アニメの考察・感想・ネタバレ

ルパン三世の黄色の車の車種や名前は?値段や実際の雰囲気についても

ルパン三世の3D版の公開が決まり、あいかわらず魅力的な黄色い車ですが、今回は、黄色い車の名前や車種、値段や、実際の車が街に溶け込む様子などについてまとめてみました。

ルパン三世の黄色の車の名前

ルパン三世が乗っている黄色い車の正式名称は、「FIAT NUOVA 500」です。

フィアットとは、イタリアの自動車メーカーの名前です。

 

ルパン三世が乗っているタイプの黄色い車は、1957年から1977年の間に生産された、フィアットの2代目で、「新フィアット500」と呼ばれています。

また、「500」という数字は、イタリア語で「チンクエチェント」というので、「フィアット・チンクエチェント」と呼ばれることもあります。

 

ルパン三世が乗っている黄色い車の型は「フィアット500F」で、たくさん生産されているので手に入れやすいようです。

 

ルパン三世の黄色の車の値段

ルパン三世の黄色い車のお値段は、だいたい100万円前後だそうです。

2011年頃に価格が大きく上昇しましたが、現在は、ちゃんと乗れる程度のコンディションで、アメリカ相場99万6千円ぐらいに留まっているようです。

 

日本では、フィアット・チンクエチェントは、中古で質を考えなければ、50万円以下で販売されていることもあるようですが、古い車なので、自分で直すとなると、相当お金がかかってしまうのだとか。

また、だいぶいい状態のフィアット・チンクエチェントを買うとなると、200~250万円くらいすると言われていますが、やはり、乗れる中古となると、100万円ちょっとが相場のようです。

 

ルパン三世の黄色い車の歴史

モンキー・パンチこと加藤一彦さんの原作には、実は黄色い車はフィアット・チンクエチェントとしては描かれていませんでした。

しかし、アニメ化された時にフィアット・チンクエチェントが採用されました。

理由は、作画監督の大塚康生さんがフィアット・チンクエチェントに乗っていたから。

それを見た宮崎駿監督が、アニメ版のルパン三世の愛用する車にしたのでした。

 

 

そして、今回ルパン三世の最新作、3D版の絵がこちらです。

 

ルパン三世の黄色の車に乗っている人

ルパン三世のトレードマークとも言える黄色い車ですが、実際に乗っている人はいるのでしょうか?

乗っているのだとしたら、違和感はあるのでしょうか?

実際に乗っている人の写真を集めてみました。

実際に街中を走っているルパン三世の黄色い車は、違和感があるどころか、ものすごくかっこいいですね。

 

ルパン三世の黄色の車のCG

最新のCG版の映画「ルパン三世 The first」の公開が決まりましたが、公式よりも先にルパン三世の黄色の車をCG化していた人が、海外にいたので、ついでにご紹介しておきます。

彼は、学校の課題が「3Dアートで車をモデリングする」というものだったので、ルパン三世の黄色い車をモデリングした3Dを作ったそうです。

まとめ

ルパン三世の黄色い車は、ルパン三世の人気がある限り、愛され続けると言っても過言ではないようですね。

国内外共に、「ルパン三世の車だ!」と感激されているフィアット・チンクエチェントなのでした。

アニメの基本。絶対、お得。