アニメ

【SAOアリシゼーションWoU】第11話のネタバレと感想!エイジとユナが登場?

こちらでは「SAOアリシゼーション War of Underworld」のアニメ第11話(12月21日放送)のストーリーをネタバレしています。

ユイ・シノン・リーファ・リズベット・シリカ・クライン・エギルの登場や、リズベットの名演説などについて、感想と一緒にまとめています。

お知らせ!!

「ソードアート・オンライン」のアニメ全作を無料で見れて、原作ラノベも最安値で買えるアプリがあります!

サービス名U-NEXT
無料お試し期間31日間
月額料金1,990円(税抜き)

 

 U-NEXTのアプリで「SAO」のアニメとラノベを見る手順!

①U-NEXTの31日間無料お試し体験に登録する。
U-NEXTの登録方法はこちら

➁U-NEXTのアプリ(無料)をダウンロードする。
U-NEXTのアプリダウンロードはこちら

③-1 U-NEXTのアプリでアニメ「SAO」シリーズを無料で見る。

③-2 U-NEXTの付与ポイントを使ってラノベを最安値で購入する。
付与ポイントで電子書籍を買う方法はこちら

※無料期間中に解約すれば、月額料金はかかりません!

U-NEXTの解約方法はこちら

 

詳細はこちら↓

【SAOシリーズ】が見れるアプリ一覧!原作ラノベも最安値で読める!

 

 

【ソードアート・オンライン/アリシゼーション War of Underworld】アニメ第11話のあらすじ

〈 創世神ステイシア 〉

アスナが《地形操作》で作り出した底なしの峡谷。

人界軍が待つ向こう岸にわたるべく、荒縄を橋代わりにして向かおうとする暗黒騎士と拳闘士たち。

これを好機と見たベルクーリは遊撃隊を率いて出撃する。

一方、現実世界のラース内部では、ガブリエル率いる米工作隊の一人・クリッターによって、奇妙な新規VRMMOの時限βテストが告知され……。


前回第10話の内容はこちら↓

【SAOアリシゼーションWoU】第10話のネタバレと感想!アリスが狙われる理由やキリト女子会!

 

【ソードアート・オンライン/アリシゼーション War of Underworld】アニメ第11話のネタバレ!

概要

☆アドミニストレータの言葉を理解したベルクーリ
☆行動に出たダークテリトリー軍
☆クリッター/ユイ/シノン/リーファの登場
☆リズベット/シリカ/クライン/エギルの登場
☆ユイたちの作戦
☆データコンバートをする問題点

 

アドミニストレータの言葉を理解したベルクーリ

ベルクーリはアドミニストレータと飲みながら語っていた時のことを思い出していました。

アドミニストレータは、ベルクーリに「死を予感したことはあるか」と、ワインを飲みながら聞いていました。

長いこと死を予感した記憶がないと言うベルクーリに、アドミニストレータは毎日死を予感していると言います。

 

そんな会話を思い出していたベルクーリは、今ならあの時の言葉の意味が分かる気がすると言うのでした。

 

行動に出たダークテリトリー軍

今まで策を練っていたと思われるダークテリトリー側はついに動き出し、北の渓谷に縄をかけて人界側へ渡ってこようとしています。

なかなか上手くは渡れませんが、暗黒神ベクタに指示を受けたイスカーンは、急いで渡るようにと部下の縄渡りを見守っています。

やっとのことで何人かは渓谷を渡ることに成功しますが、イスカーンは暗黒神ベクタの「仲間を大事にしないやり方」が気に入らない思いを押し殺しているようでした。

 

縄渡りに成功してホッとしたのもつかの間。

ベルクーリ、アリス、アスナ、レンリ、シェータが縄渡りを終えたばかりのイスカーン率いる拳闘士たちめがけて走り寄ってきます。

キリトを好きな女子たちがキリトについて語り明かした夜の明け、まだ眠さが残る早朝のことでした。

 

イスカーンは、綱を死守するように指示します。

しかし、人界軍が優勢で、イスカーンの部下たちは簡単に落とされていきます。

イスカーンは、「こんな死に方をするために奴らは鍛えてきたのではない・・・」と、悔しい思いと怒りをあらわにするのでした。

 

人界軍が優勢にある状況を見ていた暗黒神ベクタは、「うまくやってくれよ、クリッター」と言い、何か策があるようです。

暗黒神ベクタは、現実の世界のガブリエルがスーパーアカウントを使った姿でしたが、クリッターとは、現実の世界でのガブリエルの部下の1人なのでした。

 

クリッター/ユイ/シノン/リーファの登場

クリッターは、現実の世界で、アンダーワールドと現実の世界の時間の同期をしていました。

そして、クリッターは、一般人に暗黒騎士団のアカウントを配布するのでした。

ゲームのアカウントが配布されたことに興奮した一般人たちは、さっそく暗黒騎士団としてゲームに参加するようです。

 

