【SAO】ヴァサゴの過去が辛い!生い立ちや両親についてネタバレ!

アニメ第17話でヴァサゴの過去のお話が登場しましたが、アニメでは語られなかった原作の詳細についてまとめてみましたよ。

 

【SAOシリーズ】の動画を無料で見よう!
お勧めの動画配信サービスU-NEXT
無料期間31日間
動画配信数★★★★★
アプリの評判★★★★★
無料期間終了後の料金月額1,990円(税抜き)
U-NEXTで無料で見れる関連作品第1期、第2期、「アリシゼーション」「アリシゼーションWoU」、スピンオフ「ガンゲイルオンライン」、OVA「Extra Edition」
U-NEXTは無料登録した瞬間からお得です!!

≪U-NEXTで無料で見る手順≫

 

  1. U-NEXTの31日間無料お試し体験に登録。
  2. U-NEXTでアニメ「SAOシリーズ」を無料で見る。

※ U-NEXTの付与ポイントを使って漫画を購入すると最安値になるよ。

※継続しないなら、無料期間中に忘れずに解約しよう!無料期間中に解約すれば、料金はかからない!!

【SAO】ヴァサゴとは

ヴァサゴとは、ガブリエル・ミラーの部下としてラースに侵入し、キリトをいじめているおじさんです。

顔には青い傷があり、悪魔そのものであるようなキャラクター。

初期のソードアート・オンラインから登場していましたが、アリシゼーションWar of Underworld編まで謎めいた人物でした。

しかし、彼の素性がアニメ第17話で明かされたのです。

 

でも、原作ほど詳しくアニメ化されていなかったので、今回は原作にあったヴァサゴの情報をまとめてみました。

 

【SAO】ヴァサゴの過去が辛い!生い立ちや両親についてネタバレ!

ヴァサゴ、生き様からして、辛い過去があったんだろうなと想像できなくもないほどの悪役キャラクターですが、ヴァサゴを見る目が変わるほど、辛い過去を経験していました。

 

ヴァサゴの両親

ヴァサゴの母親は、ヒスパニック系(スペイン)の出身。

そして、ヴァサゴの父親は、日系でした。

2人の関係は、愛あるものではなかったようで、ヴァサゴの母親と父親は別々に暮らしていましたね。

 

ヴァサゴは、望まれて生まれた子ではなかったのです。

ヴァサゴの父親は、ヴァサゴの母親のことをお金で買いました。

しかし、計算外に子供を身ごもってしまい、その子がヴァサゴだったようです。

 

ヴァサゴの母親は、ヴァサゴをおろしたかったようなのですが、ヴァサゴの父親が産むように命じたため、母親はヴァサゴを産むに至ったようです。

だから、ヴァサゴの母親は、ヴァサゴを産む前も、産んだ後も、憎き男の子供ということで、ヴァサゴを憎んでいたようです。

 

ヴァサゴを産ませた父親は、産ませたからといってヴァサゴを愛したわけではなく、ほとんどかまうことはなかったのだとか。

そして、久しぶりに父親に呼ばれたかと思ったら、異母兄弟の臓器(腎臓)のドナーとなることを、ヴァサゴの母親に仕送りをするという条件付きで提示したのでした。

ヴァサゴを産ませた時から、ヴァサゴを臓器ドナーにすることを計画していたのですね。

 

ヴァサゴが父親からもらったものは、日本語が話せるというスキルだけなんだとか。

 

ヴァサゴという名前の由来

「ヴァサゴ」という名前の由来は、「悪魔の名前」なのです。

初めからヴァサゴの母親は、ヴァサゴを悪魔の子と認識しており、「悪魔の子」という名前を付けたかったのだそうです。

きっと、ヴァサゴの父親を悪魔と思っているからでしょう。

 

でも、アメリカでは、子供に不利益となる名前(「悪魔」のような)は、申請の際に却下されてしまいます。

なので、「地獄の王子」という意味を持つ「ヴァサゴ」という名前を名付けたのでした。

お役所は、「ヴァサゴ」が悪魔に関する名前だとは気がつかなかったようで、申請は受理されたそうです。

 

ヴァサゴの生い立ち

ヴァサゴは、サンフランシスコのスラム街で生きていました。

しかし、父親の異母兄弟に臓器を提供する代わりに、日本に移住することを条件としたようです。

その理由は、スラム街に住んでいても、明るい未来は見えないし、日本で一からやり直したかったから。

ヴァサゴの父親は条件をのみ、ヴァサゴは晴れて日本で暮らすこととなりました。

 

しかし、日本での生活も、大して変わることはありませんでした。

国際養子縁組も手続きが厳格だし、例え通ったとしても、6歳以上の子供には在留資格が与えられません。

日本で生きていく権利を獲得できなかったヴァサゴは、日本でも裏社会を生きる羽目になったのです。

こういう挫折で、どんどん人格が歪んでいったのかもしれませんね。

 

アンダーワールドでのヴァサゴの仕事

ヴァサゴは、韓国系の犯罪組織で働くようになります。

暗殺者として教育されたヴァサゴは、5年間で殺人を繰り返しましたが、アンダーワールドの世界で殺人を犯すという仕事がやってきました。

現実世界で警備などが厳しくて近づけない人物に、仮想現実世界から接触するというものです。

 

多額の報酬を言い渡されたヴァサゴは、警察がほぼ押収していたナーヴギアを1つ盗むことに成功すると、本当にもらえるか分からない報酬のために働きだしました。

そして、ターゲットはもちろん、殺せる人は殺せるだけ殺したのです。

 

ヴァサゴのアンダーワールドへの想い

ヴァサゴは、アンダーワールドがとても気に入っていました。

現実世界から離れ、憎しみを解消することができる。

つまり、たくさん人を殺すことができるアンダーワールドは、楽しくて仕方がなかったようです。

 

スポンサーリンク

まとめ

今までヴァサゴを敵だと思って見てきましたが、本当は可哀そうな人かもしれませんね。

だからといって、キリトを傷つけていいわけがありませんが、本当は無意識にキリトに助けを求めているのかもしれないなと思いました。

 

スポンサーリンク
アニメの基本。絶対、お得。