いろんなものを深く見る

美女と野獣のほうきの名前は?実写版のキャラクター設定が違う?

2019/08/12
 
この記事を書いている人 - WRITER -

美女と野獣に、魔法がかかったほうきが登場します。

このほうきは、アニメ版と実写版の両方に登場しますが、見た目も名前も変更されていました。

今回は、ほうきの名前と、キャラクタープロフィール、また、実写版映画でのほうきの変化についてまとめたいと思います。

美女と野獣に出てくるほうきキャラクター【アニメ版】

アニメ版の美女と野獣には、ほうきが登場しています。

このほうきは、実は羽ぼうき=はたきです。

彼女も野獣のお城に仕えている使用人の1人でしたが、他の者と同じように魔法がかけられています。

美女と野獣のほうきは実写版でキャラクターが変わっている?

美女と野獣の実写版では、アニメ版に比べると、姿かたちがかなり変わっています。

相当美しくグレードアップしていますね。

アニメ版と実写版の羽ほうき(はたき)が一致しない方もいるのではないでしょうか?

きっと、「お城を綺麗にしている羽ほうきなのだから」とより美しい姿に進化させたのでしょう。

魔法が解けて人間の姿に戻った羽ほうきも美しいです。

このように大きく改善されたほうきですが、アニメ版のほうきから実写版のほうきへと引き継がれた要素の1つ目は、はたきの柄の部分が木でできていること、そして、それが黒人女優が演じる理由となっていることです。

もう1つの共通している要素は、魅力的な唇です。

実写版で進化した羽ほうきは、どうやら白鳥をイメージした羽ほうきであるようです。

アニメ版のほうきよりも優雅さが出ています。

美女と野獣のほうきの名前は?

この美しく進化した羽ほうきは、実写版では名前まで進化していて、アニメ版と実写版では異なる名前がついています。

アニメ版では「フィフィ」という名前がついてます。

実は、最初は名前はついていなくて、「羽根ばたき(フェザーダスター)」とよばれていたのですが、美女と野獣の続編となった「美女と野獣 ベルの素敵なプレゼント」というクリスマスバージョンのホームビデオにて、フィフィという名前を付けられることになりました。

しかし、その後公開された実写版映画では、新たに「プリュメット」という名前が付けられています。

「プリュメット」という名前は、プルームという「羽飾り」という意味の言葉から来ています。

美女と野獣のほうきのプロフィール

実写版のプリュメットは、ルミエールの恋人です。

いたずら好きで、映画の中でルミエールにちょこちょこちょっかいを出している姿が描かれています。

また、嫉妬心も強いようで、人間の姿に戻ろうとして必死にベルを応援するルミエールを見て、ベルに気があると勘違いし、嫉妬している様子も見受けられます。

そんなおちゃめで生意気さがあるプリュメットですが、ダンスが得意で、映画の中でも美しいダンスを披露しています。

まとめ

美女と野獣に出てきたほうきは、アニメ版と実写版で驚くほど変化していました。

見た目も名前も変わっていたのですね。

実写版の人間は、イギリス出身のググ・バサ=ローという女優さんが演じていますが、とても可愛らしく美しい女優さんだなと思いました。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© 見る見るブログ , 2020 All Rights Reserved.