アニメ

【刀剣乱舞】アニメの時系列まとめ!舞台の時系列についても

ここでは、「刀剣乱舞」のアニメ・舞台の時系列についてまとめています。

 

【刀剣乱舞】アニメの時系列まとめ!

女性から圧倒的な支持を得る「刀剣乱舞」。

ゲームを主体として最近では、アニメ放送も展開しています。

ここでは、アニメ「刀剣乱舞」の時系列についてご紹介していきます。

 

1期:刀剣乱舞 花丸の時系列について

2016年10月から12月まで約2か月間に渡って放送されたアニメ第一期「刀剣乱舞 花丸」。

アニメではどのような物語が展開されるのか期待の声が多く寄せられました。

第一期では、刀剣男子「大和守安定」をメインキャラクターとして、物語が進行していきます。

また、歴史を辿ってはいますが時系列で物語が進行しているわけではありません。

 

物語は、本丸に「大和守安定」が顕現した次の日から始まります。

この物語の時代は、西暦2205年という設定となっています。

 

第一期で中心となるキーワードは、「新選組」です。

大和守安定は、新選組の沖田総司の愛刀として知られていた刀です。

しかし、歴史に今も残る新選組にとって大きな出来事であった「池田屋事件」の時に沖田が携えていた刀は、「加州清光」でした。

安定は、池田屋事件に自分が携えてあったという夢を毎晩のように見るのです。

それは、安定の「沖田のような強い男になりたい」という想いから生まれているものでした。

 

第一期で大きく取り上げられた歴史上の出来事は、

  • 本能寺の変
  • 池田屋事件

この2つの出来事が物語の中心になっていくことになります。

 

2期:続 刀剣乱舞 花丸の時系列について

2018年1月から3月まで放送されていた第二期「続・刀剣乱舞 花丸」。

第一期のその後を描いた物語です。

一期と同様、時系列に沿って進むわけではありません。

物語の時代は、一期と同様西暦2205年です。

 

「池田屋事件」の歴史を改変から阻止することができた大和守安定は、修行のために本丸を離れることに。

安定のいない本丸で、次に焦点を当てられたのは安定の相棒である「加州清光」でした。

 

第二期では、「加州清光」をメインキャラクターとして物語が進んでいきます。

ここで中心となるキーワードは、「それぞれの役割」です。

安定がいない本丸で、加州は新刀剣男子のお世話係を言いつけられます。

しかし、そのことに加州は不安でしかありませんでした。

 

なぜなら、お世話係を命じられたのは自分が弱く、戦いに貢献できていないからだと思い込んでいたからです。

しかし、加州をお世話係にしたのは加州がこの本丸で一番強い刀剣男子だからだと主は言うのでした。

第二期で登場する歴史的な出来事は、大阪城焼失や伊達政宗暗殺計画などの出来事を中心に進行していきます。

物語を通して、刀剣男子それぞれが自身の役割について考えるという重要な流れを描いています。

 

活撃 刀剣乱舞の時系列について

2017年7月から放送されていた「活撃 刀剣乱舞」。

「刀剣乱舞 花丸」とは違い、アクションとシリアスな展開が入り混じる物語となっています。

今作も時系列に沿っているわけではありませんが、時代背景としては幕末時代を中心に描かれています。

和泉守兼定が顕現したばかりの相棒・堀川国広と共に文久3年へ出陣した場面から物語はスタートします。

 

文久3年の幕末の世に和泉守兼定と初陣の堀川国広が時間遡行軍の動きを調査するために、降り立ちます。

その後、審神者の力によって薬研藤四郎、蜻蛉切、陸奥守吉行が部隊へ参入します。

和泉守を隊長とした第二部隊は、その後慶応4年の江戸へと場所を移します。

そこで課せられた使命は、「勝海舟と西郷隆盛の会談を歴史通りに終わらせること」。

 

時間遡行軍と対峙をする和泉守たちは、圧倒的な戦力を前に苦戦します。

そこで審神者が送り込んだのは、最後の刀剣男子・鶴丸国永でした。

重傷を負いながら無事に本丸へ戻った和泉守たちでしたが、その後、慶應2年の京都・伏見で坂本龍馬が襲撃された「寺田谷事件」や新選組にも関わっていくことになります。

 

【刀剣乱舞】舞台の時系列まとめ!

