アニメの考察・感想・ネタバレ

【無職転生】ヒトガミって何者?その目的は?これまでの助言や声優も紹介

異世界アニメの中でも一際存在感がある大人気アニメ「無職転生~異世界行ったら本気出す」(以下「無職転生」と記載)。

様々なキャラが登場する中、これまた一際異彩を放つ個性的なキャラクター:ヒトガミに注目が集まっています。

「そもそもヒトガミって何者なの?」

ヒトガミの目的が知りたい」

ヒトガミの助言が気になる」

ヒトガミの声優さんって誰だっけ?」

こんな疑問をもつあなたのために、今回の記事では大人気アニメ「無職転生」のヒトガミについてネタバレ込みで深掘りします。

どうぞ、最後までお楽しみください。

【無職転生】ヒトガミは何者?預言者?黒幕?神様?

まずはヒトガミが何者かについてご紹介します。

ヒトガミはその行動や言動から「預言者?」や「神様?」などと噂されたり、「黒幕説」まで浮上しています。

主人公:ルーデウスにとって敵なのか、味方なのかも気になるところです。

そこで壮大なネタバレですが、正体不明な存在であるヒトガミは、「人神」、太古の昔に存在したとされる七神の生き残りです。

そして今のヒトガミは、無職転生の舞台である世界:六面世界の内側に存在する「無の世界」に存在しています。

一応神様であるようですが、我々が思い描く全知全能で崇め奉るような存在の神様というわけではなさそうです。

ヒトガミの能力は「未来視」「遠隔視」で、それはとても強力な力のようです。

それに加えてヒトガミ自身を信頼させる能力と、相手の考えを読み解く能力まで備わっています。

なんか、最強感半端ないですね。

これらの能力を使って、ヒトガミは人の夢の中に現れて、自分が見た未来を予言します。

いわゆる「お告げ」ですね。

夢に現れて相手を信頼させる能力を発動し、予言を含めた「お告げ」をして、その人を自分の思ったように操るのが好きなのです。

いろんな人の夢に現れてはお告げをし、人を操って、最後には裏切っては嘲笑し楽しむという性格破綻者でもあります。

ある意味預言者といえなくもありませんが、その実えげつない人物ということです。

ヒトガミはアニメ9話で突如ルーデウスの夢に登場し、ルイジェルドを助けるようにお告げをします。

このシーンが初登場です。

主人公ルーデウスは突然のお告げと、ひとがみの出立やそのしゃべり口調を受けて「うさん臭い」「詐欺師」だと直感します。

ルーデウスには、ヒトガミの「相手を信頼させる能力」はあまり効かなかったようです。

その時にヒトガミが発言する「私は君の味方だよ」という言葉が、よりうさん臭さを助長させている部分にも注目です。

その後も度々ルーデウスの夢の中に現れては未来で見たことをお告げ形式で助言をしてきます。

その助言の内容は次セクションでご紹介しますね。

【無職転生】これまでのヒトガミの助言

うさん臭さこの上ないヒトガミ。

これまでの助言をまとめてみました。

ネタバレ含みますのでご注意ください。

まずは初登場シーンである、フィットア領移転事件でルーデウスたちが魔大陸に飛ばされたときのことです。

突如ルーデウスの夢に現れたヒトガミは、「目が覚めたとき、近くにいる男を助けなさい、そして彼を助けるのです」と告げます。

その男が、後に旅を共にするスペルト族のルイジェルドでした。

ルーデウスはうさん臭いとは思ったものの、他に頼れる人もいない状況だったため、ルイジェルドに助けを求めます。

そして無職転生の世界では評判が地に堕ちていたスペルト族の名誉を回復するために、ルーデウスは奔走することとなります。

次の予言は、「食べ物をいっぱい買って、一人で路地裏をうろつくのです」です。

ルーデウスがいわれたとおりに行動すると、そこには魔界大帝キシリカがお腹を空かせていました。

彼女を助けたことでルーデウスは「予見眼」という邪眼をゲットすることとなります。

次は「アイシャを偽名を使って助けろ」というものでした。

アイシャはルーデウスの実家のメイドで、フィットア領移転事件のごたごたで、シーローン王国に捕まっていました。

なんやかんやありますが、無事アイシャとその娘:リーリャの救出に成功します。

他にも、ラノア魔法大学への入学を助言したり、ベガリット大陸へは行くなと言ってみたり、地下室の様子を見てきて欲しいと言ったり、いろいろお告げめいた助言をしてきます。

ヒトガミはなぜルーデウスにこのような助言をしてくるのでしょう?

その目的とは?

詳しくは次セクションでご紹介します。

【無職転生】ヒトガミの目的はなにか?

ヒトガミの最終目的は、ルーデウスとその子孫の抹殺です。

「どういうこと?」ってなりますよね。

実はルーデウスとその子孫は、未来でヒトガミを倒してしまうというのです。

未来視の能力で自分の未来をしってしまったヒトガミは、長い時間をかけてルーデウスに助言を行い、ピンチの時に助けるふりをしてきたのです。

ちなみに「ベガリット大陸へは行くな」と言ったのは、行った先でルーデウスは伴侶をみつけることになるため、子孫をもうけられては困るヒトガミが邪魔をしたかったというわけです。(まぁ、実際ルーデウスは助言を無視して行ってしまうのですが。)

そしてヒトガミの最後の仕上げ、ルーデウスを抹殺する絶好の機会が「地下室の様子を見てきて欲しい」というものだったのです。

最初は何の疑いも持たず地下室へ行こうとしたルーデウスを寸でのところで止めたのは、破滅の未来をたどった、未来のルーデウスでした。

これにより、地下室を開けたら家族全員が魔石病で死んでしまうという結果が待っていたのを回避することができたのです(ネタバレ)。

スポンサーリンク

【無職転生】ヒトガミの声優はこの人

最後にヒトガミの声を当てた声優さんをご紹介します。

ヒトガミの声優さんは、くじらさんです。

くじらさんといえば、大人気忍者アニメ「NARUTO」の大蛇丸や、「銀魂」のお登勢を演じられた、演技力抜群で唯一無二の個性的な声の持ち主です。

その類まれなる演技でヒトガミの特徴をとても分かりやすく演じられています。

ぴったりのはまり役といえるでしょう。

まとめ

ヒトガミは人の夢に現れてはお告げをして、人をもてあそぶ変わったキャラクターです。

ルーデウスの夢にも幾度となく現れてはピンチを救っている風に見えますが、その実はルーデウスとその子孫を抹殺したいと企んでいます。

そんなヒトガミを演じてらっしゃる声優は、くじらさんです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク
アニメの基本。絶対、お得。