その他

【グリザイア:ファントムトリガー 】の内容まとめ!前作との繋がりについても

「グリザイアシリーズ」の本編その後の美浜学園(本編の部隊となる学園)を描いた作品である「グリザイア:ファントムトリガー」のアニメ化2作目の公開が11月27日(金)に決定しました!

 

この情報公開を受け、「グリザイア:ファントムトリガー」のアニメ化1作目の振り返りと、アニメ化2作品目がどのような内容かをまとめています。

 

【グリザイア:ファントムトリガー】映画は3部作!

「グリザイア:ファントムトリガー」の前作は2話構成で劇場アニメ化されました。

「01.SORD」と「02.ソウルエピソード」の2話でした。

これは原作PCゲーム「グリザイア:ファントムトリガー」のvol.1とvol.2をアニメ化したものとなります。

 

そして11月27日(金)公開予定の今作は原作のvol.3をアニメ化した内容です。

その名も「03.スターゲイザー」となり、前作の続きとなります。

 

【グリザイア:ファントムトリガー】映画の内容まとめ!前作との繋がりについても

前作「01.SORD」、「02.ソウル・スピード」の内容の振り返りと新作である「03.スターゲイザー」の内容をまとめていきます。

 

1:SORDの内容と前作(TVアニメ)のつながり

SORDの物語は、基本的に前作「グリザイアの迷宮・果実・楽園」の後の未来の物語です。

“CIRS(サーズ)”(国の組織らしいです。)によって創設された特殊技能訓練校「美浜学園」が舞台となります。

 

美浜学園に通う、様々な理由で行き場を失くした少女たち、

拳銃と格闘が得意なレナ(深見玲奈)、

狙撃が得意なトーカ(獅子ヶ谷桐花)、

爆弾作成と情報処理が得意なクリス(鯨瀬・クリスティナ・桜子)、

諜報活動担当で忍者(自称ロシアン忍者)なムラサキ(狗駒邑沙季)、

“SORD”として警察や自衛隊では手を出せない(解決できない?)事件を中心に活動を繰り返している非日常と学園の日常を描いています。

 

ちなみにSORDは、

民間委託型工作諜報員育成機関(Social Ops. Research&Development)

略で大学生が就活で行うインターンシップみたいものらしいです。

 

そんな彼女たちの通う、とんでもない学園に新任教師として有坂秋桜里が着任してきたところから物語は始まります。

親が服役中とかなり運が悪い?(要領が悪い)以外一般人である秋桜里が、特殊な環境で育ったSORDの少女たちと向き合って奮闘する中、人吉会(武器密売組織?)の銃の受け渡し場所に遭遇し、拉致られてしまいます。

そんな秋桜里をSORDのメンバーが救出するという話となります。

 

その帰り道、「ファントムトリガー」という言葉がハルト、レナ、トーカ、クリス、ムラサキのような子供たちを示していることが語れます。
(ラーメン作画が神で食べたくなります!!)

そんな非日常を経験しても彼女が美浜学園の教師を続けると決意したところでエンディングとなります。

 

前作のつながりとしてはタナトスさん(風見一姫)が、作戦のアドバイザーAI?として登場していました!

あと美浜学園が特殊技能訓練校となったのは、風見雄二たちの引き起こした大事件が原因となったそうです。
(世界を巻き込んだ、ヒース・オスロやテュポーンとの戦いのことですね!)

 

2:ソウル・スピードの内容と前作(SORD)の繋がり

ソウル・スピードは、SORDのすぐ後の物語で、レナこと深見玲奈がメインのストーリーとなります。

 

日本へ入国予定だった海外からの要人が突如として姿を消す事件が発生し、美浜学園・SORDの少女たちは失踪事件の捜索支援を開始します。

美浜の姉妹校「京船桜が丘」に在籍する双子姉妹である稲垣バニラと稲垣チョコと協力するも、ロシアンマフィアの暗躍により見えざる手に翻弄されるかの如く対象を確保できません。

 

裏で情報収集を行っているムラサキの活躍っぷりは、もう笑いなしでは見られませんよね。

ロシアン忍者、最高です。

声優の種崎敦美さんの技量が素晴らしい内容となっています。

 

そのロシアンマフィアが雇っている謎の女ライダー「ソウル・スピード」がレナと過去出会ったことがあるマキ(昔はバックス)だとわかり、回想シーンが入りレナの過去が明らかになっていきます。

 

レナとマキとキャットファイト?死闘?は壮絶でお互い満身創痍ながらもレナが勝利します。

(レナと声優が内田真礼さん、マキの声優が南条愛乃さんでもう最高です!!)

 

負けたマキが美浜学園に在学することになる展開でエンディングとなります。

まあ「京船桜が丘」の宇川千尋が食えない奴であってモヤモヤするところもありましたが戦闘シーンも迫力ありましたね。

 

3:スターゲイザーの内容と前作(ソウル・スピード)の繋がり

スターゲイザーは、ソウル・スピードのすぐ後の物語で、トーカこと獅子ヶ谷桐花がメインのストーリーとなります。

(ということでトーカの声優、佐倉綾音さん主役回ということで個人的に興奮気味です!!)

 

SORDのメンバーとともに聖エール外国人学校との海外合同夏季合宿のためフィリピン離島へと向かうことから始まります。

(前回の任務で負傷したレナとマキはお留守番です。)

 

しかし合宿先で”トラブル”に巻き込まれ、聖エールのアヤメの指揮の元、シルヴィア、ベルベットとともに聖エールの脱走者グミを追う作戦に参加することに…

任務の最中、グミの境遇に自分の両親との記憶、果されることのなかった昔の友人との約束に邂逅することになるトーカの葛藤が描かれる。

そんなトーカは導き出した答えは……

 

3部作の最後になるスターゲイザーの結末が、実に楽しみですね。

 

まとめ

私は「グリザイアシリーズ」の本編である「グリザイアの果実」、「グリザイアの迷宮」、「グリザイアの楽園」のグリザイア三部作からのファンです。

本編が完結までアニメ化されたときはとても嬉しかったのを覚えています。

そして続編の「グリザイア:ファントムトリガー」がクラウドファンディングでアニメ化されたということで、ファンが増えたことに嬉しくて仕方がありません。

 

クラウドファンディングがまた成功すれば、オープニングに登場しているタイガやユーキが登場する原作ゲームの「vol.4」と「vol.5」がアニメ化するかもしれませんね!!