アニメ

【ゴールデンカムイ】鶴見のおでこ・頭はどうしたの?かっこいいし良い奴な魅力についても

近年の「歴史冒険アニメ」カテゴリ独占中のゴールデンカムイのアニメ3期放送がすこしずつ近づいてますね。

 

ゴールデンカムイといえば、一応いまのところ敵役である第七師団の鶴見中尉が印象的ですよね?

おでこ部分の印象的なフォルムも気になるところです。

 

そこで今回の記事では、トリッキーでクレイジーな魅力を振りまく鶴見中尉にスポットを当ててみました。

変化球なキャラクターにみえて、実はカッコいい良い人という魅力にも触れることができますよ。

 

【ゴールデンカムイ】鶴見中尉とは

©野田サトル/集英社・ゴールデンカムイ製作委員会
引用元:「ゴールデンカムイ」公式サイトより

北海道・旭川を拠点とする大日本帝国陸軍「第七師団」。

ここに所属する中尉:鶴見篤四郎(つるみとくしろう)こと鶴見中尉は、歩兵第27部隊所属の小隊長であり、日露戦争においては広範囲の情報源から様々なデータを分析することに長けた「情報将校」でした。

 

インパクトのある出立と、奇抜な言動や残忍な行動が散見します。

ある時は食べていた団子の串で杉元の顔を串刺しにしてみたり…

またある時は上官の指を食いちぎってみたり…

またまたある時は同朋の耳を切り落としたり…

残忍さと無邪気さを併せ持っています。

 

しかし、時折見せるカッコよさや、意味不明なぐらい高いカリスマ性まで併せ持つ、まさに「クレイジーでトリッキー」という言葉がふさわしいキャラクターです。

まるで息をするように残忍な発言や行動をしてしまう理由は、どうやら額当ての奥に原因があるようですよ。

 

【ゴールデンカムイ】鶴見のおでこ・頭(顔)に何があったのか

ところで、鶴見中尉はなぜ額当てをしているのでしょうか?

 

実は鶴見中尉、過去に頭蓋骨の前頭部と大脳前頭葉の一部を失うという重症を負っています。

額当てはその欠損を補うためのもの。

なぜ、そんな重症を負うに至ったのでしょうか?

 

それはさかのぼること1905年、日露戦争最後の会戦である奉天会戦で出兵した際、頭部に砲弾の破片が直撃したのです。

 

【ゴールデンカムイ】鶴見のおでこ・頭から汁が流れてくることもある

過去の大けがが原因で前頭葉部分が欠損し、その傷の保護のために額当てを常に装着している鶴見中尉です。

この傷から、たまに何かしらの汁が出てくることもあります。

その原因は「興奮状態」のとき。

また、こすれたりしても汁が漏れてくるのだとか。

  

汁でカピカピになった額当ては、お風呂で洗うのだそうですよ。

 

【ゴールデンカムイ】鶴見のかっこいい魅力まとめ!

トリッキーな魅力たっぷりの鶴見中尉。

彼の魅力を5つにまとめてみました。

あなたが感じる魅力はあるでしょうか?

 

鶴見の魅力1:カリスマ性がある!

鶴見中尉はカリスマ性があります。

それも、ピンポイントに深く、それはまるで深淵のごとく深いカリスマ性です。

場合によっては、鶴見中尉のために命まで捧げてしまう人もいるのだとか。

 

彼の部下である鯉登音之進は、鶴見中尉のブロマイドを胸ポケットに忍ばせるぐらいの心酔っぷりであることは有名なお話です。

また、鶴見中尉の側近である月島基も鶴見中尉には従順です。

剥製工房の江渡貝弥作も鶴見中尉の魅力に憑りつかれた一人です。

 

他にも、特に若者世代が鶴見中尉に心酔してしまう傾向にあるようです。

もしかしたら、ゴールデンカムイ視聴者の若者も、鶴見中尉の魅力に憑りつかれた人がいるかもしれませんね。

 

鶴見の魅力2:時々言うことがかっこいい!

クレイジーでトリッキーな鶴見中尉は、残忍なイメージが強いですよね?

しかし、本質の部分はとってもカッコいいんですよ。

それを垣間見れる発言がこちら!

 

「我々の戦争はまだ終わっていない」

 

かつての日露戦争でロシアから賠償金も取れず、死闘を繰り広げて国のために戦ったのに勲章ももらえない。

そのうえ軍からも冷遇されて、生活もままならない部下や戦死者遺族を救うために、鶴見中尉は自ら立ち上がるのです。

 

それは北海道を拠点とした軍事政権を作るという計画です。

そうです、鶴見中尉の中では終戦を迎えてなどいないのです。

 

そしてその資金として、鶴見中尉が目を付けたのが「アイヌの金塊」だったのです。

自らの私利私欲ではなく、過去のくやしさやつらさ、そして何より部下や仲間を想い行動する鶴見中尉、サイコーにカッコいいですね(語彙力)。

 

鶴見の魅力3:頭がいい!

鶴見中尉はとにかく頭が切れます。

アイヌの金塊を狙う杉元や土方たちを翻弄させるために、偽の刺青人皮を作らせてみたり。

のっぺらぼうを巡って網走監獄へ乗り込んだ時は、その手際の良さに「出来る男」を感じたのはライターだけではないはずです。

さすが、隊を率いる長だなぁ…と思いませんか?

 

鶴見の魅力4:若かりし頃の鶴見がかっこいい!

鶴見中尉は若いころ、日本軍のスパイとしてロシアに潜入していた時期がありました。

 

「長谷川」と名乗ってロシアのウラジオストックで写真屋を営んでいたというのです。

その時の鶴見中尉は、物腰柔らかでたいそうカッコよかったといいます。

  

その模様は、ゴールデンカムイアニメ3期にて拝見することができるでしょう。

今から楽しみですね。

 

鶴見の魅力5:イケボ

鶴見中尉の声を担当されているのは、ベテラン有名声優の大塚芳忠さんです。

芳忠さんと言えば、「亜人」の佐藤、「銀魂」の阿伏兎、「NARUTO」の自来也など、様々なキャラクターを長年演じてこられたベテランイケボ声優さんです。

イケてるのはボイスだけじゃなく、演技力も魅力的です。

鶴見中尉の奇抜で残忍なキャラクターをここまで魅力的に魅せられるのは、芳忠さんの演技があってこその賜物なのです。

 

まとめ

いかがでしたか?

その立ち位置や言動でクレイジー枠を欲しいままに纏う鶴見中尉ですが、本質部分ではとても男らしくカッコいい、カリスマ溢れる軍人であることが分かりましたね。

ゴールデンカムイアニメ3期でも、愛にあふれたクレイジーでトリッキーな活躍を期待せずにはいられません。

関連記事

  1. 【SAO】菊岡誠二郎の目的は?正体や思想を分かりやすく解説!

  2. 【あひるの空】トビのモデル選手は?タトゥー・髪型やバッシュについても

  3. 【防振り】イベント一覧!内容や結果についても

  4. 【私能力は平均値で】アニメ第5話のネタバレと感想!マイルたちの過去が明…

  5. 【サイコパス3】アニメ第2話のネタバレと感想!狡噛慎也出たー!!

  6. 超電磁砲・インデックスの時系列と見る順番!ヒロインを追う順番も!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最近の記事

  1. アニメ

  2. アニメ

  3. アニメ

  4. アニメ

  5. アニメ

PAGE TOP