【ハイキュー】北さんが泣く!おばあちゃんの言葉や思いについても

稲荷崎高校の主将である北さんですが、なかなか濃いキャラクターだと思います。

涙もろく、たくましいキャプテンとしての在り方について語りたいと思います。

おばあちゃんの想いや言葉についても考察していきます。

 

【ハイキュー‼シリーズ】の動画を無料で見よう!
お勧めの動画配信サービスU-NEXT
無料期間31日間
動画配信数★★★★★
アプリの評判★★★★★
無料期間終了後の料金月額1,990円(税抜き)
U-NEXTで無料で見れる関連作品第1期、第2期、第3期、第4期、OVA「陸VS空」、OAD「リエーフ見参」「VS赤点」「特集春高バレーに賭けた青春」、劇場版
U-NEXTは無料登録した瞬間からお得です!!

≪U-NEXTで無料で見る手順≫

 

  1. U-NEXTの31日間無料お試し体験に登録。
  2. U-NEXTでアニメ「ハイキュー‼シリーズ」を無料で見る。

※ U-NEXTの付与ポイントを使って漫画を購入すると無料になるよ。

※継続しないなら、無料期間中に忘れずに解約しよう!無料期間中に解約すれば、料金はかからない!

 

【ハイキュー】稲荷崎高校の北信介とは

©古舘春一/集英社・「ハイキュー!!」製作委員会・MBS
引用元:「ハイキュー!!」公式サイトより

稲荷崎高校バレーボール部主将です。

背番号は1番です。

銀髪で毛先が黒いのが特徴ですが、カラーイラストで登場する以前に描かれたファンアートでは金髪で描かれているものもあります。

 

ジャージを肩から羽織っており、尾白に「お前ジャージのソデ通せや!」と言われています。

しかし、それに対して「バチバチってなるやん」と、返しています。

どうやら静電気が弱点みたいです(笑)。

 

また、かなりのおばあちゃんっ子で、祖母が兵庫からはるばる東京まで応援に駆けつけてくれます。

 

行動は無駄が無く言葉が的確で、2年生は北の正論パンチに弱いみたいです。

角名が

「怒鳴るも殴るもしないのに圧が強すぎる」

「あらゆる面で隙が無さすぎる」

というように、朝練はいつも一番で手抜きもせず、成績はいつも上位をキープしています。

 

「緊張なんかする意味がわからん」などと語っています。

そのことで、バレー部のメンバーからは『機械みたいな人だと思ってた』と言われています。

 

強豪校である稲荷崎の主将ですが、初めて試合に出たのは3年になってからで、角名曰く中学3年間スタメンどころかユニフォームを貰ったことがないようです。

試合では基本は控えで、自らを「凌ぎ役」や「代役」と称しています。

 

選手として何か目立つ武器を持っているわけではないが、当然のプレーを当然にこなす点に厚い信頼を受けています。

日頃の隙のない行動と正論、そしてプレーの安定感から、主力ながらメンタルの未熟な2年生達が緩まないよう、要所で投入されて空気をシメる役割を担っています。

 

【ハイキュー】稲荷崎高校、北のおばあちゃんの言葉(31巻)

おばあちゃんからの

神さんはどこにでもおんねん。誰かが見とるよ。

この言葉を胸に、陽の当たらなかった中学生の時からずっと努力を続けてきました。

 

この言葉があったから一人でいてもしっかり継続することができたのだと考えられます。

 

体調管理・掃除・片付け・あいさつ・バレーボール

「反復・継続・丁寧」

女子力高いな(笑)

女性ファンはこういう男性に惹かれるのでしょうね。

 

【ハイキュー】北さんが泣くシーン「ユニフォームをもらった時」

このシーンは北さんのかわいいところが全開でした。

中学3年間でもらったことがないユニフォームを初めてもらえてやっと認めてもらったという実感が湧きあがったと思います。

今までやってきたことは無駄じゃなかったと感じた瞬間ではないでしょうか?

 

おばあちゃんの言葉を信じてちゃんと続けていれば誰かが見ていてくれている。

結果を求めていなかった北さんが初めて結果に繋がった瞬間になったのだと思います。

 

スポンサーリンク

【ハイキュー】北さんが泣くシーンを見た後に振り返りたい北さんの強さや優しさ

泣くほど嬉しかった背景には北さんの努力があったと思います。

その描写の部分をピックアップしていきます。

 

絶望の継続(31巻)

監督はよく北さんのことを見てくれていたのでしょう。

練習でできることは本番でもできる。

自分は失敗しないという想いが主将の背番号を表現しています。

 

どんな状況でも冷静にメンバーの状態を把握してパフォーマンスを引き出すことができます。

継続力があるからこそ、北さんの発言や行動に重みが増し全員の芯まで言葉が届きます。

それが正論であるために何も言い返せない状態になります。

 

そういう人材は空気の支配力が強く、リーダーになるべき存在であると思います。

 

「稲荷崎(ウチ)に入れるだけのサーブなんか要らんねん」(31巻)

重みのある言葉ですね。

サーブで崩して、ブロックで占めるというスタイルは王道中の王道です。

見方のスタミナを温存し、圧倒的に有利に試合を運ぶことができます。

 

リードブロックが強い稲荷崎はこの戦法が組みやすいと考えられます。

サーブは一人でやる工程なので成功も失敗もその個人の責任となります。

その緊張感は試合にとって重要な要素です。

 

リーダーとして、勝利を手にするなら緊張感を与えてくれる仲間が大切になると思います。

 

「侑へ 飯をちゃんと食って寝ろ 北」

北さんのかわいい一面ですね。

体調管理もできないのに本番でちゃんとできるわけないという考えが強い北さんは体調不良を訴える侑に対して鋭い言葉をかけます。

 

ですが、更衣室に戻ると書置きがありました。

「侑へ 飯をちゃんと食って寝ろ 北」

やさしい!!!

かわいい!!!

マジおかんか!!!

 

北さんのファンはこの場面で一気に増えたと思います。

 

【ハイキュー】北のおばあちゃんは、春高の北の活躍を見てどう思ったのだろうか考察!

試合で活躍している孫の姿が見られて本当嬉しかったと思います。

自分の教えが結果に繋がってくれた。

 

背番号1番という誇り高い数字を背負う人間に育ってくれた。 

これほどにうれしいことはないと思います。

 

自分も孫に対していい教えができるように今を全力で生きていきたいと思います。

 

まとめ

かわいい!!!

やさしい!!!

非の打ち所がない!!!

こんなリーダーがいたらいいチームになるしかないですね。

 

メンバーからも一目おかれる継続力はなによりも力になっていると思います。

継続は力なりを体現しているキャラクターですね。

今後も稲荷崎のプレーを楽しみに読み進めたいと思います。

 

スポンサーリンク
アニメの基本。絶対、お得。