いろんなものを深く見る

【A3!】佐久間咲也の過去や家族構成は性格に影響している!?名前の由来についても

2020/01/21
 
この記事を書いている人 - WRITER -

アニメ「A3!」に登場する劇団員の1人、佐久間咲也。

彼の性格はかなり良いイメージがあり、胸キュンするようなシーンもありますが、佐久間咲也の過去は、幸せなことばかりではありませんでした。

彼の性格は、過去とも結びつきがあることが分かります。

今回は、佐久間咲也の過去や性格について、深堀りしたいと思います。

「A3」の全作品を無料で見放題することができます!

詳しくはこちら↓

A3!無料視聴できる動画配信サービスまとめ!全話のフル動画を見放題!

【A3!】佐久間咲也の性格

佐久間咲也は、お芝居が大好きな男の子で、MANKAIカンパニーの最初の劇団員です。

春組のリーダーでもありますが、彼はとても明るくて元気な男の子です。

 

性格1:明るくて元気

佐久間咲也は、とても明るい男の子で、「A3!」の公式ホームページでも「お日様系元気役者」と説明されています。

落ち込むことがほとんどないのではないかと思えるほどいつも明るくて、髪型も明るいピンクです。

そして、いつもニコニコしていて、可愛い笑顔がとても印象的ですね。

 

性格2:おっちょこちょい

また、佐久間咲也は、おっちょこちょいな一面もあります。

第1話では、寮を探している様子の皆木 綴(みなぎ つづる)を見かけ、寮があるMANKAIカンパニーを紹介しようとするも、ブラブラしている時間がないことに気がつくと、そそくさと説明もせずに走り去っていってしまいました。

また、最初の舞台(お客はいづみだけ)の時も、舞台の上で転んでしまうなど、おっちょこちょいな面も見せています。

 

性格3:前向きで勇敢

そして、佐久間咲也は、とても前向きな男の子と言えるでしょう。

例えば、最初の舞台の時、観客はいづみ1人だけでした。

それでも佐久間咲也は元気に芝居を楽しんでいました。

 

確かに、咲也は、お芝居が好きで、あの日はMANKAIカンパニーに入ったすぐ後のことだったので、ただお芝居を楽しんでいただけと考えることもできますが、あの状況では、「え?俺大丈夫?ここで1人でやっていくの?」とか心配になってもおかしくなさそうなものです。

それに、左京にMANKAIカンパニーの建物を取り壊すと聞いた時も、「壊さないでくれ」と頼み、断られても諦めませんでした。

普通であれば、自分1人ではどうにもならなそうなことに関して、抵抗するというのは、とても勇気がいることです。

なので、咲也はとても前向きで勇敢だと言えるでしょう。

 

性格4:自由で開放的

咲也は、とても発想が自由で、人を気にせず開放的な性格をしています。

例えば、第1話では、川辺でお芝居の練習を1人でしていましたが、普通であれば、ひと目を気にして、あれだけ自由に振る舞うことは少し抵抗感があります。

 

また、皆木に再会した時も、駅前でシェークスピアの朗読をしました。

咲也、かなり自由ですよね

後先考えず、なんでもやってしまう表現力の強さが自由であり、開放的な性格と言えるでしょう。

 

【A3!】佐久間咲也の過去と家族構成

いつも元気で明るい佐久間咲也ですが、家族構成や過去は明るいものではありませんでした。

 

過去1:両親を早くに亡くしている

佐久間咲也は、小さい頃に両親を亡くしています。

その理由はまだ明らかにはなっていませんが、2人一緒にということは、事故死だったのかもしれません。

いずれにしても、両親をまだ必要とするお年頃に、咲也は両親を亡くしてしまったようです。

 

過去2:親戚の家をたらい回しにされている

両親を早くに亡くした佐久間咲也は、その後、親戚の家をたらい回しにされるようになります。

親からの保護が必要な年だった咲也には、普通に考えれば、施設に入るという選択肢もあったのであろうと想像することができますが、親戚の家にお世話になることをどうやら選んだようです。

親戚の家とはつまり、咲也の両親の兄弟の家になる訳ですが、咲也は親戚の家を転々とするのでした。

 

