いろんなものを深く見る

X-MENの恵まれし子らの学園のお城はどこ?ロケ地・撮影場所についても

2019/06/19
 
この記事を書いている人 - WRITER -

人気X-MENシリーズのダーク・フェニックスが公開となりました。

チャールズ・エグゼビア学園(ダークフェニックスのジーンの学校)の実際の建物がある場所や、ジーンの故郷、またエイリアンが現れた公園や、チャールズとエリックが最後にチェスをしたカフェなどのロケ地を見つけました。

X-MENダークフェニックスの恵まれし子らの学園(チャールズ・エグゼビア学園)の撮影場所

主人公のジールが幼い頃に引き取られたチャールズ・エグゼビア学園は、アメリカ・ニューヨークにありました。

住所は、「1407 Graymalkin Lane, Salem Center, located in Westchester County, New York 」で設定されています。

実際にこの場所を見てみると、確かに広大なスペースがあります。

しかし、この場所には実際にはチャールズ・エグゼビア学園の大きなお城のような建物はありません。

でも、映画の最後で学校にジーンの名前が名づけられた後も、住所はこの場所で設定されています。

チャールズ・エグゼビア学園の建物がどこにあるのかと探してみたら、カナダのブリティッシュコロンビア州にありました。

Seen in many films and TV shows including Arrow, Smallville, two of the X-Men films, and Masterminds. https://moviemaps.org/locations/39

すごい迫力のあるお城ですね。

このお城は、ハットレイという名のお城なのですが、Jame Dusmuirという大富豪によって1908年に建てられ、今はカナダ政府によって国家遺産に認定されています。

現在はロイヤルローズ大学の一部として、また、ハットレイ公園の一部として利用されています。

ビクトリアのダウンタウンから61番のバスで30分くらいのところにあります。

ハットレイのお城の住所:2005 Sooke Road, Victoria, British Columbia V9B 5Y2, Canada

公式サイト: http://hatleycastle.com/

X-MENダーク・フェニックスのロケ地・撮影場所

ダーク・フェニックスの撮影は、カナダのモントリオールという都市の中と、その周辺で行われました。

モントリオールとは、セントローレンスという川沿いにある、観光でも有名で人気のある都市です。

カナダとアメリカの国境のところですね。

X-MENダーク・フェニックスという映画の特性上、街の様子をそのままに撮影することはあまりなく、大規模な舞台セットを制作したのだそうです。

舞台セット制作の予算はなんとカナダドルで8000万!

日本円にして65億円以上!

気合いが入っていますね。

X-MENダークフェニックスでX-MENチームがパーティーをしていた公園のロケ地

ジーンがダーク・フェニックスの力を蘇らせた時、ジーンは公園にいます。

芝生や木のある公園で、彼のスコット(サイクロプス)やX-MENの仲間たちとパーティーに参加していました。

妖艶な炎を見たことで、太陽フレアを浴びた時のフラッシュバックが起こったジーンは、彼女の特殊能力を大人になってから初めて発揮します。

周りの公園はジーンの能力で焼けこげるのでした。

 

また、エイリアンチームが映画の最初に現れたのも同じ公園でした。

ジーンと最終決闘をするヴークは、地球に侵入した後、公園のすぐ隣に住んでいた一家の1人の女性の体を乗っ取ります。

 

こちらの公園は、カナダのモン・ロイヤル公園(Mount Royal Park)でした。

小高い丘に位置する広大な公園は、地元の人や観光客に人気の公園で、展望台もあります。

地下鉄オレンジ・ラインの「モン・ロワイヤル駅」からバスで行け、バス停は公園内に4つもあります。

日光浴をしたり、ジョギングをしたり、ピクニックをしたり、紅葉を楽しんだりと、リラックスできる公園として愛されている公園です。

昼間であったり、エイリアンがいないと大分印象が変わりますね。

X-MENダークフェニックスでチャールズとエリックの座ったカフェの撮影場所

映画の最後でチャールズ(プロフェッサーX)とエリック(マグニートー)が仲を戻すシーンがあります。

カフェに座っていたチャールズの元にエリックが現れ、また仲良くなろうとするエリックはチャールズをチェスに誘います。

このカフェも、カナダのモントリオールにありましたが、撮影の為にお店の名前やドアなど、作り変えられていました。

撮影中の写真はこちら。

そして、実際に使われたロケ地がこちら。

実在しているカフェの名前は「7 Grains Cafe」。

サンドイッチやクレープ、ランチやワインなどを楽しめるカフェです。

X-MENダークフェニックスでジーンの故郷となったロケ地

X-MENダーク・フェニックスでは、ダーク・フェニックスであるジーンの故郷のシーンが登場します。

ジーン・グレイの故郷のシーンは映画の中でもとても大事なシーンでしたが、ジーンの生まれ育った家の風景は造り物だそうです。

既にほとんど出来上がっている家をお店から買って、撮影現場で組み立てて民家を造ったと制作デザイナーは言っています。

ジーンの家の近所は、中流階級風な家になるように装飾し、電線やアスファルトも全て作り込んだようです。

まとめ

映画X-MENダーク・フェニックスは、カナダのモントリオールという観光でも人気の地で撮影が行われたのでした。

撮影中は、地元の人が撮影している俳優さんたちをよく見かけることがあったそうです。

ジーン役のソフィー・ターナーはファンにとても気持ちの良い接し方をしたとの情報もあります。

素敵な場所のカナダに行ってみたいですね。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© 見る見るブログ , 2020 All Rights Reserved.