約束のネバーランド

【約束のネバーランド】子供の両親は誰?食用児を産むことについても

実写化やアニメ二期がすでに決まっているほどの人気作品「約束のネバーランド」。

子供たちが主役のアニメといえど、あまりに大人の描写が無くて不思議に思ってました。

特に子供たちの両親が全く伏線でも出てこなかったですよね。

 

唯一出てきたのがレイだけ。

ですがこのレイの内容がとても衝撃的で鳥肌ものでした…

今回は子供たちの両親は誰なのか?ということと、食用として産むのをどう思っているのか考察していきたいと思います!

 

【約束のネバーランド】の動画を無料で見よう!
お勧めの動画配信サービスU-NEXT
無料期間31日間
動画配信数★★★★★
アプリの評判★★★★★
無料期間終了後の料金月額1,990円(税抜き)
U-NEXTは無料登録した瞬間からお得です!!

≪U-NEXTで無料で見る手順≫

 

  1. U-NEXTの31日間無料お試し体験に登録。
  2. U-NEXTでアニメ「約束のネバーランド」を無料で見る。

※ U-NEXTの付与ポイントを使って漫画を購入すると無料になるよ。

※継続しないなら、無料期間中に忘れずに解約しよう!無料期間中に解約すれば、料金はかからない!

 

【約束のネバーランド】は子供達が主役の物語

出てくるキャラクタ―の9割が子供たちというくらい、約束のネバーランドは子供たちが主役となり、物語が進んでいきます。

ただ、出てくる子供たちが特殊な訓練を行われていて異様に頭が良い。

他にも身体能力も高かったりと、普通の大人と比べ物にならないくらい優秀な子供たち。

皆自分たちが孤児であると思ってきていたのですが、1話でまさかの自分たちが食用のために育てられていることを知ってしまった、エマ、ノーマン、レイを中心とした脱走計画が始まる物語ですね。

 

【約束のネバーランド】に登場する大人たちまとめ

大人たちは数人しか登場していなく、しかも全員が女性。

そして子供たち顔負けの異様な頭の良さが特徴的でした!

ここで、「約束のネバーランド」に登場した大人をおさらいしてみましょう!

 

ママ

イザベラ。

元食用として育てられていたが優秀さを認められママになる道を選んだ。

孤児院と偽り、食用に出荷する子供たちの監視役兼子供たちの育て親。

優しい孤児院のママを演じつつも、子供たちの耳につけた発信機で居場所を常に把握したり、隠し部屋にて本部に連絡を取っている。

 

ママ候補

代表的なのは、シスタークローネ。

ママの補佐役として派遣された女性。

補佐の時に、高い評価や実績を出せばママに出世することができる。

そのため子供たちの脱走計画を知り、子供たちの味方をしてイザベラを陥れて自分がママに昇格しようとしたが、結果的に鬼に殺されてしまう。

 

シスタークローネ以外にも、数人のママ候補がいると思われる。

 

グランマ

ママたちの上司にあたる女性。

描写がとても少ないのですが、8話のクローネとの会話で少しだけグランマの回想シーンが流れる。

それが幼いイザベラを諭す当時のママの姿だった。

この描写からグランマは元ママであり、昇格してグランマになったと考察できる。

 

人間の世界に住んでいる大人たち

エマたちがまだ知らない人間の世界に、もっと大人が住んでいる。

食用にされることがないので、大人まで成長できるのだろう。

中でも、物語の中心的な人物はウィリアムミネルヴァ。

エマたちに本を寄付している大人。

 

寄付した本の最後のページにある蔵書票に、円でモールス信号を書き子供たちに危険を教えてくれた。

本人の描写がないため現在生きているのかどのような状態なのかはわからない。

 

【約束のネバーランド】子供たちの母親は誰なのかを考察

子供を産むには必ず母親がいるはずですよね。

なのに最初まったく話がなかったのですが、最終話のイザベラの回想でたくさんの情報がちりばめられていました。

これをもとに色々と考察していこうと思います!

 

考察1:母親は全員ママ

最終話にてはっきりと分かったのですが、レイの母親はイザベラでした!

これにはとても驚きました…

 

レイには幼児期健忘が起こらない体質だったため、お腹の中でイザベラが口ずさんでいた歌を覚えていました。

その歌はイザベラが食用として育てられていた時に仲が良かった男の子が作った歌です。

そのため歌を知っているのはイザベラだけ。

なのにレイが歌っている。

このことでイザベラはレイが自分の子供だと知りました。

 

他の子供たちに関しては特に描写はなかったのですが、異様なほどの頭の良さはDNAからくるものなのではないかと思われます。

さらにイザベラの回想シーンで他のママ候補も妊娠していたため、他の子供たちもみんなママの子供なのではないかと思われます。

 

考察2:子供を産むだけの女性がいる

ママになれるのは相当優秀な女の子のみ、そしてその後ママとして子供たちを管理したりすることも考えると、産めたとしても1.2人くらいだと思います。

これだけだと子供たちの人数が足りないのではないでしょうか?