その様子を、アスナとキリトの娘:ユイは見ていました。

パパとママが危険にさらされていることを知ったユイは、キリトの携帯電話を使って朝田詩乃に連絡を取ります。

詩乃はキリトからの着信で、さらにユイが話し始めたことで気が動転しているようでしたが、ユイに言われるままに行動を起こします。

 

さらに、ユイが助けを求めたのは詩乃だけではありませんでした。

現実の世界でのキリトの妹の直葉も呼び出されていました。

2人はタクシーに飛び乗り、東京都港区の六本木分室に乗り込むのでした。

 

六本木分室へ乗り込んだ詩乃と直葉は、自分たちの名前をシノンとリーファというゲーム名で名乗ります。

そして、六本木分室のスタッフから連絡を受けたラースの菊岡は、言われるままにFLA倍率を確認し、現実の世界とアンダーワールドの時間が同期されていることに気がつくのでした。

 

リズベット/シリカ/クライン/エギルの登場

ユイは、リズベット、シリカ、クライン、エギルにも助けを求めていました。

そして、現実の世界とアンダーワールドで何が起こっているのか推測、説明をしています。

 

ラースは、アリスというAIを国内外向けのデモンストレーションとして用いる計画を持っていたようです。

しかし、アンダーワールドが存在している施設「オーシャンタートル」を襲撃したガブリエル(アンダーワールドでは暗黒神ベクタ)は、アリスを無人機搭載用AIとして武器に利用するだろうと、ユイは言います。

ちなみに、ガブリエルは、アメリカの民間軍事会社であるグロージェン・ディフェンス・システムズの役員で、アメリカ国家安全保障局の依頼でアリスを盗もうと襲撃したのでした。

 

ユイは、キリトとアスナが、アリスが米軍の手に落ちることを必ず阻止しようとしていると言います。

アリスは、SAOから始まった全てのVRMMOの世界とそこに生きた人々の存在の証であり、時間的、物質的、精神的ソースの結実なのだそうです。

つまり、キリトもリーファもクラインなど、アンダーワールドに存在した全ての人々の心が、アリスを生み出したようです。

 

リズベット、シリカ、クライン、エギルは、キリトを助けると、ユイに誓うのでした。

 

ユイたちの作戦

クラインたちは、アメリカのガブリエル側がやったことと同じ手を使って、一般人に人界軍アカウントを用意すれば、アンダーワールドで味方を増やせると提案します。

しかし、アメリカのLAは今12時半で、NYは15時半。

これからどんどん人々に自由な時間ができ、ゲームに参加できる人数が多くなる時間帯です。

 

それに比べて、日本時間は朝の4時半。

ゲームに参加できる一般人の数は極端に少なくなる時間です。

数で勝つには可能性が低いのでした。

 

また、アカウントもアスナが使った創世神ステイシアのようなスーパーアカウントがあるわけではありません。

キリトのように最初からレベル上げをするには時間がかかります。

そこで悩んでいると、ユイには秘策があると言うのでした。

 

ユイは、データコンバートを利用すれば、勝ち目はあると言うのでした。

データコンバートとは、SAO以外のゲームの世界でレベル上げをしたアカウントを、SAOで使うことができるというものです。

しかし、データコンバートを利用するには、いくつかの問題があるとユイは言います。

 

データコンバートをする問題点

他のゲームの世界のアカウントをアンダーワールドにコンバートするには、アンダーワールドのゲームのルールに従うことになるということです。

アンダーワールドは割と特殊なルールがあるので、アンダーワールドにダイブするには、それなりの覚悟がいります。

  • アンダーワールドにダイブしたら、自発的にログアウトができない。
  • ダメージを受けたら、痛みを感じる。
  • アンダーワールドの件が成功したとしても、元のゲームの世界にアカウントを戻せる保証はない。

 

リズベットは、自分のゲームの世界の人々に頭を下げて、アメリカの襲撃を防ごうとしているキリトたちを助けることに協力してほしいと頼みました。

しかし、人々は総ブーイング。

相当な覚悟を必要とする上、何の保証もないので、誰もアンダーワールドにアカウントを出したがりません。

 

しかし、リズベットは話を続けます。

自分たちSAO出身者は、それぞれの思いでバーチャルとリアルを混同しているかもしれないし、社会や政府から酷い扱いを受けることもあるとも明かします。

それでも、バーチャル(SAO)の世界に、現実は存在しているし、そこで経験したことや出会いも感情も全て現実。

SAOという現実にあるアンダーワールドを守りたいから、力を貸してほしいと、リズベットは頭を下げるのでした。

 

リズベットの演説を聞いていた人々の中には、エイジとユナのような人影もありました。

 

【ソードアート・オンライン/アリシゼーション War of Underworld】アニメ第11話の感想!

