【進撃の巨人】ジークとエレンが接触しなかった理由は?最後は結局どうなるのかネタバレ!

ここでは、「進撃の巨人」に登場するジークとエレンが接触しなかった理由についてまとめています。

最後にはどうなってしまうのかというネタバレと共にご紹介していきます。

 

「進撃の巨人」を無料で見よう!

「進撃の巨人」は、U-NEXTという動画配信サービスで無料で見ることができます!

≪U-NEXTで「進撃の巨人」シリーズを無料で見る方法≫

  1. U-NEXTの31日間無料体験に登録する。
  2. 「進撃の巨人」を好きな時に好きな場所で見る。

※無料期間中に解約すれば、料金は一切発生しません。

無料で見る

関連作品の詳細を見る

【進撃の巨人】ジークは獣の巨人

マーレ戦士のリーダーであるジークは、「獣の巨人」の継承者です。

全身が獣のような体毛で覆われているところが特徴的な巨人です。

その長い腕から放たれた物は、高い破壊力を持っておりジークがこの巨人を継承したのも、高い投球技術があったからでしょう。

また、王家の血筋でもあるジークは他の巨人にはない特殊な能力を持っています。

 

ジークの脊髄液を注入されると彼の「叫び」によって無垢の巨人となり、命令に従わせることができます。

また、夜でも活動できるため戦いには有利に働きます。

この能力は、王家の血を引くジークだからこそ成せるものであり、他の巨人には備わっていないものです。

 

【進撃の巨人】エレンは始祖の巨人

エレンは、全ての巨人の頂点に立つ「始祖の巨人」の継承者です。

元々は王家が代々継承してきた巨人ですが、エレンの父・グリシャに奪われ、エレンへと継承されました。

「世界の記憶」としてこれまでの継承者の記憶を記録しています

また、エルディア人を対象として「記憶改竄」「叫び」「身体構造操作」などの力を持っている巨人でもあります。

 

しかし、エレンは王家の血筋ではないので「始祖の巨人」の力を発動することはできません。

ですが、王家の人間に接触することで微力ながらも力を発動することができるということが、明らかになりました。

 

【進撃の巨人】ジークとエレンは直接接触をしなかった!(29話)

マーレへと潜入していたエレンは、ジークとは接触しませんでした。

単独行動をしているエレンにとって、ジークは貴重な情報源のはずですが、あえてなのか接触は避けていたようです。

もしかすると、これから起こる未来を予知していたのかもしれませんね。

しかし、あの時点で接触していればまた違った結果になっていたことも間違いはないでしょう。

 

エレンの目的とジークの目的が本当に同じかどうかは分からないので、この時点での接触は避けたと考えたほうがいいかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

【進撃の巨人】ジークとエレンが接触すると何が起こるのか?(29巻)

では、一体ジークとエレンが接触するとどのようなことが起こるのでしょうか?

ジークの目的は、「始祖の巨人」への接触から「座標」を発動することです。

王家の血を引くジークと「始祖」を持っているエレンが接触すれば、「座標」を発動することができます。

それは、決定的なもので無垢の巨人を命令に従わせることができるため、ジークの「安楽死計画」を成功させる第一歩となるのです。

 

しかし、たとえ「座標」を発動できたとしてもその主導権を握るのは、「始祖」の力を持つエレンです。

ジークはあくまで血筋であるというだけで、主導権を持つことはできません。

そうなれば、ジークの目的は果たされない可能性も出てきます。

なぜなら、エレンがジークの言葉を全て信用しているとは思えないからです。

 

いくら兄弟とはいえ、生まれも育ちも違う2人では意見のすれ違いは必ずあるはずです。

また、ジークもエレンのことを本気で信頼しているということはないと思います。

主導権を握られれば、目的が果たされずに終わる可能性が高いです。

エレンが接触を避けていたのも、こういう背景があるからかもしれません。

 

【進撃の巨人】ジークとエレンは接触するのかネタバレ(30巻)

原作30巻でジークとエレンは接触していたことが明らかになりました。

単独行動をしていたエレンは、密かにジークと接触し話をしていたようです

ジークもそこで初めて、エレンに「安楽死計画」のことを伝えます。

そのことにエレンは、特に反論するわけでもなくただただ話を聞いていました。

 

エレンの中には、父親が犯した罪の記憶などが巡っており、自分がこれからどうするべきかを悟っていました。

ジークは、そんなエレンを心から救ってやりたいと思っていました。

自分と同じように父親に洗脳されて育ったと思い込んでいたからです。

しかし、それとは裏腹にエレンは父親が犯した罪は大罪であると言い、この長い戦いに終止符を打つことを誓います

 

ジークもそれに賛同した形ですが、まだ協力するとは限りません。

「安楽死計画」には、「座標」の力が必要不可欠なものになります。

エレンがもしジークの計画に協力することになった時は、本当にエルディアの終わりが来るでしょう。

 

まとめ

ここまで、「進撃の巨人」に登場するジークとエレンが接触しなかった理由についてまとめてきましたが、いかがでしたでしょうか?

兄弟であってもお互いに特殊な力を持っていれば、接触は簡単にはいかないですよね。

しかも、その接触が未来を大きく変えることになるのであれば尚更です。

 

今後、エレンとジークが強力して「座標」を発動するかは分かりませんが、そうなれば物語は遂にクライマックスへと進んでいくでしょう。

今後の展開が楽しみですね!

 

「進撃の巨人」を無料で見よう!

「進撃の巨人」は、U-NEXTという動画配信サービスで無料で見ることができます!

≪U-NEXTで「進撃の巨人」シリーズを無料で見る方法≫

  1. U-NEXTの31日間無料体験に登録する。
  2. 「進撃の巨人」を好きな時に好きな場所で見る。

※無料期間中に解約すれば、料金は一切発生しません。

無料で見る

関連作品の詳細を見る

【進撃の巨人】に似ているアニメまとめ!鬼滅の刃などとの比較についても 「進撃の巨人」って、とっても面白いですよね! もっと「進撃の巨人」みたいなアニメを見たい!と思ったのは私だけではないはず。 ...

 

スポンサーリンク
アニメの基本。絶対、お得。