いろんなものを深く見る

アニメ【食戟のソーマ神の皿】第6話ネタバレと感想!バター海鮮丼とピラフいなり寿司

 
この記事を書いている人 - WRITER -

こちらでは「食戟のソーマ」のアニメ第6話(11月15日放送)の内容をネタバレしています。

創真の香ばしバターピラフいなり寿司や、斎藤綜明のバター海鮮丼、斎藤綜明が魚へ執念を燃やす理由や、バター対決の勝者についてなど、感想と一緒にまとめています。

アニメ【食戟のソーマ神の皿】までのフル動画を無料で視聴できます!

詳しくはこちら↓

アニメ「食戟のソーマ/神ノ皿」第8話までのフル動画を無料視聴する方法!見逃し動画配信比較についても

 

【食戟のソーマ神の皿】アニメ第6話のあらすじ

一本の刃〉のあらすじ

タクミ VS 叡山の戦いも終わり、3rd BOUTもあと一組を残すのみ!

創真に対するは、美作の「周到なる追跡」をも凌駕した天才寿司職人・斎藤綜明!

2人は「バター」という難しいお題に対し、どのような料理で勝負するのか!?


前回第5話の内容はこちら↓

アニメ【食戟のソーマ神の皿】第5話ネタバレと感想!タクミが1品でコース料理を作った!

 

【食戟のソーマ神の皿】アニメ第6話のネタバレ

「食戟のソーマ神の皿」のアニメ第6話の内容は以下の通りです。

  • バター対決:幸平創真はてっぺん取る男?
  • 創真のバター料理:香ばしバターピラフいなり寿司
  • 斎藤綜明のバター料理:バター海鮮丼
  • 斎藤綜明が魚へ執念を燃やす理由
  • バター対決の勝者は、幸平創真!

 

バター対決:幸平創真はてっぺん取る男?

紀ノ国寧々がコーヒーでも飲もうかとしていると、久我照紀とばったり出会いました。

そこで、創真が編入してきた時の話になります。

創真は、高等部の始業式で、全校生徒の前で自身の腹の中を明かしていました。

 

遠月学園のことは、踏み台だと思っており、入ったからにはてっぺん取ると言っていたのです。

紀ノ国寧々は、あの時は、口だけだと思っていたと言います。

しかし、久我照紀は、連帯食戟で本当にてっぺんを取るかもしれないと思っているようです。

 

創真のバター料理:香ばしバターピラフいなり寿司

幸平創真は、斎藤綜明とバター対決をすることになっています。

薙切えりなによると、以前バターについては歴史から成分までみっちり教えたので、創真はバター博士だと言います。

 

創真は、温めた豆乳に、さいの目に切った切り餅を入れ、溶けたところに塩コショウをすれば、なんちゃってホワイトソースができると言います。

そして、熱したフライパンにバターを入れ、

  • 鶏肉
  • 玉ねぎ
  • エビ
  • 生米

を炒めるのでした。

 

そして、出来上がったのは、香ばしバターピラフいなり寿司でした。

創真は、油揚げを落し蓋をして煮ていました。

油揚げはしっかり油抜きをし、酢飯の代わりに、米を炒めたピラフを中に詰めています。

 

さらに、餅と豆乳で作ったトロトロとした軽い味わいのホワイトソースをかけて、チーズを振りかけてオーブンで焼きます。

しかも、使われたバターは、田所が作った林檎のバターだったのです。

 

斎藤綜明のバター料理:バター海鮮丼

斎藤綜明も、 何か素敵なアイディアがあるらしく、オレンジジュースを作り始めました。

そして、熱したフライパンにバターを入れ、

  • にんにくの香りを立たせてから
  • 醤油
  • イカ
  • イカの肝

を投入して炒めます。

 

できた料理は、バター海鮮丼でした。

  • バターのコクが凝縮された、熱気立ち上る鮭のムニエル
  • にんにくと醤油が耽美に香る、イカの肝いため
  • プリプリに弾けんばかりの、醤油付けのいくら

が乗っている海鮮丼です。

 

バターの風味が利いた具がご飯の上に乗っているわけですが、オレンジ果汁とレモン果汁を使った酢飯のおかげで、くどくないと言います。

審査員たちは、お箸を止められないと言い、「審査はまだ残っているけど」と言いつつも、食べ続けています。

かなり満足しているのでした。

 

斎藤綜明が魚へ執念を燃やす理由

斎藤綜明は魚を使った料理、特に寿司が得意な料理人ですが、今回バターの海鮮丼を作ったことで、斎藤綜明の魚への執念が見られました。

一色慧は、斎藤綜明の生い立ちについて語り始めます。

 

斉藤聡明の実家のお店は、小さいながらも常連客で賑わっていたそうです。

聡明のお母さんが寿司を握り、聡明は出前を手伝っていました。

 

ある時、聡明のお母さんは、老舗で寿司の修行をすることになります。

少しの間お店を閉め、美味しい寿司を握れるようになって帰ってくるとお母さんは言っていました。

しかし、聡明のお母さんは、女だからという理由で寿司を握らせてもらえず、雑用ばかり頼まれて、倒れてしまったのでした。

 

お母さんのお店を立て直すため、聡明は誰にも頼らずに寿司一本で成り上がってきたのでした。

この変革に加わったのは、母親のような弱き者を守るためだと言います。 

 

バター対決の勝者は、幸平創真!

バター対決の勝者は、満場一致で創真でした。

食戟した聡明でさえも、完敗したと認めています。

聡明は、母親のような弱い者を守るために刀一本で強くなってきましたが、創真は、食戟の相手を、強い弱いと決めずに、学んできたのでした。

そんな創真の料理は、創真の集大成だったようです。

 

勝利した創真はやり切ったように「おそまつ」と言うのでした。

 

【食戟のソーマ神の皿】アニメ第6話の感想!

ピラフ入りのいなり寿司か~。

美味しいんですかね。

勝ったから、美味しいのでしょうね。

個人的には、聡明の海鮮丼の方が迫力があったな~と思います。

 

この食戟は、創真が勝つだろうと思っていたので、聡明の海鮮丼が出てきた時には、創真はどんな代物を調理するのだろうと期待が高まっていました。

うん。

でもまぁ、ホワイトソースの作り方は斬新でしたね。

とろとろだけど、くどくないという。

でもやっぱりバター海鮮丼の方が美味しそうだったなぁ~。

 

それはさておき、聡明の過去が語られましたね。

お母さん、すごくいい人そうだったので、余計に可哀想に思いました。

アニメ【食戟のソーマ神の皿】までのフル動画を無料で視聴できます!

詳しくはこちら↓

アニメ「食戟のソーマ/神ノ皿」第8話までのフル動画を無料視聴する方法!見逃し動画配信比較についても

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© 見る見るブログ , 2020 All Rights Reserved.