たらい回しにされた理由も定かではありませんが、想像してみると、親戚が「人の子を預かるのは思ったより大変だと気がついたから」だったからかもしれませんし、咲也と従兄弟がうまく一家としてまとまらなかったことなどが理由なのかもしれません。

でも、咲也は、人を思いやることができる、本当にいい子なのですよね。

それを考えると、咲也は、肩身が狭いながらも、すごくいい子にしていようと努力していたのではないかと想像することができます。

 

だから、引き取る側の親戚に、何らかの問題があったのではないかと想像できます。

引き取る側に問題があったと言っても、彼らが悪い人だったからという理由とは限りません

家族に1人、子が増えるということは、養育者からすれば、出費も労力も増えるわけで、とても大変なことです。

 

例え、最初は、両親を失った咲也をかわいそうに思って引き取ることにしたとしても、月日が立つにつれて、家計が苦しくなったとか、例えば、数人の子供の面倒を見るのが大変になったからとか、例えば、誰かの具合が悪くなって咲也の面倒を見ている場合ではなくなったなどという理由で、断念されたケースも考えられます。

そういった理由で、咲也の親戚は、他の親戚を頼るようになり、咲也は親戚をたらい回しにされることになってしまった可能性もあります。

 

反対に、咲也の親戚がものすごく悪い人で、自治体から得られる支援金目当てで咲也を引き取ったと考えることもできますが、咲也のことを思うと、そうではあってほしくないと思いますが、真相はどうなのでしょうね。

 

【A3!】佐久間咲也の過去や家族構成は、性格に影響している?!

このように、佐久間咲也の過去や家族に何があったのかを知ると、咲也の明るく元気な性格は、これらの過去が土台になっているのか、と考えることができます。

咲也はきっと、不穏な空気を読めない子ではないと思うので、親戚をたらい回しにされていた時代、心苦しいものがあったのではないかと思います。

気を使ったり、素直な気持ちを打ち明けられなかったり、迷惑をかけないようにと、小さいながらにいつも必死だったのではないかと想像できます。

 

それを踏まえて咲也の性格を考えると、咲也が明るく元気で前向きな性格である理由は主に、2つ考えられます。

それは、

  1. やっと自由になれたので、開放感に満ちている
  2. 落ち込んでいる自分を出せない性格になっている

ということです。

 

1つ目は、咲也が親戚の家にお世話になっていた時は、肩身がせまく、好きなこともろくに出来なかったため、NANKAIカンパニーの寮に移ってから、伸び伸びとした開放感を得て、自由に明るくなったという考察です。

このように考察すると、今やっと自分らしい自分になれた咲也は、明るくて前向きで元気で、当たり前なのかなという気がしてきます。

 

そして、2つ目の咲也の過去が性格に関係している考察は、過去に明るい自分を振る舞うことが求められた経験から、落ち込んだ自分の姿を人前にさらけ出すことができなくなっているというものです。

周りに迷惑をかけないように、いつも明るく振る舞うことが癖となっているとしたら、咲也がいつも明るく元気な性格である理由もうなずけます。

 

しかし、アニメに登場する咲也を見ていると、裏表がないキャラクターだと思うので、おそらくですが、咲也は今、本当に幸せなのではないかと思います。

その幸せが、自由となり、明るくて元気な性格に繋がっているのではないかと個人的には思います。

 

【A3!】佐久間咲也の名前の由来

佐久間咲也の名前の由来は、おそらくですが、花が咲きすぎて仕方がないような意味がこめられているのではないかと思います。

名前は「咲也(=さくなり)」ですし、名字も「サク」という音が入っています。

 

そして、「A3!」は、「俺たちを咲かせて下さい!」というストーリーですし、劇場の名前も「MANKAI(満開)」、咲也のイメージの花も桜です。

なので、「花が咲く時のように、最高潮に輝いている男の子」という意味で、佐久間咲也という名前がつけられたのではないかなと思います。

 

まとめ

佐久間咲也は、元気で明るく、前向きで開放的な性格の男の子ですが、これは、「人に気を使ってばかりの悲しい過去」が土台となって開花した咲也の姿なのではないかと、私は考察するのでした。

「A3」の全作品を無料で見放題することができます!

詳しくはこちら↓

A3!無料視聴できる動画配信サービスまとめ!全話のフル動画を見放題!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© 見る見るブログ , 2020 All Rights Reserved.