【リゼロ2期】第45話(20話)のあらすじネタバレ感想!ロズワール邸に突入!?

こちらでは、「Re:ゼロから始める異世界生活」2期のアニメ第45話(2月17日放送)のストーリー内容をまとめています。

「リゼロ」シリーズを無料で見よう!

「リゼロ」は、U-NEXTという動画配信サービスで無料で見ることができます!

≪U-NEXTで「リゼロ」シリーズを無料で見る方法≫

  1. U-NEXTの31日間無料体験に登録する。
  2. 「リゼロ」を好きな時に好きな場所で見る。

≪無料期間中のお得≫

  • 付与ポイントで「リゼロ」の漫画も5円~60円、ラノベも38円~104円で買える!
  • その他の漫画も600円分買って読める!
  • 雑誌も読み放題!
  • 映画・ドラマ・バラエティ・その他♡等も見放題!
  • 付与ポイントで映画チケットが割引になる!
  • 4アカウントで同時視聴可!
  • ダウンロード機能有!

※無料期間中に解約すれば、料金は一切発生しません。

リゼロを無料で見る

リゼロシリーズの詳細を見る

【リゼロ2期】第44話(19話)のあらすじをおさらい

前回の第44話では、エミリアの母代わりだったフォルトナを、パートナーだったジュースがパンドラの能力によって殺してしまうという過去が描かれました。

エミリアが過去の試練を乗り越えることができなかったのは、パンドラによって過去の記憶が消されたことで、なぜエミリアが独りぼっちに氷漬けされたか覚えていなかったからでしたね。

 

記憶は残っていないけど、フォルトナ母さんがいないのは、エミリアが何かしたのかもしれない。

村が氷漬けになったのは、自分のせいだ。

自分が何か悪いことをしたに違いない。

自分が・・・自分が・・・。

と、エミリアは自分を責めてきたのでしょう

 

しかし、エキドナと一緒に過去の記憶を辿ったことで、エミリアが幼いながらに頑張っていたことが分かったり、エミリアが悪かったという自責の念から解放されたことで、エミリアは過去の試練を乗り越え、前向きになることができました。

 

【リゼロ2期】第45話(20話)でチェックしたい内容

ここでは、第44話で気になった、今後チェックしたい内容をまとめてみました。

 

聖域が作られた本当の理由

第45話で注目の内容は、この1点に限ると言えるのではないでしょうか。

聖域が作られた本当の理由です。

第44話の最後で、スバルはオットーとガーフィールを連れて、ロズワールに会いに行っていました。

そして、ロズワールに「教えてもらおうか、聖域ができた本当の理由を」と詰め寄っているところでお話は終わっています。

 

前回、リューズ・シーマが、スバルにいろいろと事情を話していましたよね。

スバルはそれを聞いてロズワールに詰め寄っているわけですが、聖域が作られた本当の理由とは何なのでしょうか。

おそらく、聖域が作られた理由は、ロズワールとエキドナに関係しているでしょう。

 

聖域を作ったのはロズワールで、ロズワールは長いこと聖域が解放されないように根回しをしてきた。

きっと、愛するエキドナのために。

そして、エミリアが試練を解放したことで、聖域解放へと1歩近づいた。

なので、エキドナは喜んでいなかったのかもしれません。

 

聖域は、エキドナと、エキドナをサポートするロズワールが作ったとするならば、彼らはなぜ聖域を作ったのかが明らかになるでしょう。

 

【リゼロ2期】第45話(20話)のあらすじを考察

ここでは、第44話の内容から、第45話のあらすじ内容をネタバレなしで考察してみたいと思います。

まず、エキドナの想いや過去も明らかになるかもしれませんね。

聖域ができた理由が解説されそうなので、そうなるとエキドナについていろいろと知ることができそうです。

 

さらに第45話では、何か事件が起こるかもしれません。

スバルは降伏するようにロズワールを追いつめていましたが、ロズワールは戦化粧をしていました。

つまり、戦う気が満々なので、あっさり降伏はしないでしょう

ロズワールによって、何か事件が起きるかもしれません。

 

ロズワールとスバルは賭けをしていましたが、条件は2つでした。

1つは、エミリアに試練を突破させること。(済)

2つ目は、ガーフィールを聖域の外へ連れ出すこと。

ガーフィールはまだ聖域の外には出ていませんが、スバルの味方になっていいるので、スバルのGOサイン待ち、つまり時間の問題ということです。

 

 

ガーフィールが聖域を出てロズワール邸に行き、ロズワールの刺客(エルザ)と戦うことになるのか、見ものですね。

ロズワールも、今まで以上に何か仕掛けているわけですから、また挫折するような新しい展開になるかもしれません。

 

【リゼロ2期】第45話(20話)の注目点を少しだけネタバレ!

