いろんなものを深く見る

アニメ【七つの大罪】かっこいいシーンまとめ!メリオダスやバンの名場面も

2019/10/10
 
この記事を書いている人 - WRITER -
aaaa

アニメ「七つの大罪」のかっこいいシーンをまとめています。

メリオダスやバン、エリザベスやホークママ、また、ギルサンダーやハウザーとギーラのかっこいいシーンなど、話数ごとにまとめています。

アニメ【七つの大罪】かっこいいシーンまとめ

第5話:メリオダスが聖騎士ゴルギウスを見破るシーン

メリオダスは、バステ監獄に収容されているバンに会いに行くことになります。

メリオダスがバステ監獄に向かっていると聞いたウィアードファング(不気味な牙)の聖騎士ゴルギウスは、未然に防ごうとバステ監獄を出てメリオダスに攻撃をしかけていきます。

そして、メリオダスの前に姿を現した時には、自分の姿を消し、「瞬間移動ができる」と、ゴルギウスは言っていました。

 

しかし、本当は、ゴルギウスに瞬間移動はできず、ただ姿を消すことができているのでした。

メリオダスはホークからのヒント「匂いの筋」を得て、ゴルギウスの偽瞬間移動を見抜きます。

そして、わざと罠を仕掛けて、ゴルギウスを建物の最上階から落とすのでした。

 

自分の特技を見破られていることを知らないゴルギウスは、メリオダスの後ろに立ち「後ろですよ ヒヒヒ」と言いますが、メリオダスは「下ですよ ニシシ」と返し、ゴルギウスを見抜いていることを解説します。

このシーンを見ると、メリオダスの才知が働いてかっこいいな~と思います。

 

第6話:エリザベスが鈴を吐き捨てるシーン

アニメ第6話では、バステ監獄へ向かうメリオダスの行く手を阻もうと、ウィアードファング(不気味な牙)の聖騎士ルインがメリオダスとディアンヌに催眠をかけます。

2人は鈴の音を聴くと、お互いを聖騎士だと思いこんで戦い合ってしまうのですが、エリザベスはそれを見抜き、あえてルインの攻撃を受けることで、催眠の鈴を奪います。

そして、ルインが催眠の仕組みを明かしていると、エリザベスは既に知っていると言うかのように、口から鈴を吐き出すのですが、このシーンでまた、才知が働いてかっこいいなと思います。

 

第8話:エリザベスはキングに助けを求めない

死人の都にて、エレインとの再会を果たしたバンとキングでしたが、バンがメリオダスたちに参戦しに戻った後、ホークとエリザベスが転がってきます。

エレインにバンの誤解を解かれたキングが「助けてほしいのか」と聞くと、エリザベスは「キング様はお逃げください。でもこの槍をお借りします」と言います。

エリザベスに槍を使いこなせないことは分かっているのですが、槍を貸してくださいと真剣にお願いしているエリザベスが、かっこいいなと思えます。

「助けてください」とは言わなくても「一緒に戦ってください」って言いそうなところですよね。

 

第9話:メリオダスのフルカウンター

死人の都で、ギーラを圧倒するキングでしたが、詰めが甘く、ギーラに近距離で攻撃されそうになります。

ギーラは観察力や洞察力が鋭いので、普段は冷静に考えて攻撃を計画していますが、キングに追い詰められたギーラは、やや感情的にキングを攻撃しようとします。

そんなギーラのスキをついて出たメリオダスのフルカウンター。

ギーラは「しまった!」とでも言わんばかりに敗北してしまいますが、ギーラのスキを見逃さないメリオダスが、かっこいいなぁと惚れ惚れします。

 

第13話:ディアンヌの服を持って着るホークママ

けんか祭りの途中で、聖騎士ギーラとジェリコがメリオダスたちを倒しにやってきますが、きのこを食べて身体が小さくなっているディアンヌは、マルマスによる地割れに落ちてしまいます。

その後、なかなか地の底から戻ってこないディアンヌでしたが、ホークママがディアンヌの服を地割れのところに落とします。

ディアンヌが戻って来なかったのは、ディアンヌが地を落ちた時に、体のサイズを取り戻したことで、服を来てなかったからなんですね。

ホークママが服を持ってきた時、ホークママ、すごい~と感激しました。

 

