その他

トイストーリー4の評価や感想が賛否両論?駄作や蛇足との意見についても

大人気なトイストーリーシリーズの最新作「トイストーリー4」が公開になり、世間では賛否両論の意見で割れています。

今回は、賛否両論になった理由や、感動した派の意見と、蛇足だと思う派の意見について深掘りしていきたいと思います。

トイストーリー4の感想が賛否両論の理由

トイストーリー4を見た感想について、「トイストーリー3の続編を作って良かった!」と歓喜するファンと、「続編は作られるべきではなかった」と後ろ向きな評価をするファンとに分かれています。

その意見や感想が極端に分かれているので、世間では「賛否両論のトイストーリー4」という言葉が賑わっています。

 

トイストーリー4の感想や評価が賛否両論である理由は、どうやら「今までの視点を変えた制作の仕方」にあるようです。

トイストーリーシリーズは、おもちゃの世界が舞台になっており、登場するおもちゃたちを中心に物語が制作されています。

しかし、トイストーリーの1~3までは、おもちゃが主人公になっていながら、私達人間の視点がまだ軸にありました。

 

ですが、トイストーリー4では、その「視点」という軸が、人間からおもちゃに完全に移行するという変更がなされていたのです。

トイストーリー4の感想や評価が賛否両論になっている理由は、この視点の変化という路線変更にあるようです。

この視点の変化を受け入れられた人は、「トイストーリー4に感動した」と言い、受け入れられなかった人は「トイストーリー4が蛇足だ」と感じているようなのです。

 

視点がどう変化されたのかや、視点を変えての続編がなぜ制作されたのかについては、こちらの記事でまとめています。

トイストーリー4が本当の完結編で結末が描かれる?なぜ続編を制作したのかについても

 

トイストーリー4の賛否両論は最初から見えていた

トイストーリー4の感想や評価が賛否両論になることは、映画が公開される前から既に分かっていました。

バズ・ライトイヤー役を務めたティム・アレンは、「制作陣のアイデアを聞いた時は驚いた」と言っていましたし、ウッディの日本語吹き替えを担当した唐沢寿明さんも「シリーズを1作目から見ている方は本作を見たら驚くと思います。『トイ・ストーリー3』とは別の感動があり、結末に驚くと思うので楽しんでください」とジャパンプレミアにて発言しています。

 

声優陣が口にする「驚き」という言葉には、今までのトイストーリーシリーズからは想像できなかった「路線変更」がされていたことに驚いたという意味があるのだと思います。

こういうタイプの「驚き」は、海外では「Eye opening」といいますが、ニュアンス的には、「目を覚まされた」という意味があります。

つまり、今まで盲目になっていた真実や事実について、「あっ、今まで〇〇と思っていたけど、言われてみればそうだよな!」と気づいていなかった何かに気が付かされたという驚きが、「トイストーリー4」にはあったということなのです。

 

だから、トイストーリー4で、今まで物語を捉えていた視点が、あるべき視点に正された時、「それは確かに、そうだよな!」と納得した人々は、トイストーリー4を好評価し、その視点の変化に納得できない人々は、トイストーリー4を低評価しているようなのです。

 

とは言っても、トイストーリー4を見ての感じ方は、人それぞれだと思うので、それぞれの感想をまとめてみました。

 

トイストーリー4の感想は賛否両論!感動した派の意見

トイストーリー4の制作に対して好感を持つ派の意見には、

  • 集大成とも言える結末に感動
  • CGのクオリティが高くなっている
  • 純粋に面白い

というものがあります。

1つずつ見ていきましょう。

集大成とも言える結末に感動

やはり、トイストーリー制作側の意図を汲み取って、映画の結末に感動したという人々は多いようです。

プロデューサーのマークも「感動的なエンディングもお約束します」と言っていましたし、トム・ハンクスは、トイ・ストーリー4のラストに感極まり、
結末がどうなるか分かった時は、“これ、歴史に残るぞ”と感じたそうです。

やはり、トイストーリーの視点は人間ではなく、おもちゃにあるべきと気がついた人々は、「4」を面白いと感じているようですね。

 

純粋に面白い

トイストーリー4は、トイストーリーの前作からの続編なので、ついつい「1~3」までの視点や感覚という固定観念を基準として、トイストーリー4を判断してしまいがちです。

しかし、トイストーリーシリーズを今まで見たことがなくて、トイストーリー4が初めて見るトイストーリー作品だという方の中は、純粋に「4」を楽しむことができるようです。

 

CGのクオリティが高くなっている

トイストーリー4のCGクオリティに感動したという人々がいます。

CGクオリティが高くなったことで、トイストーリーの世界に入り込みやすくなったと言います。

プロデューサーのマーク・ニールセンも、進化したCG技術について語っており、「いつも、その時代にある技術を超えた作品を作り出すことに力を注いでいます。この考えは今も変わっていません。」と言っています。

 

