アニメの考察・感想・ネタバレ

【真の仲間】加護一覧!キャラクターについても

2021年10月よりテレビアニメ放送開始が決定されている「真の仲間じゃないと勇者のパーティーを追い出されたので、辺境でスローライフすることにしました」。

略して「真の仲間」についてまとめています。

 

【真の仲間じゃないと勇者のパーティーを追い出されたので、辺境でスローライフすることにしました】の加護とは

本作に出てくる「加護」について紹介していきます。

生まれつき与えられるものであり、どんな「加護」を与えられるかが本作の世界では大きな意味を持っています。

その人が生きるべき道を示し、力を与えるために神が授けたものとされていて、故に「加護」と呼ばれているそうです。

 

「加護」は職業補正がかかるものが多くを占めるが、世界的に「悪」と称されるものも存在し、また人格にも影響を与える、強制力をもつものもあります。

与えられた「加護」に応じた生き方をすることが正しいとされている世界であるが、「加護」を否定して与えられた人生ではなく、自分の望む生き方を目指すものをいます。

(「加護」といっても良い側面だけではないようです……)

 

【真の仲間じゃないと勇者のパーティーを追い出されたので、辺境でスローライフすることにしました】加護一覧とキャラクター解説!

上記で紹介した加護について、登場人物の紹介を踏まえてまとめていきます。

 

レッド/加護:導き手

©2021 ざっぽん/KADOKAWA/真の仲間製作委員会
引用元:「真の仲間」公式サイトより

本作の主人公です。

本名はキデオン・ラグナソンであり、勇者ルーティの実兄である。

 

レベル+30のスキルにより幼少期よりモンスター退治をし、騎士団にスカウトされ副騎士団長にまでなり、妹ルーティが勇者とわかるとパーティに加わり魔王討伐を目指し旅立ちます。

しかし、「導き手」はレベル+30しかなく勇者パーティの中で徐々に力不足となり賢者アレスにより「君は真の仲間じゃない」と言われ、パーティを離脱。

流れ着いたゾルタンという町で薬師を目指し、冒険者レッドとしてスローライフを送っています。

 

「導き手」という加護は未熟な勇者を守るためにレベル+30というスキルを与えられ、勇者が育ったら仲間から離脱するを得ない不遇な加護だったのです。

しかしレッドは固有スキルがない欠点を知識や経験、加護に関係なく取得できるコモンスキルを数を多くすることで補っています。

(コモンスキルは加護が重要視されている本作品世界では軽んじれています。)

 

勇者パーティでは力不足ですが、冒険者としては上位ランクにも引けを取らない強さを秘めています!

(身バレしないように低ランクを装っていますが……)

ひた向きに努力し人当たりの良い性格によって、ゾルタンの町で多くの人から信頼を寄せらるようになります。

声優は「かぐや様」で石上優を演じる、鈴木崚汰さんです。

 

リット/加護:スピリットスカウト

©2021 ざっぽん/KADOKAWA/真の仲間製作委員会
引用元:「真の仲間」公式サイトより

ツン期が過ぎた元ツンデレ、本作ヒロインです!!

本名はリーズリット・オブ・ロガーヴィアでロガーヴィア公国の第2王女である。

しかし、王位継承をめぐる内乱に巻き込まれないように国を出る。

その流れ着いた先のゾルタンで上位ランク冒険者をしていたところ、レッドを再会し、猛烈アタックの末、一緒に薬屋を営むことになる。

ロガーヴィア公国が魔王軍に攻められたときに共闘や窮地を助けられたこともあり、ギデオンにベタ惚れです。

 

リッドの加護は自分の仲間を守るという衝動を与える「スピリットスカウト」です。

仲間思いの彼女にピッタリのスキルです。

声優は高尾奏音さんです。

 

ルーティ・ラグナソン/加護:勇者

©2021 ざっぽん/KADOKAWA/真の仲間製作委員会
引用元:「真の仲間」公式サイトより

「勇者」の加護を得た、レッド(キデオン)の実妹。

「勇者」の加護が与えられる前は感情豊かだったが(重度のブラコン)、「加護」を得てからは「魔王を倒す」という衝動により感情が欠落しているように見える。

魔王を倒す最強の力以外の不要なものすべてを抑制する力も備えた加護のようです。

(ブラコンぶりは残っている模様……)

声優は大空直美さんです。

 

アレス・スロア/加護:賢者

©2021 ざっぽん/KADOKAWA/真の仲間製作委員会
引用元:「真の仲間」公式サイトより

ギデオンことレッドが勇者パーティを離脱するきかっけを作った張本人。

「賢者」というだけ有能な加護で魔法力は強力だが、そのデメリットとして強烈な承認欲求を生じさせている模様。

彼がギデオンを追放をきっかけに勇者パーティは失敗を繰り返し、パーティ崩壊に繋がってしまいます。(要するにクズですね……)

声優は八代拓さんです。

 

ヤランドララ/加護:木の歌い手

©2021 ざっぽん/KADOKAWA/真の仲間製作委員会
引用元:「真の仲間」公式サイトより

勇者パーティの1人でハイエルフの女性。

「木の歌い手」という加護は植物と心を通わせるスキル(植物を操る能力)を持ち、森に住むハイエルフらしいものである。

アレスがギデオンを追放したことを知り、パーティを離脱し、単身、彼を捜索する旅に出る。(勇者パーティに加入以前からギデオンとの付き合いがあった模様)

声優は雨宮天さんです。

 

ダナン・ラボー/加護:武闘家

勇者パーティの1人で見た目的に一番の年長者であり、ギデオンの実力を認めていた人物。

ギデオンが抜けたあと崩壊しつつパーティを立て直すために、単身ギデオンを探す行動に出る。

加護は「武道家」で、武器を使わない体術を生かせるスキルを保有する。

当代随一の武闘家である。

 

テオドラ・ディフイーロ/加護:クルセイダー

勇者パーティの1人で槍術は師範代の肩書を持ち、キデオンの実力を認めていた人物。

「クルセイダー」という加護の元、人類最高峰の法術使いである。

ストイックな性格で武人肌であるが、コモンスキルのみで自分たちと肩を並べて戦ってきたギデオンをとても高く評価している。

 

ティセ・ガーランド/加護:アサシン

ギデオンことレッドが勇者パーティから抜けた補填メンバーとして、アレスが暗殺者ギルドを介して契約した女の子。

当初はアレスの指示に従っていたが、次第に勇者ルーティと心を交わし友達となるキーパーソンである。

加護は「アサシン」でその名の通り暗殺に向いたスキルを有する。

 

まとめ

「真の仲間じゃないと勇者パーティを追い出されたので、辺境でスローライフすることにしました」略して「真の仲間」の加護についてまとめてきました。

2021年10月よりテレビアニメ放送が決まっているので、楽しみですね。

他の「追放系」の作品と違って、和やかな雰囲気が多めの作品となっております。

 

またその追放される主人公レッドことギデオンの声優が「かぐや様は告らせたい」の裏主人公である石上優を演じる声優鈴木崚汰さんであるのが、胸アツですね。

基本勝ち組ヒロインであるリットと主人公レッドのまったりスローライフが描かれており、たまに不穏な場面もありますが、この二人も上位ランクの冒険者クラスに強いので安心して見られます。

コミック版も出ていますので是非読んでみたらいかがでしょうか?

スポンサーリンク
アニメの基本。絶対、お得。