動画配信サービスって安全なの?普及した背景と今後についても

オンラインでアニメや映画の動画を視聴できるようになったのはとても便利なことですが、初めてだと「動画配信サービスって安全なの?」「ぼったくられない?」「ウィルスに感染しない?」などと、心配になることがありますよね。

この記事では、安全な動画配信サービスと危険な動画配信サービスについてお話したいと思います。

 

動画配信サービスは全て安全なの?

インターネット上には、たくさんの動画配信サイトがありますが、中にはしっかりした会社が運営していて安全な動画配信サービスサイトもあれば、誰が運営しているか分からない危険な動画配信サイトも存在しており、動画が見れるサイト全てが安全な訳ではありません

DVDショップやレンタルショップに足を運ぶこと無く、家でアニメや映画の動画を視聴できるのはとても便利ですが、危険なサイトで動画を見たばっかりに、パソコンやスマホがウィルスに感染するなどの問題が起きないように、気をつけたいものです。

 

安全な動画配信サービスサイト一覧

当サイトでご紹介している動画配信サービスは、全て大手が運営している安全な動画配信サービスです。

運営している会社を知れば、「あっ、この会社だったのかい!」と安心できると思うので、ご紹介していきます。

 

当サイトでご紹介している動画配信サービスを運営している会社情報一覧

動画配信サービス名運営元備考
U-NEXT 株式会社
U-NEXT
「GyaO NEXT」が新しくブランド化した映像配信サービスで、もともとはUSENの映像配信部門として設立され、独立した企業。
dアニメストア 株式会社ドコモ・アニメストア NTTドコモがKADOKAWAと戦略提携して設立した企業。
FOD フジテレビジョンFODは「フジテレビオンデマンド」の略。
Hulu HJホールディングス株式会社ロサンゼルスのウォルト・ディズニー・ダイレクト・トゥ・コンシューマー&インターナショナル傘下の企業。
Amazonプライム アマゾン・ドット・コム・インク言わずと知れたAmazon。
dTV エイベックス通信放送エイベックス通信放送が運営し、NTTドコモが提供する動画配信サービス。

 

上の表でご紹介した動画配信サービスは、当サイトでご紹介しているサービスですが、どこも大手が運営していますよね。

なので、会社としての信用もありますし、もし万が一悪質なサービスをするとその他の業績にも影響が出るでしょうから、私たちが嫌な思いをすることはほぼほぼしないと思います。

仮に何か問題があったとしても、お互い学んでいける関係となるのではないでしょうか。

 

動画配信サービスは簡単に解約させてもらえるの?

インターネット上に存在しているサイトの中には、会員登録を促して、解約させてくれない悪質な、もしくは気の利かないサイトも存在していますね。

今はもうそれほど多くはないと思いますが、それでも、「解約しづらかったらめんどくさいな」と感じますよね。

私は「会員登録」というだけでおっくうになってしまうタチなのですが、解約の仕方が分かりづらいとイラッときてしまうことがあります。

 

しかし、当サイトでご紹介している動画配信サービスは、登録と解約が簡単にできるサービスばかりです。

今どき、悪い噂や評価はインターネットでまたたく間に広がってしまいますから、企業もそれは心得ていると思います。

なので、当サイトでご紹介している動画配信サービスは、「解約」に関して悪質な印象が全くないどころか、簡単に解約できるところばかりです。

 

問題が起こったらどうしたらいいの?

当サイトでご紹介している動画配信サービスは、どこも安全に利用できるサービスですが、それでも、日々利用する中で、問題が起こる可能性はゼロではありません。

何か問題が起こった場合は、運営元に連絡すると、柔軟に対応してくれるはずです。

 

問題が起こった時の連絡先一覧

 

動画配信サービス名連絡先
U-NEXT ・お問い合わせフォーム
・カスタマーセンター
固定電話・携帯電話:0120-285-600 AM11:00~PM19:00
IP電話:0570-064-996 AM10:00~PM20:00
年中無休
dアニメストア ・お問い合わせフォーム(どれか1つ質問を選ぶとフォームにいけます)
・インフォメーションセンター
ドコモの携帯電話からの場合:151(無料)
一般電話などからの場合:0120-800-000
受付時間:受付時間:午前9時~午後8時
FOD ・お問い合わせフォーム
・サポートセンター
050-3033-2870(午前10時~午後10時)
Hulu ・お問い合わせフォーム
・カスタマーセンター
固定電話 0120-834-126(無料)
携帯電話 050-3851-3926(有料)
受付時間:10時〜21時 年中無休(1月1日を除く)
Amazonプライム ・お問い合わせチャット
・お問い合わせフォーム
・カスタマーサポート 0120-999-373
dTV ・お問い合わせフォーム
・インフォメーションセンター
ドコモ携帯電話から ☎️151
一般電話などから(他社携帯・PHS対応) ☎️0120-800-000

 

電話でも対応してもらえるのはありがたいですよね。

 

危険な動画配信サイトで視聴するとどうなるの?

一方、誰が運営しているのかもよく分からない危険な動画配信サイトで動画を見るとどうなるかについて少し触れておきたいと思います。

基本的に、無料お試し期間は抜きとして、月額料金を請求しない動画配信サイトは、著作権法における違法サイトと考えていいと思います。

通常、動画を見る場合は、動画や物語を作った人や制作会社、運営局にお金を支払う必要があります。

 

それらを月額料金、または動画の課金として永遠に請求してこない動画配信サイトは、何か他の方法で視聴者からお金を得ようとする可能性もあります。

また、目的がお金そのものでなくても、悪質な広告が掲載されていたり、ウィルス感染をする可能性もあったりします。

 

このように、違法な動画配信サイトはリスクが高いので、近づかないようにしましょう。

問題が起こっても、自分で解決できるかどうか疑問です。

 

動画配信サービスを利用していることが当たり前の時代に

NHK放送文化研究所によると、2015年に初めて、20代~60代までの層のテレビの視聴時間が減少したそうです。

しかし、動画を見る人の数が減ったのかというとそうではなく、テレビ番組を録画して見る人の数が増えたのだと言います。

つまり、「自分で好きな時に好きな番組を見る人」が増えたということですね。

 

昔は、テレビ局の方が決めた番組表通りに動画を見ることが基本でしたが、今ではお手軽な録画機能も普及し、自由に自分のタイミングで好きな動画を見る時代になったのです。

さらに、この時代背景とともに、「いつでも動画を配信している動画配信サービス」が成長し、わざわざ録画をする手間も省けるようになりました。

自分で録画すると、画質や音質が良くなかったり、テレビ放送に遅れがあったりするとうまく録画できなかったり、保存データがかさばるなどの問題もありましたが、動画配信サービスは全ての動画を美しく保存しており、24時間365日自分のタイミングで視聴することができます。

 

その便利さから、今では動画配信サービスを利用していることが当たり前になりつつある風習が広がっていると私は思います。

また、スマホで動画をどこでも自由に見られることや、視聴できる動画数の拡大なども加えて、動画配信サービスはどんどん便利なものとなっております。

「動画配信サービスが安全かどうかを疑問に思う」という時代は終わり、自分にあった動画配信サービスをかしこく利用する時代に入ったのかなと、私は感じています。

最近の記事

  1. アニメ

  2. アニメ

  3. アニメ

  4. アニメ

  5. アニメ

PAGE TOP