だとしたら子供を産むためだけに生き延びた、女の子もいるんじゃないでしょうか?

もしくはママになりきれなかった、ママ候補が子供を産むためだけに生かされているのでは?と思われます。

 

考察3:人身売買

外から人間用の服や生活品、食料も定期的に運ばれてくるのなら、外に生活している人間もいるはず。

ウィリアムミネルヴァという本を寄贈してくれる人間もいます。

だけどそれと同時に鬼という存在もいます。

鬼からしたら人間なんてすぐに殺せてしまえる存在。

 

ならば、鬼に殺されないため優秀な子供を肉親から引き離し、農園へと送ることで、鬼に対していけにえを捧げるような形で人間側の平和を保っているのでは?なんてことも考えられますね。

 

【約束のネバーランド】子供たちの父親は誰なのかを考察

今回まったくもって男性が登場しませんでした。

ここもとても違和感ありましたね。

子供が生まれるには男性も必ずいなければいけないのに…

ここでみんなの父親は誰なのか考察しようと思います!

 

考察1:ママと同様に食用から生き延びた男の子

10話は涙なしでは見れなかったですね…そんな10話にとても気になることが!

1話でエマとノーマンが見たときにはトラックの中に出荷された女の子が倒れていました。

ノーマンも出荷されるとわかっていたため、最初トラックに近づきましたがイザベラに横の扉へと案内されます。

その扉が開いた時、とても明るい部屋があるような描写だったのと、冷静ですでに殺されることを受け入れていたノーマンが驚きと戸惑いの表情をしていました。

 

この後すぐに殺されるのであれば、暗い部屋の演出にしそうですし、冷静なノーマンが恐怖ではなく戸惑った表情をしたのは、殺されると思っていたのに殺されない。

ということに驚いたのでは?と思います。

つまり、食用の子供を産む為に、生かされる男の子もいるのかもしれません。

ノーマンがそうかどうかは分かりませんが…。

 

考察2:父親は生きていない

徹底して他の男性が出なかったのは、もうすでに男性が生きていないのでは?と考えました。

ですが男性なしでは子供は生まれないため、あらかじめ優秀な男性の種を保管しておいて、その男性は殺されてしまったのではないかと思います。

人工授精はリアルでも行われていますし、種の保管も可能となっているため、無謀な話ではないのかなと思いますが、なぜ男性が殺されないといけないのか?という点においては腑に落ちないところもあります。

 

考察3:人身売買

母親の時にも同じことを書きましたが、鬼との共存、あるいは殺されないために、いけにえとして自分たちの子供を差し出している可能性もあります。

話の中でもそこまで高度な精密機械や突拍子もない機械などが出てきていないため、そこまで文明的に発展していないのではないかと思います。

そうなると抵抗するすべもなく鬼に殺されないよう、要求を呑んで平和を保っているのでは?という気もします。

 

【約束のネバーランド】子供たちの母親は子供を食用児として産むことをどう思っているのか考察

何か理由があっても自分のお腹を痛めてまで産んだ子供ですからね…

でも抵抗できないほどの絶対的な力を持つ鬼という存在。

この状態で母親たちは何を思っているのか考察していこうと思います!

 

考察1:生きていくためには仕方がない

これが一番リアルに近いのかなと思います。

食用として育てられていたところから何とか生き延びて、自分が生きるためならば何を犠牲にしても生き延びたいと思うのが普通の心理だと思います。

実際イザベラが妊娠しているシーンでは目にハイライトもなくボロボロの状態でお腹をさすっていました。

もし悲しいなど他の感情があったならば、あそこまで気力のない描写にはしないのでは?と思います。

 

考察2:同じ運命になることを悲しく思っている

最終話のイザベラ回想シーンで、レイがイザベラの子供だとわかった時のイザベラの表情がなんとも言えない表情でした。

自分の子供に会えてうれしいような、それでもこの農園にいることがわかって悲しいような苦しいような、泣きそうな表情をしていました。

レイから「なんで僕を産んだの?」と聞かれ、イザベラは「生きていくためよ」と答えましたが、イザベラは自分自身の感情を押し殺したのではと思っています。

 

それは最後、エマやレイたちが無事イザベラから逃げた後、イザベラはほっとしたような顔をして「行ってらっしゃい」とつぶやいていました。

昔自分は逃げられなかったけど、エマたちはもしかしたら逃げ延びることができるのかもしれないと思い、同じ運命をたどらなかったことで安堵しているのでは?と思います。

なので、自分と同じ食用の運命を背負った子供を産むのは、辛いと感じると私は思います。

 

まとめ

まだまだ伏線もたくさん残ってる状態で終わった一期でした!

逃げたエマたちがどうなるのか、外の世界はどうなっているのか、ノーマンはどうなってしまったのか、何度見ても面白くて続きが気になってしまいます…

原作はついに完結しましたね!

約束のネバーランド二期は2021年1月放送のようなので楽しみに放送を待っていたいと思います!

最後まで見ていただきありがとうございました!