44話の続きが気になるので、原作を読んでみました。

ここでは、第45話に登場すると予想されるキーポイントをご紹介しちゃいます!

全部はネタバレしませんが、見どころのポイントも見たくない方は放送後にまた戻ってきてくださいね!

 

エミリアとラムの結束

原作通りにいけば、過去の試練を乗り越えたエミリアと、それを見届けたラムが会話をするでしょう。

ラムが今までエミリアをどう思っていたのか、そして、試練を達成したエミリアにラムは何をお願いするのか。

ロズワールを本当に支えたいと願うラムの気持ち、必見です。

 

ロズワール邸での戦い

こちらも原作通りにいくならば、スバル、オットー、ガーフィールはロズワール邸へ向かいます。

ロズワール邸で最後の決戦に突入するかもしれません。

前回スバルがロズワール邸に行った時は、強襲エルザに打ち勝つことはできませんでした。

しかし、今回はガーフィールが味方にいます。

 

しかししかし、ロズワールも何か仕込んでいる様子。

最後の決戦、どんなことになるのか見ものですね!

 

【リゼロ2期】第45話(20話)のあらすじ

聖域の始まりと、崩壊の始まり

それは遥か昔、遡ること400年前の出来事。嬉しそうにエキドナとの馴れ初めを語るロズワールに、気安く馴れ初めなんて言葉を使うなと返すベアトリス。言い合う二人の間に入ったリューズは、自らもまたエキドナに救われた一人であると話す。三者三様の三人に共通しているのは、エキドナへの感謝であった。しかし、喧嘩しながらも仲良くエキドナのことを話し合う当たり前のような毎日は、一人の男の出現によって終わりを告げる。

©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活2製作委員会

 

【リゼロ2期】第45話(20話)のネタバレ内容!

概要

☆リューズ・メイエルの記憶
☆ヘクトールと戦うロズワール
☆ベアトリスとリューズの別れ
☆ロズワールの戦意

 

☆リューズ・メイエルの記憶

それは過去の物語。

ロズワールが発魔期を迎えて苦しんでいた頃、エキドナが助けてくれました。

苦しんでいるロズワールにキスをし、マナを吸いだしてくれたのです。

ロズワールは頬を赤らめ、エキドナに恋をしている模様。

 

そんなロズワールと、リューズと、ベアトリスは、エキドナの弟子(生徒)として、仲良く日々を送っていたのでした。

襲い来る敵(魔人ヘクトール)からみんなを守る為、エキドナたちは聖域という名の場所を守る結界を張る計画を立てていましたが、結界を張る為の核が足りていません。

リューズは「自分が役に立つなら」と、エキドナやロズワールに感謝しながら核になることを立候補します。

 

☆ヘクトールと戦うロズワール

ロズワールは、聖域を守るための核を急いで設置するエキドナたちの時間稼ぎとして、1人でヘクトールと対峙していました。

憂鬱の魔人:ヘクトールは容赦なくロズワールに攻撃を繰り返します。

死にそうなロズワールに、の力エキドナも参戦するのでした。

 

その一方で、ベアトリスは親友のように仲が良かったリューズを、核の場所へ案内します。

しかし、エキドナがベアトリスに「リューズを連れてくるように」と頼まれた理由を知らないベアトリスは、泣いているリューズを理解できずにいるのでした。

リューズは、状況を理解できていないベアトリスに別れの挨拶をします。

 

☆ベアトリスとリューズの別れ

ベアトリスはリューズを助ける方法を考えていました。

しかし、時間がないと言うリューズ。

エキドナとロズワールが企画した聖域を成功させるために、魔水晶に身を捧げる覚悟のリューズは、楽しかった聖域への思い入れを語ります。

 

リューズとベアトリスは、切ない別れをするのでした。

 

☆ロズワールの戦意

スバルは、ロズワールにリューズから聞いた話を語り、降伏しろとまた伝えています。

しかし、ロズワールの戦意は消失しておらず、メイクばっちり姿でまだ戦う気満々のようです。

400年間一人の女性(エキドナ)を想い続けた自分は、人は弱いままだと信じているとスバルに畳みかけるのでした。

 

