【東京BABYLON】北都が殺された理由は?昴流との関係についても

大人気漫画家集団CLAMPによる伝説作品「東京BABYLON」

主要キャラクターの中の紅一点である北都が話題です。

北都は殺されるの?なんで?

昴流とはどういった関係なの?

今回の記事では、東京BABYLONの大人気キャラ:北都について深掘りします。

【東京BABYLON】北都とは

北都とは、本名「皇北都」といいます。

ぴっちぴちの16歳、女子高生です。

趣味は料理

将来の夢は「団地妻」です。

陰陽師の名門である皇家の長女にして、昴流の双子の姉でもある北都。

皇の人間として陰陽師の能力を濃く受け継ぐ昴流に対して、北都はあまり陰陽師の才能がなく陰陽師の術をほとんど使うことができません。

【東京BABYLON】北都と昴流の関係とは

前述したように、北都と昴流は双子です。

北都が姉、昴流が弟です。

この双子、とても仲が良いです。

北都は昴流をかいがいしく世話し、賑やかしながらも、誰よりも昴流のことを考え、昴流の幸せを誰よりも願っています。

陰陽師の力をほとんど持たず、昴流の請け負った仕事をサポートすることもままならないためか、それ以外のことは手厚くサポートしています。

例えば昴流の服装です。

なかなかに奇抜なファッションは昴流の趣味ではなく、姉の北都がコーディネートしているのです。

それをだまって着てあげる昴流も優しい

北都は誰よりも昴流の幸せを願っているのと同じぐらい、昴流のことを心配もしています。

昴流は、自分自身に無頓着な人間です。

自分と他人との境界線が薄いため、他人の痛みを自分の痛みと捉えてしまう癖があります。

昴流は自分自身の価値を低く扱っている節があり、いつ死んでもいいとさえ思っているようです。

そんな危うい雰囲気の昴流のことを北都は誰よりも心配しており、昴流が何かを「特別」と思えるものを見つけてほしいと思っていたのです。

そんな時に双子の前に現れたのが、桜塚護当主である星史郎でした。

星史郎が得体のしれない「危険」な人物だと直感的に悟った北都でしたが、昴流の「特別」になりうる要素もはらんでいると思い、昴流に星史郎を近づけるのです。

昴流のために、昴流の「特別」候補として星史郎を近づけはするものの、きちんとけん制は欠かさないお姉さん。

「昴流を泣かせたら殺すわよ」

と冗談交じりながらも星史郎に言いますが、これは北都の本心でしょう。

【東京BABYLON】北都は死亡する

そんな弟思いの北都ですが、東京BABYLON7巻ラストあたりで死亡します。

なぜ?

それは、北都自身が昴流に近づけてしまった、危険な香りたっぷりの星史郎のせいです。

星史郎は実は、昴流と出会うのはこれで2回目。

7年前のファーストコンタクトの際に昴流と一方的な賭けをしました。

暗殺集団桜塚護の星史郎は、殺害現場を見てしまった当時9歳の昴流を殺さずに、記憶を消去し生かします。

将来再会して1年間一緒に過ごして、星史郎が昴流を「特別」と思えなかったらその時は殺す…と。

昴流が16歳になって星史郎と出会い(厳密には再会)、1年間過ごしても星史郎の中で昴流は「特別」にはならなかったと主張し、その上で昴流をひどく傷つけてしまい、そのせいで昴流は廃人状態になってしまいます。

このままでは星史郎が本気で昴流を殺しに来ると考えた北都は、星史郎の元へ単身乗り込み、そして殺されてしまうのです。

【東京BABYLON】北都が殺された理由とは

普通に素直に東京BABYLONを読み込むと、北都が殺されたのは、自分より強い星史郎へ立ち向かって返り討ちに合ったと見ることができます

しかし私は、北都の死には二つの解釈があるのでは?と考察します。

一つ目は、北都の思惑です。

幼いころから皇家の陰陽師の才能がないことは、北都自身が良く知っていたことです。

そして、1年間星史郎と共に過ごす中で、自分よりも星史郎の方が圧倒的に強いということも知っているはずでした。

そんな状況で、いくらかわいい弟のたまえとはいえ、無鉄砲に何の策もなく殴りこみに行くでしょうか?

否!

北都は自分が殺されることを覚悟の上で星史郎に挑んだのです。

そして、自分が使える数少ない、そして北都にしか使えない術を、殺されたときに星史郎へとかけたのです。

その術とは、星史郎が北都と同じ方法で昴流を殺そうとしたとき、星史郎に跳ね返るというものです。

北都は昴流には傷ついてほしくない、生きていて欲しいと強く願った結果の行動だったのです。

もし今後星史郎と昴流が相まみえることがあって、昴流に命の危機が生じても、北都のかけた術が保険となってはたらくであろうと。

北都の死は単なる復讐からの返り討ちではなく、捨て身で最後まで弟を守ろうとした姉の愛だったという考察です。

二つ目は、星史郎が北都を殺した理由です。

星史郎は人を殺すことに何のためらいもないため、北都を殺すことに躊躇は無かったと思われます。

しかし快楽殺人者というわけではないので、あえて自分より弱いと分かり切っている北都を殺したのには理由があると思うのです。

それは、「特別」な存在である昴流のことでしょう。

口では「賭けに勝った」といい、昴流を殺そうとしました。

自分は昴流を特別とは思っていないと主張していますが、そもそも初対面の時に暗殺現場を見られているのに、殺さず見逃した時点で星史郎の中で昴流は「特別」になっていたのでしょう。

しかし星史郎はクレイジーな人格破綻者です。

普通の人のする「特別」な人への接し方や捉え方の枠に収まるはずがありません。

特別な存在の昴流に、星史郎は殺されたかったのではないでしょうか。

しかし、心優しい昴流はきっと自分を殺すことはしないだろうと考えた星史郎は、自分に憎悪の感情を抱かせようと昴流を傷つけ、北都を手にかけた。

大切な姉を殺されたとあっては、さすがの昴流も自分を憎むだろう。

そうしていずれ自分を殺しに来てくれるかもしれない。

北都が自分にかけた「術」の存在にもおそらく気づいていて、それをも逆に自分の欲求を満たすために利用したのではないでしょうか。

星史郎が北都を殺した理由は、昴流に自分を殺してもらうためという考察です。

まとめ

北都は昴流の双子の姉で、誰よりも昴流の幸せを願っていました。

それゆえに、多少危なくても…と星史郎を近づけた結果、昴流がとてつもなく傷ついたことに後悔します。

そして取った行動が、自分の身体を犠牲にしてでも昴流に生きてほしい一心でかけたです。

引き換えに北都は死んでしまいますが、向こうから昴流のことを見ていることでしょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

アニメの基本。絶対、お得。