アニメ

【ツキウタ】作曲者一覧!キャラクター専属の作曲家がいることについても

ここでは、「ツキウタ」の楽曲を担当している、キャラクター専属の作曲者についてまとめています。

 

【ツキウタ】物語上の作曲家は月野尊

「ツキノ芸能プロダクション」の社長であり、グラビとプロセラの総合プロデューサーでもある月野尊。

物語上では、月野尊が作曲家として名前が挙がっていますが自身が制作に関わった楽曲には、クレジットとして表記されています。

なぜ、クレジット表記なのかは今も明らかになっていません。

「ツキウタ」の中では最も謎多き人物と言っていいでしょう。

 

【ツキウタ】各キャラクターに専属の作曲家が存在している!?

「ツキウタ」の最大の魅力は、各キャラクターに専属の作曲家が存在しているところでしょう。

男性グループだけではなく、女性グループにも存在しています。

また、楽曲を制作するキャラクターも正確に決まっています。

そのキャラクターに合った楽曲を作ることで、魅力や個性を発揮することができる点では、とても面白い試みとも言えるでしょう。

 

また、このコンテンツに関わっている作曲家たちは、現代だからこその個性を持った人たちです。

 

【ツキウタ】の作曲を担当している作曲家はどんな人々?

では、実際にどんな方たちが楽曲制作に携わっているのでしょうか?

彼らに共通しているものがあります。

それは、「誰もが新鋭の作曲家である」ということです。

”新鋭の作曲家”とは、VOCALOIDで楽曲を制作しニコニコ動画などで配信している人のことを指します。

 

皆さんも一度は聴いたことがあるのではないでしょうか?

世間では「ボカロP」という呼び方をされていますよね。

その「ボカロP」の方たちが「ツキウタ」の楽曲制作に携わっています。

 

【ツキウタ】の作曲者一覧!曲名についても

ここからは、楽曲制作を担当している作曲者についてご紹介してきたいと思います。

 

さつき が てんこもりさん

・「聖夜も労働ingなう!」
・「だってまだまだアバンタイトル」
・「砂時計とホットミルク」
・「stella~きんぴか上昇気分~」
・「聖夜もOnline!」
・「プリズム☆ブレイク」

12月担当のアイドル、師走駆と聖クリスの楽曲を担当している「さつき が てんこもり」さん。

VOCALOID楽曲制作の他にもアイドルやコマーシャルなどに楽曲を提供しています。

元々は、コンピューターゲームなどのシーケンス機能を使って楽曲を制作していたそうですが、自身のwebサイトを開始してからはニコニコ動画などの配信ツールで楽曲を制作し配信しているとのことです。

アイドルに楽曲提供をしているだけあって、タイトルも可愛らしいですよね!

 

また、キャラクターの特徴をしっかりと捉えており、タイトルにキャラクターの性格などを織り込むことによって、タイトルだけでわくわくさせる感じがたまりません!

 

マチゲリータさん

・「氷輪紫鬼」
・「恋忘れ草」
・「嗚呼。髪を撫でて、頬を撫でて、御前を愛し
  てやる。」
・「initium ~始告氷輪~」
・「六花撫子」
・「はらり」

1月担当のアイドル、睦月始と花園雪の楽曲を担当している「マチゲリータ」さん。

数多くのVOCALOID楽曲を制作しており、定番の初音ミクをはじめ多彩なVOCALOIDを操ることで有名です。

楽曲では主にホラー系や不気味系の楽曲を手掛けており、定評があります。

しかし、ここでの楽曲はホラーや不気味とはかけ離れたものになっているようです。

 

実際にキャラクターが存在するということもあってか、なんとも和風チックなタイトルを付けています。

どちらかといえば、クールな感じと言ったほうが伝わるでしょうか?

