【ひぐらしのなく頃に】レナの過去をネタバレ!茨城の事件についても

真実が分かるまで恐怖の「ひぐらしのなく頃に」。

今回は、レナの過去や、茨城での事件についてネタバレ解説したいと思います。

 

【ひぐらしのなく頃にシリーズ】の動画を無料で見よう!
お勧めの動画配信サービスU-NEXT
無料期間31日間
動画配信数★★★★★
アプリの評判★★★★★
無料期間終了後の料金月額1,990円(税抜き)
U-NEXTで無料で見れる関連作品第1期、第2期「解」、OVA「礼」「煌」、第3期「業」、実写×2
U-NEXTは無料登録した瞬間からお得です!!

≪U-NEXTで無料で見る手順≫

 

  1. U-NEXTの31日間無料お試し体験に登録。
  2. U-NEXTでアニメ「ひぐらしのなく頃にシリーズ」を無料で見る。

※ U-NEXTの付与ポイントを使って漫画を購入すると無料になるよ。

※継続しないなら、無料期間中に忘れずに解約しよう!無料期間中に解約すれば、料金はかからない!

 

【ひぐらしのなく頃に】レナとは

©2020竜騎士07/ひぐらしのなく頃に製作委員会
引用元:「ひぐらしのなく頃に」公式サイトより

本名は竜宮玲奈。

生年月日に関して明確な設定資料などはありません。

ただ、昭和58年(1981年)当時中学2年生なので、13歳(満14歳)です。

作中では主に綿流しの日(6月19日)までが描かれていることから、1968年7月生まれであるとことまでは推察できます。

 

CV(キャラクターボイス)は中原麻衣。

「ひぐらしのなく頃に」の正ヒロイン(鬼隠し編より)と呼ばれることが多いです。

 

レナと作中で名乗っている理由は、幼い時の実母が不倫相手との子供を妊娠したことがきっかけで離婚したことが関係しています。

それを機にいやなことを忘れようと雛見沢に帰ってからは、いやなことの「イ」を取り、「レイナ」→「レナ」と自称し友達や他人にもそう呼ばせています。

正直こじつけで作者が考えたものかと問われると定かではありません。

また、このタイミングで、当時竜宮レナが住んでいた茨城で、レナは事件を起こしています。

 

【ひぐらしのなく頃に】レナの過去「茨城の事件」とは

要約すると、竜宮レナが雛見沢症候群により引き起こした暴行器物損壊事件。

また雛見沢へ戻ってくるきっかけになった事件です。

 

雛見沢に戻ってきたのは、昭和57年(1980年)と作中に明記されており、実際に事件が起こった際の描写で昭和58年と同様の制服を着用していることから、当時中学1年生だったと思われます。

つまり雛見沢に戻ってきた昭和57年に事件を起こしたとみて間違いないでしょう。

例外として当時の時代を考えると考えにくい話ではありますが、学生服のある小学校に通っていた可能性がないとも言えません。

 

根拠としては、竜宮レナの両親の離婚の際に、母親側が多額の慰謝料を父親サイドに支払った(罪滅ぼし編より)経緯があります。

つまり職業柄医療従事者だったこともあり、裕福な家庭であったことから制服のある私立に通っていたとしても何ら不思議ではないですね。

 

レナは過去に学校の窓ガラスを割っていた!

茨城の事件で竜宮レナが行った行為は2つあります。

その1つが器物損壊、窓ガラスをバットで破壊して回ったことです。

具体的に何枚、どのレベルで割って回ったのか原作には明記されていません。

アニメ版の描写だと窓ガラスのほとんどが枠からなくなっているのが分かります。

 

大の成人男性であったとしてもこのレベルで窓ガラスを粉砕するのには、5回以上の殴打が必要です。

ちなみに、2017年には隣の栃木県でこの事件を模倣した事件も起こりました。

 

レナは過去に男子生徒を3人バットで殴っていた!

そして、もう1つの事件が男子生徒3人への暴行事件です。

仲が良かったとの記載がある男子生徒3人の容態は、作中では明確に記載されていません。

ただバットで殴るとなると、現実の事件の判例から見ると頭から上が殴打の箇所の場合、重傷以上であるケースが非常に多いでしょう。

 

この部分に関しては、明確な描写がなく暴行のレベルが見えてこないので憶測の域を出ることができません。

なお、上記2つの事件は同日に起こしたものです。

 

【ひぐらしのなく頃に】レナが茨城の事件を起こした原因とは

原因と考えられるのは大きく2つのパターンがあります。

1つ目は性的な暴行が引き金になっているパターン。

2つ目は雛見沢症候群が発症したパターン。

 

1つ目の詳細としては、被害者が男子生徒3人、そして竜宮レナが事件を起こしたという現場状況から、ドラマや漫画といったものの定番から推察すると…性的暴行が行われたことに対する復讐では?と考察するパターンです。

これはファンの間でも話題になったものでした。

 

2つ目は、両親の離婚という過度なストレスを引き金に発症した通称オヤシロ様の祟りのよる暴走です。

なお、その事件で竜宮レナ医者から受けた診断結果は「自律神経失調症」でした。

 

その後、カウンセリング受けるようになり、カウンセリングを受ける中で「オヤシロ様」のお告げを受けてそれに従い雛見沢へ戻ってきた。

この事件に関しては、のちに発表されるスピンオフ作品「ひぐらしのなく頃に祭」と「ひぐらしのなく頃に絆」で、大石蔵人刑事が性的暴行があった事実は調査の結果なかったと断定している為、後者のパターン2であったと考えるのが妥当でしょう。

 

スポンサーリンク

【ひぐらしのなく頃に】レナの出身は茨城なの?

結論から記載すると、レナの出身は茨城ではない可能性が極めて高いです。

絶対と断言できないのは、小学校に上がるタイミングで母親の都合で転勤という描写が作中にはあるということ。

元々雛見沢に住んでいた可能性が高いです。

 

ただ、そもそも出身の定義が生まれた場所なのか?それとも幼少期に長く過ごした場所なのか?この部分をどう定義するのかがポイントになるでしょう。

そして雛見沢を離れたきっかけというのが、母親の仕事の都合でと記述があります。

その後、母親の浮気がきっかけで両親は離婚。

父親と同居している描写があるため、父親が雛見沢の出身であるという事実は比較的堅いと思います。

 

ですが、母親に関しては離婚後の動向が描かれてないため、出身が茨城である可能性があります。

それに伴い、出産のために里帰りという形で茨城に帰省した際に、茨城で出生している可能性は0ではないので、出身が茨城である可能性が限りなく低いけれど、考えうるとも言えますね。

 

まとめ

ひぐらしのなく頃にヒロインである竜宮玲奈が竜宮レナと名乗るのは、両親の離婚がきっかけでした。

そして、レナが雛見沢症候群を発症し茨城で起こした器物損壊と同級生男子3人への暴行事件が関係していたのでした。

 

スポンサーリンク
アニメの基本。絶対、お得。