第17話~18話:七つの大罪に味方するハウザーとギーラ

七つの大罪のディアンヌは、エリザベスを助けようと王都に乗り込み、ハウザーやギーラを含む聖騎士たちと戦うことになります。

ハウザーは、好意を寄せているディアンヌの正義の為に、自分のリーダー・騎士長であるドレファスやヘルブラムと戦うことを決意します。

そして、ギーラは自分の大事な弟のジーラを助けてくれたディアンヌの為に、聖騎士長たちに歯向かうことを決意しますが、このシーンを見ると、「流されないで自分の正義から大きな存在に疑問を持つってかっこいい!」となんだか嬉しくなります。

 

第20話:ヘンドリクセンと戦うギルサンダー

今までずっと呪縛のせいで、ヘンドリクセンの言いなりになってきたギルサンダーでしたが、第20話でメリオダスに呪縛を解いてもらったメリオダスは、「今まで一度だって仲間でいたことはない」と言い放ち、ヘンドリクセンに剣を向けます。

そして、呪縛を解いてくれたメリオダスに紳士的にお礼を言い、「後は僕にやらせていただけませんか?」と、父親の仇を討つために、ヘンドリクセンに攻撃を仕掛けていきます。

そんな紳士的で、戦うことを望まないギルサンダーが、おそらく人生初めて、戦うことの意味を見出したシーンに、ギルサンダーがかなりかっこよく見えます。

 

第22話:バン「親友なら殺してやれ」

ハーレクイン・キングには、ヘルブラムという妖精族の親友がいましたが、ヘルブラムはヘンドリクセンに死んだ身体を買われ、操られてしまいます。

本当のヘルブラムではないと知りつつも、見た目が親友ヘルブラムのままなので、なかなか殺すことができないキング。

しかし、バンはそんなキングに「親友ならさっさと殺してやれ」と言います。

 

バンは、割とストレートに物を言い、冷たい印象すら残しますが、実は物凄く仲間思いの優しいヤツで、淡白な言葉の裏にあるバンの温かい思いを考えると、バンのかっこよさが心に響きます。

 

第23話:メリオダスの強心

物語の終盤に入り、強敵ヘンドリクセンに立ち向かう聖騎士団や七つの大罪は、ヘンドリクセンの尋常じゃない攻撃力に、怯んでしまいます。

士気を失いつつある大勢の人々の様子が映し出されますが、メリオダスはその大勢の中のたった1人、ヘンドリクセンを倒すことを信じている男でした。

そんなメリオダス1人の心の強さに、皆は勇気づけられるのですが、このメリオダスの強い心が場の雰囲気を変えるシーンが、相当かっこ良いです。

 

まとめ

「七つの大罪」は、戦闘シーンでそれぞれのキャラクターの思いが見受けられ、それぞれの思いと痛みのために戦う姿がとてもかっこいいですよね。

それぞれのキャラクターの信じるものや、譲れないもの、そういったものが見れるシーンは、何度見ても励まされますし、かっこいいな~と余韻に浸りたくなります。

アニメ【七つの大罪】の1期、2期、3期などの過去作品全話を無料で視聴できます!

詳しくはこちら↓

アニメ「七つの大罪/神々の逆鱗」第5話までのフル動画を無料視聴する方法!見逃し動画配信比較についても

【七つの大罪の関連記事】

☆アニメ【七つの大罪】かっこいいシーンまとめ!メリオダスやバンの名場面も

☆【七つの大罪】死亡シーンまとめ!悲しい名場面を話数ごとに!

☆アニメ【七つの大罪】ゴウセルの面白いシーンまとめ!空気の読めない名言についても

☆アニメ【七つの大罪】泣ける・感動するシーンまとめ!名場面を振り返ろう!

☆アニメ【七つの大罪】面白いシーンまとめ!笑える話数別に紹介!

☆【七つの大罪】ギルサンダーとマーガレットの呪縛を解説!おまじないの意味についても

☆【七つの大罪】キングが枕を持つ理由は?霊槍シャスティフォルの10形態の種類を解説!

☆【七つの大罪】バンの服はなぜ丈が短い?ボタンを閉めない理由も

☆【七つの大罪】メリオダスと医者の毒や傷が治る理由は?ダナ先生がほぼ死亡から復活した経緯も

☆【七つの大罪】キャラクター相関図!人物設定や関係についても紹介

☆【七つの大罪】エリザベスが嫌い?嫌われる理由についてのまとめ

この記事を書いている人 - WRITER -
aaaa

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© 見る見るブログ , 2019 All Rights Reserved.