こうした楽曲を手掛けることができるのも、多彩なセンスがあるからだと思います。

 

虹原ぺぺろんさん

・「Me-lo-dy」
・「イノセンシア」
・「ラジカル・ラブカル」
・「魔法のショコラ」
・「amor~溢れだす想いから~」
・「Acacia」
・「My Sweet Beloved」

2月担当のアイドル、如月恋と如月愛の楽曲を担当している「虹色ぺぺろん」さん。

数多くのVOCALOID楽曲を制作しており、現在は商業作品の楽曲などを手がけています。

VOCALOID楽曲には、必ずテーマがありそのテーマに沿ってしっかりと作り分けられています。

ロックからバラードまで幅広いジャンルの曲を創ることができることでも有名な作曲家です。

 

その能力のおかげか「ツキウタ」でもキャラクターの特徴などをしっかりと自分の中に落とし込んでから楽曲を制作しているようです。

タイトルも可愛らしいですよね!

「恋」「愛」の名前にふさわしい曲調とタイトルになっています。

 

ゆうゆさん

・「ウグイス・コード~春告鳥の歌~」
・「ハジマリノハル」
・「Faith and Promise」
・「ver~歌詠鳥の声~」
・「春待ち息吹は君恋し」
・「このこねこのこ」

3月担当のアイドル、弥生春と桃崎ひなの楽曲を担当している「ゆうゆ」さん。

VOCALOID楽曲では、「桜の季節」などの代表作があります。

多くの楽曲が殿堂入りを果たすなどかなりの実力を持っています。

自身の楽曲を歌唱する「歌ってみた」などもやっており、制作するだけではなく歌う作曲家でもあります。

 

芸幅が広いこともあり、毎回違ったジャンルの楽曲を制作することでも有名です。

「ツキウタ」では、3月にぴったりの曲を制作しています。

タイトルもですが、曲調も春らしいものになっているので必見です!

 

蝶々Pさん

・「桜とともに君だけを。」
・「Rainy Day」
・「cerasus~桜並木に導かれて~」
・「sing my way」

4月担当のアイドル、卯月新と兎川千桜の楽曲を担当している「蝶々P」さん。

VOCALOID楽曲では、「心拍数#0822」や「え?あぁ、そう。」などの代表曲があります。

ピアノを使うことで有名な作曲家で、美しく荒ぶった曲調で人気を博しています。

主に恋愛系の甘い曲を多く制作しています。

 

「ツキウタ」での楽曲制作数は少なく、月野尊と交代で制作しているようです。

CVを担当している細谷佳正さんの体調の原因もあったと思われますが、詳しいことは分かっていません。

 

Nemさん

・「カルミアと五月雨」
・「月と、星と、まぼろしと」
・「ハルカゼとヒバリ」
・「caelum~未来~」
・「LOVE FRUIT」
・「wonderful world~5月病をぶっ飛ばせ
  !~」

5月担当のアイドル、皐月葵と結城若葉の楽曲を担当している「Nem」さん。

VOCALOID楽曲では、「嗚呼、素晴らしきニャン生」などの代表曲があります。

ニコニコ動画などで活動する前からフリーの作曲家として活動していたという経歴を持っています。

ハイセンスでポップな曲を手がけることで有名な作曲家です。

 

そのセンスを活かし、葵と若葉らしいポップな曲に仕上がっています。

また、ジャズテイストの曲を創ることにも長けているのでその要素も入っている楽曲を制作しています。

 

ゆよゆっぺさん

・「Rainy moment」
・「Childish flower」
・「Duty」
・「pluvia~嘘と温もり~」
・「雨女って言わないで」
・「My Longing」

6月担当のアイドル、水無月涙と照瀬結乃の楽曲を担当している「ゆよゆっぺ」さん。

VOCALOID楽曲では、「Hope」などの代表曲があります。

現在は、主にアイドルやゲームなどの楽曲の制作に携わっています。

幼い頃から音楽に触れていたこともあり、多彩なセンスを出して楽曲制作をしているようです。

 

楽曲を制作する際には、自分が体験したことなどをリアルに描写する傾向があるため、世界観がよりリアルに伝わってくるという特徴を持っています。

 

ひとしずく×やま△さん

・「さよなら夢花火」
・「君に花を、君に星を」
・「Beast Master」
・「mare~君と綴る航海日誌~」
・「彼は誰の夢」
・「夢守唄」

7月担当のアイドル、文月海と姫川瑞希の楽曲を担当している「ひとしずく×やま△」さん。

VOCALOID楽曲では、「Bad∞End∞Night」や「怪盗Fの台本~消えたダイヤの謎~」などの代表曲があります。

ひとしずくPとやま△さんは、別人であり元々は個人で活動していました。

楽曲のほとんどが物語調な壮大な世界観になっており、本人も絵本などの物語に曲を付けることが好きなのだそうです。

 