ここでは、「舞台 刀剣乱舞」の時系列をまとめています。

 

三つら星 一幕

「三つら星 第一幕」で描かれるのは、三日月宗近がまだ顕現していない発足当初の本丸です。

西暦2205年の本丸を舞台に幕末時代(1590年5月~1590年8月)に間に起きた「小田原征伐」の歴史を改変しようとする時間遡行軍との戦いを描きます。

この物語は、「三つら星 第二幕」に続きます。

 

発足時に近侍となった刀は、「山姥切国広」でした。

このころ、山姥切が部隊長を務めた部隊で「小田原征伐」の時代へ行くことになります。

しかし、まだ能力も未熟だった山姥切は、部隊を壊滅寸前まで陥れてしまいます。

 

そのことに後悔する山姥切を兄弟である山伏国広は、陰ながら支えていきます。

第一幕では、山姥切たちの過去が明らかとなる構成になっているようです。

 

燃ゆる本能寺

「虚伝 燃ゆる本能寺」では、その名の通り「本能寺」の歴史について描かれています。

西暦2205年を舞台に幕末時代(1582年6月)に起きた「本能寺の変」の歴史を改変しようとする時間遡行軍との戦いを描きます。

「三つら星」からの時系列には沿っていません。

 

本丸に新たな刀剣男子が顕現した。

名を「不動行光」と言い、彼は自分が織田信長の愛刀であったことを誇りに思っていた。

しかし、同じく信長の刀であった「へし切長谷部」「宗三左文字」「薬研藤四郎」とは、意見が噛み合わなかった

 

不動が顕現したことにより、本丸の空気も少しずつ乱れていった。

近侍に任命された山姥切国広は、乱れた本丸を立て直そうと奮闘します。

しかし、その最中、主より「本能寺の変」への出陣が命じられるのでした。

 

ここでは、「本能寺の変」を通して、織田信長の愛刀であった刀たちがこれまでの自分、そしてこれからの自分を見つめ直すということを中心に描かれているようです。

 

三つら星 (呑み、DVDのみ収録)

DVDのみの収録となった「三つら星 恕伝 呑み取りの槍」。

ここでは、主に槍である「日本号」の話を中心に描かれます。

また、「此の夜らの小田原」の前日譚です。

詳しい内容は、DVDを見なければ分かりませんが、「日本号」の元の主である福島正則が登場します。

 

此の夜らの小田原

「小田原征伐」が起こる以前の小田原を舞台に描かれる「此の夜らの小田原」山姥切国広が打たれた時代(1590年)を舞台にしていることは明らかです。

「三つら星 第一幕」から繋がっています。

 

ある日、山姥切国広とへし切長谷部、小夜左文字は主からの調査命令を受ける。

しかし、彼らが到着したのは目的地とは違う場所だということが判明する。

そこで山姥切たちは、山犬に襲われていた一人の男性を助けることになる。

 

その男は、山姥切国広を打った刀工の弟子・藤原在吉だった。

ここで描かれるのは、誤ってたどり着いてしまった小田原で山姥切たちが出会った藤原という男との一夜の出来事です。

この時代にたどり着いたのには、きっと大きな理由があるのだと感じます。

そのカギを握っているのは、やはり「山姥切国広」でしょう。

 

暁の独眼竜

関ヶ原の戦いを舞台に描いた「暁の独眼竜」。

西暦2205年を舞台に安土桃山時代(1600年10月)に起きた「関ヶ原の戦い」の歴史を改変しようとする時間遡行軍との戦いを描いています。

時系列には沿ってはいません。

 

