【サイコパス3】入江一途は死にそう?プロフィールや慎導灼との関係まとめ

サイコパスの3期に初登場した入江一途は、とても良い奴ですが、第2話放送にしてすでに「死にそう」と心配されています。

今回は入江一途と慎導灼の関係や、入江一途にまつわる情報をまとめてみました。

【PSYCHO-PASS サイコパス】の動画を無料で見よう!
お勧めの動画配信サービスU-NEXT
無料期間31日間
動画配信数★★★★★
アプリの評判★★★★★
無料期間終了後の料金月額1,990円(税抜き)
U-NEXTで無料で見れる関連作品第1期、第2期、第3期、劇場版「SSシリーズ」
U-NEXTは無料登録した瞬間からお得です!!

【サイコパス3】入江一途のまとめ

ここでは、サイコパス3に登場した入江一途についてまとめています。

入江一途のプロフィール

©サイコパス製作委員会
引用元:「サイコパス」公式サイトより

入江一途(いりえ かずみち)32歳。

公安局刑事課の1係の執行官で、廿六木執行官と仲が良い。

 

入江一途の生い立ち

入江一途は、茗荷谷の廃棄区画で育った。

茗荷谷の廃棄区画は、サイマティックスキャンが存在しないスラム街で、シビュラシステムが管理していない暗い世界。

馴れ馴れしく警戒しない性格からか、茗荷谷の廃棄区画では意外と顔が広く、印象は結構良い。

 

また、入江一途は、茗荷谷廃棄区画に住む人々を、「どうしようもない奴もいるが、生き生きしていて好きだ」と感じ、この区画を縄張りとしている。

 

そして、茗荷谷廃棄区画に精通している入江一途は、そこの情報を提供したり、事件の重要参考人と監視官たちを引き合わせるなどして、執行官として活躍している。

第3話にて、セカンド・インスペクターなるえのみやはるきと、慎導灼 監視官たちが会えることになったのも、入江一途の人脈のおかげ。

 

【サイコパス3】入江一途と慎導灼 監視官の関係

©サイコパス製作委員会
引用元:「サイコパス」公式サイトより

入江一途 執行官は第3話までに、慎導灼 監視官と信頼関係を着実に築いていき、とてもいいコンビになりました。

そんな入江一途と慎導灼の関係の歴史をまとめています。

 

第1話にて

サイコパス3期の第1話では、入江一途は新任監視官の慎導灼とイグナトフ監視官を良く思っていませんでした

監視官は刑事課のエリートだという、劣等感があるようです。

 

廿六木天馬 執行官と一緒に、慎導灼たちがどんな監視官なのか、探りを入れるように、困った行動に出ます。

ドミネーターの所持を指示された入江一途は、輸送機事故で困惑している人々に、突然ドミネーターを向け「潜在犯はいねぇか?執行しちまうぞ」と脅します。

 

そうして、人々にさらに恐怖を感じさせ、面白がる入江一途でしたが、「おっ?コイツは違う!」と思わせるようなイグナトフ監視官のとっさの機転を利かせた行動に大人しくなり、その後も型破りな慎導灼たちの行動に、少しずつ興味を持ち出しています。

 

第2話にて

慎導灼 監視官は、ホテルビルから落下して死んだ土谷荒城という男のメンタルトレースをしていました。

慎導灼は、メンタルトレースをする際、イヤホンから雨の音を聞いてメンタルトレースを始めますが、何をしているのか不思議に思った入江一途は、慎導灼のイヤホンをこっそりと耳に当ててみます。

すると、雨の音が聴こえてきて、「いよいよイカれてるぜ」と慎導灼について感想を述べます。

 

その後、移動中の車にて、食べたことないもやしを、「栄養たっぷりですよ」と発言する慎導灼に、入江一途は、「うまい店教えましょうか?」とスラム(廃棄区画)の店をほのめかします。

慎導灼は、「へ~教えて下さいよ」と興味津々なのでした。

 

その後のシーンでは、慎導灼 監視官と入江一途が車に乗り込みますが、慎導灼は入江一途に、運転を任せます

「俺は執行官だぜ」と言う入江一途に、「何か問題あります?」と返す慎導灼を見て、入江一途は、監視官と執行官を線引せず、執行官を見下しもしない慎導灼に、心揺れるのでした