人を愛する気持ちがあるのなら、変わるべきではない過去に執着するロズワール。

人を愛する気持ちを持ったまま、明るい未来に向き直ったガーフィール。

スバルはロズワールにも手を差し伸べようとしていますが、ロズワールの決意はとても固く、降伏はしないまま、スバルたちは部屋を去るのでした。

 

【リゼロ2期】第45話(20話)の感想

もう、リゼロやばすぎです。

まず、ロズワールとエキドナのキスシーン。

熱かったですね。

 

ああいうキスの感じは、他のアニメだと「うげぇ~」っとなることが多いのですが、リゼロは下ネタが全くないアニメなので、結構受け入れられましたね。

やっぱりちょっと違和感はありますがね。

あぁやってキスすると、マナを吸い取ることができるらしいです。

へなへなになる的なことなのでしょうか。

 

そして、リューズの悲しい決断。

魔水晶に閉じ込められたんじゃなくて、立候補だったのですね。

自分にできることならやらせてほしいという。

エキドナ、めっちゃいい奴だったんですね。

 

ロズワールとリューズとエキドナとベアトリスの日常が楽しそすぎました。

しかしそれが、魔人:ヘクトールのせいで壊され、みんなそれぞれちょっと歪んでしまうなんて。

ロズワールの喋り方、ヘクトールとおんなじでしたね。

語尾を伸ばす感じのやつ・・・。

 

そして、ロズワールとスバルの口喧嘩(意見交換?)が、物凄い迫力でしたね。

どっちの気持ちも分かる。

多分、ロズワールは400年もずっと孤独に生きてきたので、想いが歪んで憎しみが混ざっていることに気がついていないのですよね。

そして、エキドナを失った憎しみを持ち続けている=エキドナを愛し続けていると錯覚してしまっているわけです。

 

でも、本来のエキドナを愛する気持ちは、エキドナの命を奪った出来事や敵、世界を憎む気持ち抜きなら、美しいわけで。

その憎しみや辛さに執着せずに、エキドナを愛し続けることもできるんだぞってことが、スバルの言いたいことな訳ですよね。

例えば、ガーフィールは、母親を殺した世界を憎んでスバルと対峙していたけれど、家族や仲間を大切に思い、愛する気持ちは変わらずに、大切な人たちが幸せに暮らせる場所を聖域の外にも広げようと未来に向き直りました。

 

ガーフィール、言っていましたね「バッカヤロウがっ」って、ロズワールの部屋を出た時に。

あの「バッカヤロウがっ」ってのは、ロズワールに対する「意気地になってたら辛い思いをしなきゃならないのに」とロズワールを心配する気持ちだったのかなって思います。

ガーフィールもつい最近まで、ロズワールと同じ境遇にいた訳ですからね。

 

ガーフィールもロズワールが降伏して、辛い思いから解放されることを望んでいたから出た言葉なのかなって思います。

ちょっと、ビートたけしさんの「バカヤロー」が頭をよぎったのは内緒です。

 

今話は予想が外れて、過去の話がたっぷりと描かれましたね!

来週も楽しみです。

【リゼロ】ロズワールの喋り方はどうしてあんななの?ルーツとなるヘクトールとの戦いについても 皆さんこんにちは! 今回は、ロズワールがしている喋りかた「あはぁ、嬉しい評価だねぇ。もっとまじまじと、見つめてくれてもいいよ? ...
リゼロネタバレ感想記事
41話42話43話44話45話
46話47話48話49話
「リゼロ」シリーズを無料で見よう!

「リゼロ」は、U-NEXTという動画配信サービスで無料で見ることができます!

≪U-NEXTで「リゼロ」シリーズを無料で見る方法≫

  1. U-NEXTの31日間無料体験に登録する。
  2. 「リゼロ」を好きな時に好きな場所で見る。

≪無料期間中のお得≫

  • 付与ポイントで「リゼロ」の漫画も5円~60円、ラノベも38円~104円で買える!
  • その他の漫画も600円分買って読める!
  • 雑誌も読み放題!
  • 映画・ドラマ・バラエティ・その他♡等も見放題!
  • 付与ポイントで映画チケットが割引になる!
  • 4アカウントで同時視聴可!
  • ダウンロード機能有!

※無料期間中に解約すれば、料金は一切発生しません。

リゼロを無料で見る

リゼロシリーズの詳細を見る

アニメの基本。絶対、お得。