発展します。

なんやかんやでフーファイターズは負けてしまうのですが、徐倫は負けた彼女を殺すどころか、水を与えて命を救うのです。

このことがきっかけでフーファイターズは徐倫の仲間となります。

フーファイターズは徐倫の傍にいるために、今回の戦闘に巻き込まれ死亡した女性囚人:エートロの身体を利用して彼女の身体に入り込み、刑務所ではエートロとして生活しています。

ちなみに前セクションでご紹介した仲間の傷をいやす行動の正体は、フーファイターズを作り上げている体の一部であるプランクトンを傷に埋め込むという荒業のことです。

なかなかワイルドな治療法ですよね。

【ストーンオーシャン】フーファイターズは死亡するのか?

なかなかぶっとんだ設定を背負っているキャラクター:フーファイターズ。

プランクトンの一部さえ生き残っていれば死ぬことはまずないチート能力の持ち主であるフーファイターズですが、彼女は物語中どこかで命を落とすのか気になりますよね。

壮大なネタバレですが、フーファイターズは死亡します。

無敵とも思える能力スタンドなのに、なぜ?と思いますよね

プッチ神父との壮絶な戦いでもなんやかんやで生き残っていた無敵フーファイターズですが、死亡の理由は「仲間を助けたから」です。

その助けた相手とは、アナスイと徐倫

アナスイはプッチ神父のスタンド:ホワイトスネイクの攻撃でひん死のアナスイの中に、承太郎の記憶DISCが吸い込まれ、このままではアナスイの命と共にDISCまで消滅してしまう危機に瀕していました。

アナスイはフーファイターズに、自分に取り次いでDISCを取り出せと命じますが、フーファイターズの行動はアナスイの治療だったのです。

その治療のためフーファイターズは残りの力をすべて使い果たし死亡してしまいます。

フーファイターズは、その命をもってアナスイの肉体と、徐倫の使命をも守ったのです。

死に際徐倫の前に現れた精神体のフーファイターズは、徐倫にさよならを告げます。

それは決して悲しいものではなく、むしろフーファイターズは自分自身の魂、知性を認識し、その上で友達である徐倫にさよならを言えたことが「よかった」といっています。

プランクトンである彼女が、徐倫たちと過ごしたことによって芽生えた大切なもの「魂」「知性」が自分にも芽生えていたことを認識できて悔いがないというような表情がとても印象的です。

スポンサーリンク

【ストーンオーシャン】フーファイターズの声優についても

ストーンオーシャンで重要な役割を果たす主要キャラ:フーファイターズ。

そんな彼女の声を担当する声優さんは、伊瀬茉莉也さんです。

伊瀬茉莉也さんといえば、HUNTER×HUNTERのキルアや、メイドインアビスのレグ約束のネバーランドのレイYes!プリキュア5のキュアレモネード等多岐にわたって活躍している人気声優さんです。

少年や少女の役柄が多かった伊勢さんですが、フーファイターズという少し特殊な役どころをどのように演じられるか、今から楽しみで仕方ありません。

まとめ

フーファイターズの正体は、スタンド能力を与えられ知性を持ったプランクトンの集合体。

多少負傷しても残りのプランクトンが生きている限り死ぬことのないチート能力の持ち主であるフーファイターズですが、最後は仲間のために命を落とします

そんなフーファイターズの声を担当する声優さんは、伊瀬茉莉也さんです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク
アニメの基本。絶対、お得。