いろんなものを深く見る

【七つの大罪】バンの服はなぜ丈が短い?ボタンを閉めない理由も

2019/10/10
 
この記事を書いている人 - WRITER -

アニメ「七つの大罪」に登場する七人の大罪人の1人、バンは、いつも上下セットの赤い服を来ていますが、どうしてお腹が出ているのでしょうか?

また、前ボタンも閉めていない理由は何故なのでしょうか?

今回はバンの赤い服について深堀りしてみました。

【七つの大罪】バンの赤い服は第6話から

アニメ「七つの大罪」に登場する多くの登場人物たちは、基本的に同じ服をいつも着ています。

バンもその1人で、いつも上下セットの赤いスーツを着ています。

バンはその赤い服を、第1期「七つの大罪」でも、描き下ろしオリジナルストーリー「聖戦の予兆」でも、第3期「神々の逆鱗」でも着ています。

 

このバンの赤い上下セットの服ですが、アニメ第6話から着始めています。

バンは、アニメ第4話で初登場を果たしますが、バステ監獄に捕らえられているバンは、上半身裸で登場しています。

その後も、服を着ることにこだわりがないようで、第6話までずっと上半身裸でボロボロのパンツを履いていたのですが、第6話でようやくきちんと服を着ることになりました。

 

そして、手に入れた服が、これから着続けることになる赤いジャケットとパンツでした。

  

その後、バンはキングと戦ったことで、服がボロボロになって着れなくなってしまいます。

しかし、ラッキーなことに(?)第10話の喧嘩祭りで、偶然同じ赤い服を着ている男を見つけたバンは、また同じ赤い服を手に入れたのでした。

 

さらに、その後も、バンの服は何度も破れますが、バンは何度も人から同じ服を手に入れているのでした。

 

バンの服の丈が短い理由:前者が小さかったから

バンは、第6話で新しく赤い服を手に入れた訳ですが、丈が短すぎてお腹が出ています。

なぜ丈がそんなに短い服を着ているのでしょうか?

 

バンの着る服の丈が短い理由は、その赤い服をもともと着ていた人が、バンよりも小さいサイズの体だったからでした。

バンは通行人から赤い服を奪っていたのです。

 

アニメ第6話では、メリオダスがバンの新しい服について突っ込んでいます。

「その服どうしたの?」と聞くメリオダスに「王女の前で裸でいるわけにはいかねぇだろ」なんて言っているバンでしたが、メリオダスはさらに「服買うお金なんて持ってなかったろ」と突っ込みます。

「たまたま落ちてたんだよ」とバンは言いますが、実は通行人から奪っていたのですね。

  

その日、バンは上半身裸で夕暮れの街を歩いていました。

すると、通り過ぎた1人の男が「おい、見ろ。あいつ裸だぜ」と陰口を言っています。

その陰口を言った男こそ、バンが着ることになる赤い服を着ていた男なのでした。

 

赤い服を着ていた通行人の男には、その赤い服がぴったりで、お腹も出ていなかったので、お腹を出すデザインになっている訳ではないことが分かりますね。

バンはその通行人よりも身体が大きかったので、服の丈が短く、お腹が出てしまっているのでした。

※赤い服の腕の長さがバンに合っているということは、前者・通行人の腕が長かったのか?それともバンの腕の長さが短いのか?という疑問が浮上しますが、ここではそっとしていきます。

 

バンが服のボタンを閉めない理由を考察

さらに、バンは服の前ボタンを閉めていません。

ボタンを閉めない理由を考察してみました。

  1. 閉まらないから
  2. 基本的に、服が嫌いだから
  3. 刺激を感じたいから

考察1:閉まらないから

先程、バンの赤い服は、通行人から奪ったもので、サイズが基本的に小さいというお話をしましたが、バンが前ボタンを閉めない理由も、服が小さいからであると考えることができます。

バンは細いですが、意外と筋肉質ですからね。

少し動くと筋肉がムキムキして、ボタンを閉めてしまうと、苦しいというか心地が悪いのかなとも思います。

 

考察2:基本的に、服が嫌いだから

バンは基本的に、服に対するこだわりがありません。

赤い服を着る前も、通行人に裸であることを指摘されるまでは、自分で服をきていないことを気にもしていませんでしたし、服を探している様子もありませんでした。

とすると、服に対する執着心が薄いということになりますね。

服は着ない方が自然でいいけど、周りの人を気を使って服を着ているのかもしれません。

そのため、服を一応着ているけれど、自分的には服はあまり着たくないから、前ボタンを開けておくことで自由さを感じているのかもしれません。

 

考察3:刺激を感じたいから

バンは、不死身です。

死ぬことができないので、生きる喜びを感じることが難しく、刺激を感じるのが大好きです。

刺激を感じることでようやく生きていることを実感できるようで、団長のメリオダスに刺激を与えてもらえることをとても喜んでいます。

 

服とはそもそも、身を守る意味がありますね。

なので、もしかすると、バンにとって服とは、刺激を感じるのを邪魔するものなのではないでしょうか?

刺激というのは、戦いで受ける刺激のことだけではなく、例えば、風を感じたり、光や熱を感じたり、寒さを感じることも十分な刺激と言えます。

生きることの喜びを感じたいバンにとって刺激はとても価値あるものなので、刺激を少しでも感じるために、服の前ボタンを開けているのかもしれません。

まとめ

バンは第6話からその赤い服を着るようになり、丈が短くてお腹が出ている理由は、前に服を着ていた通行人の身体がバンよりも小さかったからなのでした。

また、前ボタンを閉めない理由は、①服が小さいから、②服が嫌いだから、③刺激を感じたいからという理由が考えられるのでした。

ちなみに、バンが着ていると、アクセントになっていてかっこいいですが、通行人が着ている姿は、似合わなかったです。

アニメ【七つの大罪】の1期、2期、3期などの過去作品全話を無料で視聴できます!

詳しくはこちら↓

アニメ「七つの大罪/神々の逆鱗」第8話までのフル動画を無料視聴する方法!見逃し動画配信比較についても

【七つの大罪の関連記事】

☆アニメ【七つの大罪】かっこいいシーンまとめ!メリオダスやバンの名場面も

☆【七つの大罪】死亡シーンまとめ!悲しい名場面を話数ごとに!

☆アニメ【七つの大罪】ゴウセルの面白いシーンまとめ!空気の読めない名言についても

☆アニメ【七つの大罪】泣ける・感動するシーンまとめ!名場面を振り返ろう!

☆アニメ【七つの大罪】面白いシーンまとめ!笑える話数別に紹介!

☆【七つの大罪】ギルサンダーとマーガレットの呪縛を解説!おまじないの意味についても

☆【七つの大罪】キングが枕を持つ理由は?霊槍シャスティフォルの10形態の種類を解説!

☆【七つの大罪】バンの服はなぜ丈が短い?ボタンを閉めない理由も

☆【七つの大罪】メリオダスと医者の毒や傷が治る理由は?ダナ先生がほぼ死亡から復活した経緯も

☆【七つの大罪】キャラクター相関図!人物設定や関係についても紹介

☆【七つの大罪】エリザベスが嫌い?嫌われる理由についてのまとめ

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© 見る見るブログ , 2019 All Rights Reserved.