ピアノで奏でる切ない曲調が人気を博しています。

その特徴を活かし、キャラクターソングも切なくゆったりとした曲調が特徴的な楽曲になっています。

 

うたたPさん

・「Genau!」
・「DA☆KAI」
・「El Sol Florecer」
・「sol~Happy!Phew!~」
・「招き招かれお祭りモード」

8月担当のアイドル、葉月陽と元宮祭莉の楽曲を担当している「うたたP」さん。

VOCALOID楽曲では、「こちら、幸福安心委員会です。」などの代表曲があります。

楽曲のクオリティが非常に高いことで人気を博しています。

主にトランス系の楽曲を制作しており、激しく耳に残る曲調が特徴です。

 

「ツキウタ」の楽曲に関しても激しい曲調の楽曲を多く手がけています。

 

じょんさん

・「コガネイロ」
・「淡い花」
・「夕焼けデイズ」
・「nox~風のレコード~」
・「こがれびと」
・「セピア-SEPIA-」

9月担当のアイドル、長月夜と朝霧あかねの楽曲を担当している「じょん」さん。

VOCALOID楽曲では、「メテオ」などの代表曲があります。

元々は「歌ってみた」や「弾き語り」などで活動していましたが、後にVOCALOIDでの楽曲制作を開始し人気を博します。

現在は、VOCALOID楽曲の制作はしていないようです。

 

9月楽曲を担当してからは、ツキノ芸能プロダクションからの仕事が増加したこともあり現在は、プロダクションに所属する「SolidS」「SOARA」「Growth」の楽曲も手掛けています。

 

takamattさん

・「RUN BOY RUN」
・「Sing Together Forever」
・「Lost My God」
・「athletic~Never Ending Challenge!!~」
・「sugar★Sugar★MAGIC★」
・「Night Before Halloween」

10月担当のアイドル、神無月郁と伊地崎麗奈の楽曲を担当している「takamatt」さん。

VOCALOID楽曲では、「アイノヨロコビ」などの代表曲があります。

リアルな人間模様を描く曲風で人気を博しています。

現在、VOCALOID楽曲を制作しているかは分かっていません。

 

「ツキウタ」では、郁と麗奈の元気で明るい性格をしっかりと表現した楽曲になっています。

 

きくおさん

・「アイシクル」
・「Celestite」
・「albion~ふたりだけの白~」
・「流星舞台」

11月担当のアイドル、霜月隼と天童院椿の楽曲を担当している「きくお」さん。

VOCALOID楽曲では、「ボクを忘れた空想紀行」などの代表曲があります。

その作風は実に様々で、明るくポップなものから狂気に満ちたものまで幅広いジャンルで楽曲制作をしています。

フリーのサウンドクリエイターとしても活動しています。

 

その幅広いジャンルが活かされ、不思議でどこかミステリアスな雰囲気を纏っている隼と椿のイメージにピッタリとハマった作曲家だと思います。

 

まとめ

ここまで、「ツキウタ」に携わっている作曲者についてご紹介してきました。

ボカロPということもありキャラクターに合った楽曲を手がけることができるという強みを持っています。

皆さんも一度は、見たことや聞いたことのある楽曲があったのではないでしょうか?

これまでにない作風とアイデアで生まれた「ツキウタ」というコンテンツの今後に期待したいですね!

 

関連記事

  1. 【LISTENERS】第1話の感想とネタバレ!ジャンクパーツを拾う少年…

  2. 【ハイキュー】東京代表はどこ?強さや魅力についても

  3. 【リゼロ2期】登場人物相関図まとめ!キャラ解説も!

  4. 【ワンパンマン】ハリウッド映画の海外の反応まとめ!否定的な声が多いよう…

  5. 【グレイプニル】第8話までの動画を無料視聴できる動画配信サービスまとめ…

  6. 【約束のネバーランド】子供の両親は誰?食用児を産むことについても

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最近の記事

  1. アニメ

  2. アニメ

  3. アニメ

  4. アニメ

  5. アニメ

PAGE TOP