本丸では小夜左文字が気落ちしていた。

近侍である山姥切国広は、小夜の悩みを聞こうとするが小夜はなぜか山姥切を避けている様子だった。

その頃、延享四年へ調査へ行っていた大倶利伽羅と歌仙兼定は仲たがいをしていまう。

 

本丸に新たにやって来た「太鼓鐘貞宗」を初めとして、大倶利伽羅と同じ伊達政宗の刀だった燭台切光忠は、鶴丸国永とともになんとか仲直りをさせようと考えるのだった。

その最中、刀剣男子たちに出陣の命令が下る。

場所は、慶長5年の関ケ原だった。

 

天下分け目の大戦と言われた「関ヶ原の戦い」を舞台に刀剣男子たちが時間遡行軍から歴史を守ります。

そこで、大倶利伽羅、燭台切光忠、太鼓鐘貞宗が見たのは天下人を夢見る元の主・伊達政宗の姿でした。

 

三つら星 二幕

「三つら星」の第二幕では、現在の本丸の姿を描いています。

西暦2205年を舞台に幕末時代(1590年5月~1590年8月)の間で起きた「小田原征伐」のその後を描いています。

「三つら星 第一幕」から繋がっています。

 

本丸が発足して幾年月が流れ、刀剣男子たちも格段と強くなっていた。

ある日、刀剣男子たちに出陣の命が下る。

場所は、かつて敗北で終わった因縁の地「小田原」だった。

 

近侍である山姥切国広を筆頭にかつての地へ降り立った刀剣男子たち。

そこで、彼らは時間軸の流れに異変が起こっていることを知ることになる。

そして、因縁の地で自らの過去と向き合うことになるのだった。

 

第一幕で描かれた舞台を現代に置き換えて描いています。

過去の自分と向き合う刀剣男子たちの姿は必見です。

 

結いの目の不如帰

室町時代第十三代将軍・足利義輝の最期を描いた「結いの目の不如帰」。

西暦2205年を舞台に幕末時代(1565年6月)に起きた「永禄の変」の歴史を改変しようとする時間遡行軍との戦いを描きます。

「三つら星 第一幕・第二幕」のその後、三日月宗近が顕現した本丸を描き、伏線を回収している作品になります。

 

刀剣男子たちは、永禄八年の「永禄の変」への出陣を命じられる。

戦国時代では、足利義輝が最期を迎えようとしていた

その頃、本丸では異変が起きていた。

 

出陣に次ぐ出陣で、終わりの見えない戦いに刀剣男子たちの疲弊は色濃いものになっていた。

山姥切国広は、出陣先で謎の敵と戦うことになる。

正体不明の敵と後に対峙した三日月宗近は、ある行動を取る。

 

第一幕からの伏線を含み、刀剣男子たちの現在とその後を描く、大作となっています。

 

まとめ

ここまで、「刀剣乱舞」のアニメ・舞台の時系列をまとめてきましたが、いかがでしたでしょうか?

時系列らしいことは何も書いて無いような気がしますが、なかなかに時系列が難しいので、ざっくりとご紹介させていただきました。

ゲームを初め、アニメも舞台もまだまだ進行中です。

アニメ第三期の制作が決定し、新作の舞台も予定されています。

 

また、アニメ劇場版の制作も進んでいるので、これからも目が離せません!

関連記事

  1. サイコパス3期は前作や映画を見ていなくても楽しめる?予習した方が良い理…

  2. 【俺ガイル完3期】第5話の感想ネタバレ考察!めんどくさい人々!

  3. 【ハイキュー】影山がおりこうさんの意味を考察!宮侑の意図とは?

  4. 【異世界かるてっと2】第12話までの動画を無料視聴できる動画配信サービ…

  5. 【サイコパス3】アニメ第3話のネタバレと感想!慎導灼は常守と繋がってい…

  6. 【ダンまち】3期までアニメが無料で見れるアプリ比較!原作小説も最安値で…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最近の記事

  1. 秋アニメ2020

  2. 秋アニメ2020

  3. 秋アニメ2020

  4. アニメ

  5. アニメ

PAGE TOP