いやー、これはすごいことになってきましたね。

これはすごい。

とにかくすごいです。

 

まずは、一番印象的なリズベットの演説。

これにはかなり衝撃を受けましたね。

これ多分、実際の話しを交えていますよね。

 

ゲームに真剣な人って、社会とか政府にそんな風に見られていたりするのですね。

これはショックですね。

そう言えば、遠い昔にリズベットが言っていたようなことをニュースで聞いたことがあるようなないような。

 

ゲームの世界がリアル。

そうか~、ゲームをしない人にはきっと分からない話なのでしょうね。

リズベットの演説を聞いていて、SAOのアンダーワールドにダイブしたくなりました。

でも、強いアカウントなんて持っていませんでした^^;

 

あと、もう1つ。

ものすごい展開になりましたね。

何がすごいって、ユイが助けを呼んだ女子たちがすごいです。

何がすごいって、みんなキリトのことを好きな女子たちではないですか!!

 

前回の第10話で、キリトに想いを寄せている女子たちが名乗りを上げましたが、あれは伏線だったのですね。

いやー、見事な伏線回収でした。

キリトを好きなアスナとアリスの出会いがあって、その後ロニエとソルティーナがキリト好きをほのめかしたと思ったら、今回の第11話でリーファ、シノン、リズベット、シリカって(笑)

 

みんなキリトに恋した女子キャラではないですか!

詳しくはこちら↓の記事でそれぞれの恋事情を解説していますが、みんな仲良くキリトを助けることになるのだと思います。

【SAO】キリトのことが好きなキャラ一覧!モテモテな恋愛関係まとめ!

 

そして、リズベットの感動的な演説の場に、エイジとユナのような人影がありましたね。

今後エイジとユナもSAOに登場するのでしょうか。

 

それと最後に1つ。

割とサラッと出てきましたが、「キリトが10日以上ログインしていないなんて、普通じゃない」みたいなことが言われていましたね(笑)

キリトってマメにログインしているのが普通なイメージなのですね。

なんだかフフフとなりました(笑)。

「SAO」アニメシリーズの全作が無料で見れて、原作ラノベが最安値で買えるアプリはここ↓

「ソードアート・オンライン」のアニメ全作を無料で見れて、原作ラノベも最安値で買えるアプリがあります!

サービス名U-NEXT
無料お試し期間31日間
月額料金1,990円(税抜き)

 

 U-NEXTのアプリで「SAO」のアニメとラノベを見る手順!

①U-NEXTの31日間無料お試し体験に登録する。
U-NEXTの登録方法はこちら

➁U-NEXTのアプリ(無料)をダウンロードする。
U-NEXTのアプリダウンロードはこちら

③-1 U-NEXTのアプリでアニメ「SAO」シリーズを無料で見る。

③-2 U-NEXTの付与ポイントを使ってラノベを最安値で購入する。
付与ポイントで電子書籍を買う方法はこちら

※無料期間中に解約すれば、月額料金はかかりません!

U-NEXTの解約方法はこちら

 

詳細はこちら↓

【SAOシリーズ】が見れるアプリ一覧!原作ラノベも最安値で読める!

 

関連記事

  1. 【petペット】アニメ第13話までを無料視聴できる動画配信サービスまと…

  2. 【超人高校生】アニメ第8話ネタバレと感想!一条葵の活躍の仕方に驚愕!

  3. 【トニカクカワイイ】アニメはどこまで?何クールかについても

  4. 【ゴールデンカムイ】杉元とアシリパの再会はいつ?やっぱり泣くの?

  5. 【SAO】ガブリエルの最後!死因は何だったのか考察!

  6. 【SAO】リーファとリルピリンの関係は?その後どうなる?

コメント

    • 夜夢
    • 2019年 12月 22日

     あの、リズベット達がコンバートしようとしているのは(VR世界としての)SAOではないですよ。アンダーワールドはそれとは異なるVR世界と言えますよ。

    >ゲームに真剣な人って、社会とか政府にそんな風に見られていたりするのですね。

     この世界では最初の本格VRゲームによるSAO事件の所為で、「VRゲーム=危険」と言うイメージが定着している所があります。
     また、ゲームSAO内で公然とPK(=殺人行為)が横行していたことも知られているので、SAOサバイバー(ゲームSAOからの生還者達)は殺人経験者であると言う偏見を持つ人も少なくない様です。
    (ゲーム内の各人の行動を確認することが出来なかった為、ラフコフ等のPK経験者等も罪に問われていませんでしたしね。)

      • miruru
      • 2019年 12月 24日

      夜夢さん、いつも細かいところの勘違いをご指摘頂いて本当にありがとうございます(笑)
      ものすごい熱意で見ているのに時々勘違いをするという(笑)

      これからもどうぞよろしくお願い致しますm(__)m(笑)

      確かに、ゲームだから戦って殺し合ったり平然としているけれど、それがリアルと繋がるなら大問題ですもんね。

      リズベットの演説で、なんだかすごく胸を打たれた第11話でした。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最近の記事

  1. アニメ

  2. アニメ

  3. アニメ

  4. アニメ

  5. アニメ

PAGE TOP