アニメ

【転スラ】ラーゼンは最後死亡するのか?ユニークスキルについても

大人気異世界アニメ「転生したらスライムだった件」略して「転スラ」。

アニメ2期に出てくる、敵国のラーゼンが人間の割りに強いと話題です。

どんなスキルで、ユニークスキルもあるのか?

敵だったら最後は死亡するのか?

今回の記事では、転スラ2期最初の敵であるファルムス王国のラーゼンについて掘り下げてみました。

【転スラ】ラーゼンとは

ラーゼンはリムルが治めるテンペストから遠くない位置にある国:ファルムス王国の魔術師です。

ちなみに位は「宮廷魔術師長」なのでかなりの権威を持っているようですね。

ついた二つ名は「ファルムスの守護者」と言われているところを見ると、相当の実力者であることもうかがえます。

そしてこのラーゼン、実は数百年も生きている生き字引のような存在です。

一介の人間がなぜそんなにも長生きできるのか?

それは、彼が魔術師だからです。

ラーゼンはもともとファルムス王国の国力・軍事力アップのために魔術を使って異世界人を召喚していました。

そのついでに、年老いた体から乗り換えるための新たな器を異世界から召喚していたのです。

 

それを可能にするスキルが、大秘術とされる「憑依転生(ポゼッション)」

これは他人の体へ憑依できるという魔術です。

よさそうな器(体)を見つけてはその器へ憑依して何百年と生きてきました。

その間も、ファルムス王国を陰ひなたから支えてきたのです。

ちなみにラーゼンはもともとの原作である「小説家になろう」版では登場していない、後からできたキャラクターでもあります。

【転スラ】ラーゼンのユニークスキル技能力

ラーゼンは大秘術である「憑依転生」以外にも以下のようなスキルがあります。

 

罠魔法:精神破壊(メタルクラッシュ)は、幻覚魔法の一種。

精神体と星幽霊を攻撃することができます。

 

核撃魔法:熱収束砲(ニュークリアカノン)は、元素魔法のひとつ。

威力は元素魔法の中では最強と名高い技。超高熱線を発射します。

何百年も生きながらえて、敵の精神を破壊できて、熱光線まで発射できるなんて、人間としてはかなり強い部類だということが分かりますね。

【転スラ】ラーゼンはハクロウと対峙する(2期/14巻)

人間としては強い部類の大魔術師:ラーゼン。

そんなラーゼンがまず対峙したのが、テンペストの大剣士であるハクロウです。

その場面は、ファルムス王国がテンペストへ侵攻を開始した際にやってきます。

ファルムス王国で召喚された異世界人のシュウゴ・ダグチ(田口省吾)が、テンペスト陣営のハクロウ率いるメンバーにボコられていたのを助けに入ったのがラーゼンでした。

そして助けるだけでなく、追撃しようとするオーク族のゲルドに対して瞬時に罠魔法まで仕込むという手練れさを発揮します。

ラーゼンはシュウゴを連れて一旦引くときに、ハクロウからこのように通告されます。

「主らはやりすぎた。決して怒らせてはならぬお方を激怒させた。」

後にラーゼンはこの言葉を、身に染みて痛感することになるのです。

【転スラ】ラーゼンは死亡した?フォルゲンの前で倒れたラーゼン!

ショウゴを連れ帰ったラーゼンは、ファルムス王国騎士団長であるフォルゲンと合流します。

なんやかんやあって、ラーゼンは倒れてしまいます。

なんやかんやって…一体何があった!

大丈夫です、死亡したわけではありません。

ラーゼンは大秘術「憑依転生」を使ったのです。

思いのほかテンペストの魔物たちが強敵だったので、ショウゴは戦意喪失しました。

使い物にならないと判断したラーゼンは、自身のスキル「精神破壊」でショウゴの精神体を壊します。

そのうえでショウゴの体へと乗り換えたのです。

若い体ゲットの瞬間でした。

【転スラ】ラーゼンは死亡した?ショウゴの体の中でリムルに攻撃される!

ショウゴという若い体を手に入れたラーゼンは、フォルゲンとともにファルムス国王のもとへ向かいました。

王と一緒にいた西方教会の大司教は、リムルたちの攻撃にビビりまくっています。

ラーゼンは二人を逃がそうと策を講じますが、そんな時にリムルが登場します。

リムルは、異世界人であったショウゴの体をしたラーゼンを見て、テンペストを襲撃した者だと認識。

ラーゼンは誤解だと、中身は魔導士ラーゼンだと説明するも、どちらにしろリムルの敵には違いないので、瞬激されます。

リムルがヒナタとの戦いでヒントを得て開発した必殺技「神之怒(メギド)」のレーザー光線で、ラーゼンは頭と左胸を貫かれてしまい、その場に倒れました。

【転スラ】ラーゼンはリムルの「心無者」で死亡した?

リムルのレーザー光線を撃たれたラーゼンでしたが、今の器であるショウゴが生前ゲットしたスキル「生存者(イキルモノ)」のおかげでなんとか生きていました

そんな折に発動したリムルの「心無者(ムジヒナルモノ)」は、さらにラーゼンを追い詰めます。

「心無者」はリムルの前で心が折れたら死ぬというハチャメチャなスキルです。

たいていの人間は、リムルの攻撃に心がバッキバキにおられていたので、ほぼ死亡していたのですが、ラーゼンは持ち前の「生存者」スキルで生き残ってしまいます。

しぶといですね。

リムルはこのことに気づいていますが、捕まえる前にリムルの「魔王への進化」が開始されてしまいます。

仕方ないのでリムルは、その場で悪魔を召喚。

その悪魔(後のディアブロ)にラーゼンを追いかけさせ、生け捕りにせよと命じるのでした。

【転スラ】ラーゼンは最後死亡したのか?

ネタバレですが、ラーゼンは生きています。

ディアブロに生け捕りにされて、なにやら拷問とかもされたっぽいですが、かろうじて生きています。

それもこれも、ラーゼンの「生存者」によるものが大きいでしょう。

しかし、この「生存者」も考え物ですね。

辛くても死ねない。

いっそ死んだ方がましな場面も多々あったでしょうに。

お気の毒です。

そしてネタバレですが、ラーゼンはこの後も生き残り続けるようです。

瓦解したファルムス王国立て直しのため尽力するとのことでした。

まとめ

ラーゼンは、「憑依転生」「精神破壊」「熱収束砲」等のスキルをもつ、人間としてはかなり強い部類の魔術師でした。

お得意の「憑依転生」で若い体をゲットし、生き残るための「生存者」スキルまでゲットしたけど、いっそリムルの最初の攻撃で安らかに死ねた方がラーゼンにとっては楽だったかもしれませんね。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

関連記事

  1. 【サイコパス3】土谷荒城が娘を失った暴動事件とは?槙島がこんな形で3期…

  2. 【進撃の巨人】ジークとエレンが接触しなかった理由は?最後は結局どうなる…

  3. アニメ「私能力は平均値で」全話のフル動画を無料視聴する方法!見逃し動画…

  4. 【ひぐらしのなく頃に】注射器の中身は何?行方や真相についても

  5. 【ゴッドオブハイスクール】鼻と耳が赤い理由は何?韓国原作であることにつ…

  6. 【超人高校生】アニメ第6話ネタバレと感想!司がリルルの膝枕で寝た!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最近の記事

  1. アニメ

  2. アニメ

  3. アニメ

  4. アニメ

  5. アニメ

PAGE TOP