SAOアリシゼーションWoU

【SAO】キリトの廃人はいつまで?心神喪失状態からの復活について

SAOアリシゼーション人界編の最後でフラクトライトが焼かれる寸前になり、心神喪失状態になったキリト。

大戦編前半の全12話では車いすに乗り、しゃべることも動くことも表情を変えることさえもしませんでした。

唯一、補給部隊天幕でティーゼとロニエが襲われたときに守りたい気持ちが溢れる震えがあるだけでした。

 

そんなキリトはいつ復活して、そして主人公としての役目を果たす時が来るのか気になるところです。

大戦編後半(2020年7月放送予定)のネタバレも含めながら考察していきたいと思います。

 

【SAOシリーズ】の動画を無料で見よう!
お勧めの動画配信サービスU-NEXT
無料期間31日間
動画配信数★★★★★
アプリの評判★★★★★
無料期間終了後の料金月額1,990円(税抜き)
U-NEXTで無料で見れる関連作品第1期、第2期、「アリシゼーション」「アリシゼーションWoU」、スピンオフ「ガンゲイルオンライン」、OVA「Extra Edition」
U-NEXTは無料登録した瞬間からお得です!!

≪U-NEXTで無料で見る手順≫

 

  1. U-NEXTの31日間無料お試し体験に登録。
  2. U-NEXTでアニメ「SAOシリーズ」を無料で見る。

※ U-NEXTの付与ポイントを使って漫画を購入すると最安値になるよ。

※継続しないなら、無料期間中に忘れずに解約しよう!無料期間中に解約すれば、料金はかからない!!

 

【SAO】キリトの心神喪失(廃人)状態はなぜ起こったのか

禁忌目録に疑問を抱き、禁忌を犯した罪で収容されたセントラル・カセドラルで脱走し、アドミニストレーターのいる最上階をユージオと目指したキリト。

ユージオの捨て身の攻撃の甲斐もあり、アドミニストレーターを倒すことが出来ました。

しかしながら、ユージオは助かることはなく、消失してしまいました。

そのショックでふさぎ込んで、思考回路が止まってしまっているようにアンダーワールドでは思われます。

 

しかし、現実世界ではもっと大変な問題でした。

 

まず、キリトの目的はアドミニストレーターの討伐以外に外部との連絡手段である、セントラルカセドラルの連絡コンソールを手に入れることでした。

本来、テスト中は現実世界の記憶を遮断して行われていたが、金本の薬液によってニューラルネットワークを損傷してしまい、治療のため、オーシャンタートルからアンダーワールドへダイブさせた際、記憶の遮断が行われず、2年もの間人口フラクトライトたちと触れ合ってしまいました。

そのためキリトは、研究が終われば消去されてしまう人口フラクトライトたちの保全を求めるため菊岡とコンタクトを取ろうとしていました。

 

アドミニストレーターを倒した後、キリトは連絡コンソールから現実世界に連絡を取ることに成功しましたが、その時に問題は起こりました。

ちょうどキリトが現実世界にコンタクトを取ったときには、オーシャンタートルが襲撃を受けているときでした。

 

ユージオを失ったキリトは自分を責めていました。

言い換えれば、自分で自分のフラクトライトを攻撃していました。

 

そのさなかでの現実とのコンタクトでしたが、そこで襲撃犯による主電源の切断が発生。

起こったショートにより発生したサージ電流がSTLの瞬間出力を活性化させました。

結果、キリトの自己破壊衝動は現実的なものになり、彼の自我を非活性化してしまったのです。

 

それにより、セルフイメージ回路を機能させなくなってしまったのでした。

だから、フラクトライトは無傷でも、自分はどうするかと考えるセルフイメージ回路が機能していないので、行動も、発言も、思考までもが出来ない状態になってしまっています。

 

要約すると、現実世界で主電源が切られたことでキリトがダイブしている機械に大きな電流が流れて、それにより仮想世界で自分を責めていた思考が現実世界にもつながり、その思考のせいで自分の中の自分の存在をすべて失くしてしまったことで、心神喪失状態になったって感じでしょうか?

これが、キリトが心神喪失状態となった本当の原因でした。

 

この話はSAOアリシゼーションWoU2話の後半で比嘉が10分ぐらい説明してくれていますので、気になる方は、アニメでも確認してみてください。

 

【SAO】キリトの廃人はいつまで?

キリトが復活するためにはフラクトライトが活性化するだけではなく、自我を確定しすることが必要となっています。

これにはまず、原因となったユージオの死を乗り越えなくてはいけません。

ユージオを失ってしまったことで、自分のせいだ、自分がいたから、自分がユージオを巻き込んだ、自分なんていなければ、自分が現れなければ、自分さえ存在しなければ…。

 

このような繰り返しがセルフイメージ回路を機能させなくしてしまったのだと思います。

自分の存在否定をすれば、自己像なんて確立することできませんからね。

 

原作ではこの状態は大戦編の終盤まで続きます

それほど大きな傷だったのだと思います。

 

【SAO】キリトの心神喪失状態からの復活ネタバレ

キリトは、現れたアスナ、シノン、リーファに会って、過去を思い出し、少しずつフラクトライトを活性化させ自我を見つけていきます。

そんな中ラフィンコフィンのPoHが現れ、アスナが危機的状況になります。

そこでユージオの記憶が流れ込んできます。

 

キリト「いいのか…ユージオ。俺は、もう一度、歩き始めても…いいのかな。」 

ユージオ「そうとも、キリト。たくさんの人達が、君を待ってるよ。さあ、行こう、一緒にどこまでも。」

 

そのユージオの言葉を受け、自我を確定、セルフイメージを持つことでキリトは復活します。

そして、青薔薇の剣と夜空の剣の二刀流でキリトは復活してPoHを撃破します。

とうとう、そして久々のキリトの二刀流の登場です!

 

二人の対話、言葉だけでなんか情景が出てきますね。

記憶の暗い世界の光が差し込んだ場所で二人が対峙してて…なんて感じでしょうか。

そして、久々に二刀流のキリトが動く。

アニメが楽しみです!


まとめ

以上、キリトが現在の状況になった理由と、復活のネタバレを書かせていただきました。

キリトの現状になった理由に関しては現実っぽい言い回しになっていますが、あくまでストーリー上の設定ですので、ご容赦ください。

書いていても、現実と混同しそうになるくらいでしたww

 

それがSAOのすごいところだと思います。

2020年7月からの放送予定なので、キリトの復活はたぶん8月後半くらいになるのではないかと想定しています。

皆さんで楽しみに待ちましょう。