アニメ

アニメ【FGOバビロニア】エルキドゥは敵なの?正体を解説!

アニメ「FGO絶対魔獣戦線 バビロニア」の第2話で、マスターたちと戦うことになったエルキドゥですが、エルキドゥが本当に敵になったのか、これは偽物のエルキドゥなのか、気になるところですね。

今回は、エルキドゥが敵かどうか、その正体についてネタバレしていきます。

アニメ「Fate Grand Order絶対魔獣戦線バビロニア」の高画質フル動画を無料で安全に視聴することができます! 

詳しくはこちら↓

アニメ「FGOバビロニア」の全話フル動画を無料視聴する方法!動画配信比較も

アニメ【FGO絶対魔獣戦線バビロニア】エルキドゥは敵なのか

©TYPE-MOON / FGO7 ANIME PROJECT
引用元:「FGOバビロニア」公式サイトより

アニメの第1話で、マスターとマシュはエルキドゥと出会いました。

そして、第2話では、エルキドゥに案内されて、波止場に向かっているマスターたちでしたが、怪しい森の中へ連れられていくことになります。

森の中では、マリーンとアナとの出会いがあり、エルキドゥと名乗る人物を知った途端、エルキドゥは本性を現し、マスターたちと戦うことになりました。

 

エルキドゥは、とてもいい人そうなキャラクターでしたし、彼はギルガメッシュ王の親友だった人物なので、今回、敵になることを知って驚いた方も多いかと思います。

エルキドゥとギルガメッシュの関係は、こちら↓の記事を読むとよく分かります。

【FGO】エルキドゥの死因は?ギルガメッシュと辻褄が合わない理由も解説

 

アニメ「FGO絶対魔獣戦線バビロニア」では、第1話で出会ったエルキドゥは、マスターたちの敵となります。

実は、オープニングでも、エルキドゥが敵であることを示唆するような描写があります。

 

しかし、このエルキドゥの正体は、本物のエルキドゥなのでしょうか?

あの、ギルガメッシュと親友だった時のエルキドゥと同一人物なのでしょうか?

 

【FGO絶対魔獣戦線バビロニア】エルキドゥの正体

実は、マスターたちの敵となるエルキドゥは、本物のエルキドゥではありませんでした。

敵となるエルキドゥの正体は、キングゥという魔獣でした。

 

キングゥは、塩水の母神・ティアマトの七大魔獣のトップです。

キングゥは、本物のエルキドゥが死んだ後、墓場からエルキドゥの死体を奪って中に入ったので、体はエルキドゥのものなので、見た目がエルキドゥそのものです。

しかし、その実態は、エルキドゥとキングゥの要素が混ざる、新しい生命体なのでした。

 

しかも、第七特異点、つまり、「FGO絶対魔獣戦線 バビロニア」の黒幕であるようです。

キングゥは、聖杯の保有者であり、「人類のリセット」を計画しています。

これまでの人類史を根底から焼却することで、人類を滅亡に追いやろうとしていたのでした。

 

キングゥの正体がバレるまで

キングゥは、第七特異点に降り立ったばかりのマスターたちに、エルキドゥを装って近づきました。

そして、信用を得るために、わざと魔獣を追い払って見せています。

自分の人類滅亡計画の邪魔となるマスターとマシュを、森の中へ誘い出し、そこで彼らを抹殺するつもりでした。

 

しかし、運悪く、森の中でマーリンとアナに遭遇し、自分が本物のエルキドゥではないことをバラされてしまいます。

みんなまとめて攻撃することを始めたキングゥでしたが、魔術で夢を見せられ、マスターたちを抹殺することに失敗するのでした。

 

まとめ

エルキドゥが敵だと分かった第2話は、驚きましたね。

声もガラッと変わって、それまでのエルキドゥのイメージがガラッと変わりました。

FGO絶対魔獣戦線バビロニアに登場したエルキドゥは、エルキドゥの死体に入ったキングゥで、これからマスターたちと戦う敵だったのでした。

アニメ「Fate Grand Order絶対魔獣戦線バビロニア」の高画質フル動画を無料で安全に視聴することができます! 

詳しくはこちら↓

アニメ「FGOバビロニア」の全話フル動画を無料視聴する方法!動画配信比較も

関連記事

  1. 【SAO】キリトのことが好きなキャラ一覧!モテモテな恋愛関係まとめ!

  2. 【SAOアリシゼーションWoU】第4話のネタバレと感想!ベクタ最強の理…

  3. 【ビースターズ】アニメ第6話のネタバレと感想!ジュノとゴウヒンが登場!…

  4. 【イエスタデイをうたって】第7話までの動画を無料視聴できる動画配信サー…

  5. 【炎炎ノ消防隊】ナタク孫の能力は?アドラバーストが発動したことについて…

  6. 【ハイキュー】牛若が日向を嫌だという理由は?2人の共通点についても

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最近の記事

  1. アニメ

  2. アニメ

  3. アニメ

  4. アニメ

  5. アニメ

PAGE TOP