アニメの考察・感想・ネタバレ

【ストーンオーシャン】プッチ神父は歴代ラスボスで最強か?能力の変化や最後も!

皆さん・・・!!

こんにちは、今回は「ジョジョの奇妙な冒険」(ストーンオーシャン)のラスボスプッチ神父は歴代最強なのかについて気になったので自分なりに調べてみました。

最後までお付き合い頂けたら嬉しく思います。

 

【ストーンオーシャン】プッチ神父とは

それでは、初めにプッチ神父とは一体どんな人物なのかについて書いていきたいと思います。

プッチ神父とはジョジョの奇妙な冒険シリーズ第6部である(ストーンオーシャン)に出て来るラスボスです

多くの癖の強いキャラクターが出て来るジョジョの奇妙な冒険シリーズでそれらのキャラに負けず劣らず癖の強いキャラクターになっています。

 

では一体どんな癖の強さをしているのかというと。

「素数を数えて落ち着くんだ」などの名言を残していること、聖職者であるにもかかわらず目的を達成するために何の感情もなく人殺しなどの犯罪行為をすることができるという人物という点です。

犯罪行為が平然な理由は、自分の正義を遂行するためなら他者にがどんなに苦しもうとも関係がないと絶対的に自分の正義を信じているからです。

 

それでは一体何故彼が自分の正義を絶対視ししている自分が悪だと自覚していない、最もドス黒い悪と言われる程に性格が歪んでいるのかというと、プッチ神父は裕福な家庭に生まれた彼は生まれながらに足の指が変形していました。

そして、自分の弟とは死別します。

この二つの出来事から彼は子供の頃から幸福について考えるようになりました。

 

その答えを見つけるために聖職者になるのですが、聖職者になるために手伝いをしていた教会でたまたまDIOと遭遇します。

DIOと遭遇したプッチ神父はDIOを匿い世話をしました。

DIOは世話をしてくれたプッチ神父に感謝して足を治しスタンドの矢でプッチ神父をスタンド使いにします。

 

その後DIOとは別れプッチ神父平穏な日々を送っていたのですが、自分の弟が生きていてその理由がすり替えられて死んでいたことにされていたという事実を知ります。

更に自分の妹が弟と付き合っているということ知り、聖職者であるプッチ神父は悩み苦しみ二人を別れさせるために何でも屋に依頼します。

 

ですが、何でも屋は苛烈に二人を追い詰めたせいで妹が自殺してしまいます。

そのことに責を感じたプッチ神父は性格が歪んでいきます。

性格が歪むことによりホワイトスネイクというスタンド能力を使えるようにもなります。

 

しかし妹が自殺したことに怒り狂った弟がスタンド能力に覚醒してプッチ神父を殺しに来ます。

その際、殺しに来た弟に自分が兄であるという事実を伝え、一瞬隙ができた所に自分のスタンド能力(記憶を奪う)で自分と妹の記憶を奪い戦いを終わらせます。

 

その後DIOに教わった人類の進化が行きつく先は天国という言葉と、その天国に行きつくためには自分の能力が必要不可欠という言葉からDIOが書いた天国に行くためのノートを追い求めるようになり、手段を選ばない化け物に変貌します。

そして、空条承太郎がDIOを殺したことを知りノートの情報を得るために空条承太郎を狙います。

 

以上がプッチ神父という人間になります。

 

【ストーンオーシャン】プッチ神父の能力まとめ

それでは、ここからはプッチ神父能力について書いていきたいと思います。

彼の能力はホワイトスネイクというスタンドで攻撃した相手の記憶を奪うという能力です。

ですが、ホワイトスネイクは記憶を奪うだけではなく進化をすることによりメイドインヘブンというスタンドになります。

 

メイドインヘブンの能力は強力で時を加速させることができるようになります。

この能力により最強の主人公である 空条承太郎 を追い詰めて殺害することに成功しています。

以上が彼の能力の紹介になります。 

 

【ストーンオーシャン】プッチ神父が最強と言われる理由

それでは、ここからはプッチ神父が最強と言われる理由を自分なりに考えて見たので下に書いていきたいと思います。

 

最強の理由1…

まず、理由その1は相手の記憶をディスクにして奪うことが出来る点です。

この能力を駆使して 空条承太郎 から記憶を奪うのでプッチ神父が強い理由の一つだと思っています。

 
 

最強の理由2…

そして、次に私がプッチ神父が強いと思っている理由は 空条承太郎 を殺したからです。

空条承太郎は「ジョジョの奇妙な冒険」第3部(スターダストクルセイダース)で主人公を務めました。

そんな空条承太郎のスタンド能力は時を止める(ザ・ワールド)です。

 

空条承太郎はこの能力を駆使して多くの敵を倒し、そしてDIOも葬り去りました。

そんな人気も高く、そして実力も最強の空条承太郎を殺したプッチ神父は最強だと言えます。

 

スポンサーリンク

【ストーンオーシャン】プッチ神父は最強なのか!?

その他にもプッチ神父を最強だとたらしめているのはプッチ神父の不撓不屈である精神力とDIOが示す天国に行くという目的を達成するならどこまでも残忍になれる性格。

そして、空条承太郎の(ザ・ワールド)を破った最強能力時を加速させる能力(メイド・イン・ヘブン)と記憶を奪う能力です。

 

これらを合わせて総合的に判断するとやはりプッチ神父は最強のラスボスに当たる人物であると言えるのではなかと私は思っています。

 

【ストーンオーシャン】プッチ神父の最後(ネタバレあり)

最後にプッチ神父の最後に付いて書いていきたいと思います。

プッチ神父の最後は空条承太郎を殺し(メイド・イン・ヘブン)の能力で地球の時間を加速させ続けます。

そして、地球の時間が加速したことにより地球は新しい一周した世界に変貌を遂げます。

 

変貌を遂げた地球はプッチ神父の理想の天国でした。

その天国と言う意味は全く違う人として地球にもう一度全ての人が転生して更に過去の出来事を未来で起きたことと認識し繰り返して同じことが起こるというものです。

そう、プッチ神父の天国とは固定された未来を何度も生きるという自分の覚悟こそが天国という概念だったのです。

 

そして、その運命を打ち破れるのはプッチ神父のみの世界であるという唯一無二の存在になることも。

ですが、その運命を打ち破るという点を突かれてエンポリオ・アルニーニョによりプッチ神父は倒されます。

そして、過去の出来事を所々で覚えているジョジョの奇妙な冒険のメンバー達と出会いエンポリオ・アルニーニョは涙して。

 

プッチ神父の野望が潰えるというのがプッチ神父の最後になります。

 

まとめ

私の記事に最後までお付き合い頂きありがとうござい。

ジョジョの奇妙な冒険ストーンオーシャンがどうアニメ化されれるのかが気になる今日この頃です。

次の記事もよろしくお願い致します。

 

ありがとうございました。

 

スポンサーリンク
アニメの基本。絶対、お得。