そして、英語版のウッディの吹き替えを担当したトム・ハンクスも、「テクノロジーも発達したけれど、感情表現がどんどん奥深く、感動的になっている」と言っていました。

つまり、完全に実写化することが難しいと言われているトイストーリーが、CGのクオリティと制作陣の能力によって、どこまでも現実的な描写に完成しているということです。

その為、映画の物語にぐっと入り込むことができ、「感動した」と評価する人々がいるのです。

 

トイストーリー4の感想は賛否両論!駄作や蛇足だと思う派の意見

トイストーリー4に感動し、高評価を掲げる人々がいる反面、トイストーリー4は蛇足で、制作するべきではなかったという人々もいるので、そちらの感想をまとめてみます。

  • トイストーリー3が完結編で美しいワンセット
  • メッセージ性が強すぎる
  • ウッディの扱い

トイストーリー3が完結編で美しいワンセット

トイストーリーシリーズは、「3」が公開された時に、トイストーリーの完結編だと世間では認識されていました。

「トイストーリー3がシリーズの完結編」だと感じていたのは、制作側も同じで、トイストーリーは3部作で完結したものと思っていたそうです。

しかし、シリーズの原案を担当しているアンドリュー・スタントンは、実は、「トイ・ストーリー3」を製作している時に、既に「ウッディとボー・ピープの物語を描きたい」と考えていたそうです。

しかし、その思いを監督や制作陣に伝えたのは、「トイ・ストーリー3が完成してから数年が経ったある日のことでした。

“過去作を上回る「語るべき物語」がある場合以外は続編を作らない”というポリシーを持つピクサーですが、アンドリューの発案を聞いて、皆がその展開に納得、共感したのだそうです。

そして、「トイ・ストーリー4」の制作が始まったのでした。

 

しかし、どうしても「トイストーリーは3までで完結した」という美しさから抜け出せないこともあるようで、トイストーリー4という「続編はあり得ない」と感じる方もいるようです。

 

また、 フォーキーとボー・ピープに関しては、Disney+(ディズニー・プラス)というストリーミングサービスで、スピンオフ作品の公開が予定されていることなどもあり、「物語は永遠に続いてしまうではないか」という感想もありました。

 

メッセージ性が強すぎる

トイストーリー4の酷評の理由の1つには、トイストーリー4に込められているメッセージが強すぎて、単純に物語を楽しめないという意見がありました。

「ポリコレ」とは、ポリティカル・コネクトネスという言葉の略称で、差別的発想や、偏見による映画描写を無くそうとする動きです。

例えば、トイストーリー4には、同性愛者の描写がアメリカの一部で問題とされるということがありました。

こちらの件については、下の記事でまとめていますが、トイストーリー4にはこうした物語の裏に秘められているメッセージが強すぎて、純粋にストーリーを楽しめないという意見があります。

 

トイストーリー4の海外の評価はボイコット?レズビアンに反対との反応

 

また、トイストーリー4には、私たち1人1人が自分の生き方について考えさせられるような描写や物語があります。

ボー・ピープの声を担当した戸田恵子さんも、ジャパンプレミアにて「是非自分の人生と照らし合わせながら見て頂けたら嬉しいです 」と語っていました。

このように、トイストーリー4は、ただの娯楽として見る映画ではなく、自分自身や世界のあり方について考えさせられるようなメッセージが込められており、そのメッセージが強すぎると感じる方がいるようです。

ボニーのウッディの扱い

ウッディはトイストーリー3でアンディという持ち主の手から、ボニーという持ち主の手に渡りましたが、それは大感動のシーンでした。

ウッディは、アンディという男の子に愛され、アンディは「おもちゃを大切にしてくれるボニーなら」ということで、ボニーにアンディたちおもちゃを託したのでした。

 

しかし、トイストーリー4の中では、ボニーがウッディと遊ぶ姿がないだけでなく、ボニーの家族によるウッディの扱いが、少し可愛そうな感じに描写されています。

このことが、トイストーリー4は蛇足だという意見が飛び出す理由の1つになっているようです。

 

ボニーがウッディにべったりでなくなっているのは、おそらくウッディの成長を描く「トイストーリー4」には必要な描写だったのだと思いますが、その理由をはっきりと知ることが出来ないために、ウッディを愛するファンは辛い思いをしたようです。

 

やはり、映画の根本的な意味となる「今まで物語の視点が人間にあったのを、トイストーリーだからおもちゃの視点にする」という制作側の意図が分かりづらいので、蛇足との意見があるようですね。

まとめ

トイストーリー4が賛否両論になった理由は、「3」から「4」に繋がる過程で、視点が「人間」から「おもちゃ」へ移っていることを受け入れられるか、受け入れられないかによるものでした。

おもちゃたちの視点を物語の軸にするという制作を行った映画制作陣は、おそらく、最もトイストーリーのおもちゃたちを愛した人々なのだと思います。

また、新しいことを取り入れる姿勢を持つと、トイストーリー4を素敵な物語だと思えるようになるのではないかと思いました。

【トイストーリー4】けものフレンズ2と同じ?どういう意味