いろんなものを深く見る

【ランウェイで笑って】藤戸社長の思い!ミルネージュの由来や関係者についても

 
この記事を書いている人 - WRITER -

158㎝の低身長ながらパリコレクションのモデルを目指す「ランウェイで笑って」のヒロイン・藤戸 千雪(ふじと ちゆき)が所属するのがミルネージュという事務所です。

今回は千雪のモデル人生を語る上では切っても切れない事務所であるミルネージュにまつわるエピソードを紹介します。

「ランウェイで笑って」のフル動画を実質無料で安全に視聴することができます! 

詳しくはこちら↓

【ランウェイで笑って】アニメを無料視聴できる動画配信サービスまとめ!フル動画を見放題!

【ランウェイで笑って】藤戸社長のミルネージュにかける思い!実は経営難だった!?

ミルネージュは千雪の父親、藤戸 研二が社長を務めるモデル事務所です。

アパレル産業や化粧品業界にも進出中、実店舗も持っており、千雪が街角スナップを撮影された場所はミルネージュ店舗の目の前でした。

【ランウェイで笑って】ミルネージュの名前の由来!

Mille(ミル)は「千」、neige(ネージュ)は「雪」という意味のフランス語で、それを組み合わせて「Mille neige」

つまり、フランス語で「千雪」を現す単語です。

 

千雪の父親である藤戸 研二がミルネージュ立ち上げたのは千雪が生まれた年でした。

事務所の名前はフランス語にすると決めていた研二は、「人生で一番大切なもの(=千雪)」をフランス語読みした「ミルネージュ」を事務所の名前に決めたのでした。

低身長というモデルとして致命的なコンプレックスを持ちながらも千雪が「パパの事務所でモデルになってパリコレクションに出場する」という夢を頑なに譲らなかったのは、父親・研二が立ち上げた「ミルネージュ」という事務所が、それだけ千雪にとって特別な存在だったからなのです。

【ランウェイで笑って】藤戸社長などのミルネージュの事務所関係者!

事務所「ミルネージュ」に関わる人物たちを紹介します。

藤戸 研二(ふじと けんじ):藤戸社長

千雪の父親で「ミルネージュ」の社長。

フランス語で「千雪」を意味する「ミルネージュ」を事務所の名前につけた。

藤戸社長の妻は、物語にはあまり登場しないが、藤戸社長が会社の名前を「ミルネージュ」と名付けた時、「パパは親バカだね」と発言していた。

 

育人のファッションデザイナーとしての才能を見出し、育人が業界へ入るきっかけを作る。

才能の原石を見つめる眼が非常に長けている。

藤戸 千雪(ふじと ちゆき)

本作のヒロインで「ミルネージュ」所属のモデル。

父が作った事務所である「ミルネージュ」の所属オーディションを受け続ける。

身長不足で不合格を出され続けるも、都村 育人が千雪のことを必死で考えてデザインした衣装でオーディションに合格、「ミルネージュ」所属モデルとなる。

都村 育人(つむら いくと)

本作の主人公。

服作りが好きなデザイナー志望の少年。

貧しい家族のために服飾系の専門学校を諦めて就職を選択しようとするが、千雪の出会いがきっかけで「ミルネージュ」で育人デザインした服を買い取られる。

その後、ファッションデザイナーとしての道を歩みはじめることになる。

成岡 雫(なるおか しずく)

「ミルネージュ」のマネージャー。

過去にモデルとしてパリコレクションのランウェイを歩いた実績があり、千雪が「パリコレクションのランウェイを歩く」のを目標にしたきっかけとなっている。

 

千雪「モデルになりたい」という熱意を認めていたが、低身長という現実的な問題を前に千雪と対立し、一時は千雪を解雇した。

しかし、育人が千雪のためにデザインした衣装を着た千雪に「パリコレに出場する1%だけの可能性」を見て、千雪にオーディションの合格を告げる。

柳田 一(やなぎだ はじめ)

「ミルネージュ」の元デザイナー。

現在は自身でブランド「HAJIME YANAGIDA」を立ち上げ、代表を務めている。

デザイナーとして将来を有望視されているが、日本ファッション業界で注目の人物。

千雪の父・研二とは因縁があるが、研二を経由して育人を引き取る事になり、研二同様に育人の才能を高く評価している。

【ランウェイで笑って】ミルネージュが倒産寸前!?実は経営難だった!?

モデル事業の他、アパレルショップも構えているミルネージュは雫曰く「大手ではない」ながらも、順風満帆に事業を進めているように見えました。

しかし、実はミルネージュ・・・経営難だったのです

ミルネージュ社長の研二がファッション界のドンであるオーシー・パブリケーションズ社の会長、オリヴィア・キャリーから眼をつけられたのが原因で、ファッション業界における立場が悪くなってしまったからなのです。

発端は千雪がまだ小さかった頃、社交の場で自分の娘・千雪に絶対の自信を持っていた研二が千雪の売り込みに前のめりになっていたのが、ひんしゅくを買ってしまったこと。

 

そして、「シャルロット・キャリーよりも優れている」との発言が、シャルロットの祖母であるオリヴィア・キャリーに耳に入り、オリヴィアの逆鱗にふれることになります。

雑誌「Ocelot(オセロット)」の初代編集長でファッション業界では絶大な権力を持つオリヴィア・キャリーの逆鱗に触れたことで、研二とミルネージュは業界から干されてしまい、このことが経営難に繋がったのです。

【ランウェイで笑って】ミルネージュのコーポレートサイトがオープン!コラボ企画も!

2020年1月から始まったアニメ『ランウェイで笑って』では、千雪が所属する「ミルネージュ」のコーポレートサイトもオープン!

モデルとして活躍する「藤戸千雪」へのお仕事、着用して欲しいブランドを募集しており、早速タイアップ第1弾であるブランド「koe」とのコラボイラストが公開されています。

キャラクターを使った実ブランドとのコラボという、ファッションデザイナーやモデルを扱う作品ならではの企画が面白いですよね!

コーポレートサイトの作りも実際の企業サイトっぽく作ってあって、『ランウェイで笑って』の世界観の広がりを感じます!

◇ミルネージュ(コーポレートサイト)
 http://milleneige.com/

 

まとめ

今回は千雪が所属するモデル事務所「ミルネージュ」について紹介しました!

父親・研二の思いが詰まった「ミルネージュ」というネーミングの由来、いい話ですね!

そして、そんな父の思いに答えて「ミルネージュに入ってパリコレクションに出場したい」と言う娘・千雪のことを考えると思わず応援したくなります!

 

しかし、千雪は身長がある時期から伸び悩んでしまい、研二はファッション業界の大物に眼をつけられ干されてしまう・・・。

父娘の大切な夢であり、千雪の「居場所」であるミルネージュには次々と困難な壁が立ちはだかります。

果たして千雪と研二は困難を乗り越えることができるのでしょうか!?

アニメ化も始まってますます盛り上がる『ランウェイで笑って』から目が離せませんね!

「ランウェイで笑って」のフル動画を実質無料で安全に視聴することができます! 

詳しくはこちら↓

【ランウェイで笑って】アニメを無料視聴できる動画配信サービスまとめ!フル動画を見放題!

 2020年冬アニメの第1話ネタバレ感想一覧

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© 見る見るブログ , 2020 All Rights Reserved.