 

第3話にて

第3話でも、慎導灼 監視官は、ちょこちょこ入江一途を褒めたり認める素振りや発言をします

また、入江一途の縄張りである茗荷谷廃棄区画に捜査に立ち寄った時、入江一途は、第2話で慎導灼 監視官に話していた「もやしがうまい店」を紹介します。

セカンド・インスペクターのえのみやはるきと会った慎導灼一行は、もやしがこんもりのラーメン屋さんでおいしいもやしラーメンを食べるのでした。

 

「な~んでラーメンってあんなにうまいんです~?」と満足そうな慎導灼を見て、入江一途はクスっと笑うのでした。

 

その後、刑事課オフィスで戦略について話し合っている時には、もうすでに慎導灼 監視官と入江一途は、すごく仲良くなっています。

「OK,監視官、廃棄区画を中心にさっそく情報を集めるよ」と言う入江一途に、「俺が同行します!」と答える慎導灼 監視官。

「そう来ると思ったぜぃ!」と銃を撃つ素振りをする入江一途の冗談に、「ぐわ~」と撃たれたふりをする慎導灼なのでした。

 

その後で、実際に茗荷谷廃棄区画で情報集めをしている時には、「茗荷谷のみんなは生き生きしている」という入江一途を、「僕もそう思います。だから、ここを守る為に執行官になったんですよね?」と慎導灼は見透かします。

入江一途は照れながらも、「お前、変な監視官だな」と嬉しそうに笑うのでした。

 

このように、入江一途と慎導灼は、少しずつ信頼関係を築き上げ、仲良しコンビニまで成長するのでした。

  

【サイコパス】入江一途は死にそう?

そんな慎導灼 監視官と仲が良くなった入江一途 執行官ですが、今後、「死にそう」という声がたくさん上がっています。

入江一途は、第3話までになかなかいい兄貴肌を披露していて、ファンも増えてきています。

そんな人々の心を掴む入江一途は、「死にそう」という印象を与えてもいるようです。

 

入江一途が死にそうな理由1:慎導灼を庇って

ご存知のように、入江一途と慎導灼は、かなり仲良くなって信頼関係を築いています。

そのため、慎導灼に何かがあった時、兄貴肌な一面が出て、入江一途が代わりに死ぬのではないかという憶測ができます。

入江一途は、情に深い人間なのですよね。

 

例えば、息子の宜野座伸元を大切に思っていた征陸智己も、宜野座伸元を庇う形で亡くなりました。

彼らは親子でしたが、慎導灼を兄弟のように思う入江一途が、慎導灼を庇って死ぬのも、ありえない話ではなさそうな気がします。

 

入江一途が死にそうな理由2:裁きの門にて?

サイコパス1期では、執行官だった縢秀星がシビュラシステムの局長に殺されて死んでしまいました。

縢秀星は、かなりいい奴で、監視官だった常守朱とも良いお友達でした。

そんな「良い奴」感をたっぷりと出し尽くした後に、衝撃的な死を迎えたため、ヒューマンドラマを醸し出して、「良い奴」と人気があるキャラは、死ぬのではないかと推測することもできます。

 

正義あり、人を思う気持ちがありな潜在犯/執行官は、真実に近づくほどに死んでしまう可能性を拭えないのでした。

 

入江一途が死にそうな理由3:慎導灼が後輩を失くすのでは?

第1期では、狡噛慎也 監視官が、仲のよかった佐々山という刑事を失っていました。

そのため、監視官である慎導灼も、大事な仲間刑事を失うのでは?という推測ができます。

佐々山の死によって、狡噛慎也というキャラクターの深みが増した訳ですが、慎導灼というキャラクターの深みを増すために、入江一途は殺される設定を持っているのではないかと想像することもできます。

 

スポンサーリンク

まとめ

入江一途は、サイコパス3期の第3話までに、かなりの良い人キャラがにじみ出ているのでした。

そして、徐々に慎導灼との関係を築き、第3話では完全に信頼関係・絆を作り上げています。

そんな入江一途は、今後死にそうなキャラとして、囁かれているのでした。

スポンサーリンク
アニメの基本。絶対、お得。