アニメの考察・感想・ネタバレ

【ストーンオーシャン】ウェザー・リポートの恋人は誰?星型のアザの理由も!

世間に「ジョジョラー」という熱狂的ファンを生み出したレジェンド作品「ジョジョの奇妙な冒険」。

シリーズ第6部「ストーンオーシャン」がアニメ化するにあたって、主要キャラクター:ウェザー・リポートが話題です。

「ウェザー・リポートの恋人との本当の関係は?」

「ウェザー・リポートの恋の結末がトラウマ級?」

「ウェザー・リポートの肩に現れた星型のアザはなぜ?」

今回の記事では、ストーンオーシャンに無くてはならないキャラクター:ウェザー・リポートの過去についてネタバレ込みで深堀していきます。

では、見ていきましょう。

【ストーンオーシャン】ウェザー・リポートの恋人は誰か!?

ウェザーリポートにはかつて恋人がいました。

名を「ペルラ・プッチ」といいます。

苗字から察しが付くかと思いますが、ストーンオーシャンのラスボスであるプッチ神父の妹です。

ペルラとウェザー・リポートとの出会いは、彼がまだ高校生のころ。

当時ウェザー・リポートは「ウェス・ブルーマリン」として高校生活を送っていました。

2人の出会いは、ジュース配達員のバイト中に訪れたカフェで、カバンを取られたペルラを助けたことがきっかけでした。

窃盗犯が逃亡しそうなところを、ウェザー青年が缶ジュースを投げて犯人を足止めしたことでカバンは無事ペルラの手元に戻りました。

ただ、このことでカフェの窓ガラスを破損してしまい、バイトがクビになることを恐れたウェザー青年を、「窓ガラスを割ったのは犯人だ」と嘘の証言をペルラがして助けたことにより、2人の距離は急接近します。

若い二人の淡い恋物語。

一見すればよくある恋の始まりであり、可愛らしい恋愛模様のようにも感じられますよね。

しかしこの二人は、決して結ばれない運命にあるのです。

それはなぜか?

この後ネタバレ込みで解説します。

【ストーンオーシャン】ウェザー・リポートとはどういう関係なのか

高校生のころ、ウェザーリポートにはペルラという恋人がいましたが、2人が結ばれるのは許されないことでした。

その理由は、ウェザーにとってペルラは実の妹だったからなのです。

「あれ?ウェザーの苗字ってブルーマリンだったような。」

ペルラが実の妹ということは、プッチ神父とも兄弟ということになります。

そうです、ウェザーとプッチ神父は実は双子の兄弟なのです。

こんなことになったのには、次のような理由があります。

1972年6月5日、プッチ神父とウェザーはアメリカ新南部のとある産院で産声を上げました。

同じ日、別病室で同じように子供を授かったはずの女性が悲しみに暮れていました。

その女性の名前はブルーマリン夫人で、生まれて間もない子供が死んでしまったのです。

夫人は子供の死を受け入れられず、同じ日に生まれたプッチ家の双子の弟の方を死亡したわが子と入れ替えてしまったのです。

その入れ替わった子供こそがウェザー・リポートだったのです。

ウェザーはその後、ブルーマリン夫人によって愛情深く育てられ、素直で正義感の強い立派な青年「ウェス・ブルーマリン」となりました。

ちなみに、プッチ家でのウェザーの名前は「ドミニコ・プッチ」といいます。

「実の兄妹だと知らずに恋人同士になった悲恋の二人、結末はどうなったの?」

と気になるところですよね。

実は二人の恋物語は、思わぬ力が働いて壮絶な結末を迎えることになります。

そのあたりの内容は、ネタバレ込みでこの後ご紹介します。

【ストーンオーシャン】ウェザー・リポートと恋人との壮絶な結末とは

壮大なネタバレですが、ウェザーリポートとペルラの結末は「死別」です。

ではなぜそうなったのでしょうか?

ウェザーとペルラが実の兄妹な上に愛し合っているという衝撃的事実を、実の兄:プッチ神父だけが気づいてしまいました。

理由は、プッチ神父が当時在籍していた教会でとある女性の懺悔を聞いてしまったからです。

そのとある女性とは、お察しの通りブルーマリン夫人でした。

夫人は過去の過ちを懺悔し事実をウェザー青年に話すか迷っている相談内容をたまたまプッチ神父が受けてしまったのです。

その上妹の彼氏がウェザー青年というから、プッチ神父的にもてんやわんやです。

そしてプッチ神父が出した結論は、2人を別れさせることでした。

私設探偵を雇ってウェザーを脅かしてもらいペルラと別れさせることで、ペルラが受けるであろう心の傷は最小限になるはずでした。

しかし、プッチ神父が雇った探偵がヤバかったんです。

探偵は白人至上主義団体のメンバーだったのです。

そしてあろうことか、ウェザー青年の育ての親であるブルーマリン夫人が1972年当時婚姻関係にあった夫が黒人だったらしく、そのせいでウェザーは当該団体から粛清されてしまうことに。

その場にいたペルラも粛清に巻き込まれてしまいます。

最終、木につるされたウェザー青年が死亡したと思い込んだペルラは、崖から身を投げたのです。

唯一の救いは、ペルラが最後まで恋人が実の兄だったことを知らなかったという点でしょうか。

ちなみに現在のウェザーは記憶を失っていますが、これはペルラ事件の時に探偵を雇ったのがプッチ神父であることを知り兄弟で死闘を繰り広げた際に、プッチ神父のスタンド能力によって記憶DISCを抜かれたことによるものです。

スポンサーリンク

【ストーンオーシャン】ウェザー・リポートに星型のアザがある理由

壮絶な過去の恋愛体験をもつウェザー・リポート。

そんな彼ですが、ある日を境に肩に星型のアザが浮かび上がってきます。

それはなぜか?

理由は、双子の兄:プッチ神父がだいぶ前にもらった「DIOの骨」から生まれた生命体「緑の赤ん坊」と融合した時に、プッチ神父の方に星型のアザが発現しました。

そしてその影響は、双子の弟であるウェザーにあらわれるという形になったのです。

そしてこの「双子のシンクロ」は以前にもおこりました。

それはペルラ事件の直後、最愛の妹を失ったプッチ神父が悲しみと怒りに打ちひしがれていた時、その少し前にDIOからもらった「石の矢」がプッチ神父の身体を貫きスタンド能力が発動しました。

同時期に一命をとりとめたウェザー青年にも、矢を貫かれたような跡が発現し、スタンド能力が発動するのです。

離れていても、お互いに双子と認識していなくても、このようなシンクロが起こるのは生命の神秘ですよね。

まとめ

ウェザー・リポートのかつての恋人はペルラ・プッチで、実の妹です。

事の真相をしっているプッチ神父は2人を別れさせるつもりが、なんやかんやあってウェザー青年は重傷、ペルラは崖に身を投げます。

ウェザーの星型のアザは、プッチ神父がDIOの骨から生まれた緑の赤ちゃんを取り込んだ時に発現したものが「双子シンクロ」によってウェザーにも現れたものです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク
アニメの基本。絶対、お得。