アニメ

【ランウェイで笑って】千雪の魅力まとめ!夢・試練と成長についてなど

ここではランウェイで笑っての主人公の一人、藤戸千雪についての情報まとめや、千雪の試練や成長などについてまとめています。

「ランウェイで笑って」のフル動画を実質無料で安全に視聴することができます! 

詳しくはこちら↓

【ランウェイで笑って】アニメを無料視聴できる動画配信サービスまとめ!フル動画を見放題!

【ランウェイで笑って】千雪の特徴や夢・家族などのまとめ

千雪の特徴

まず、千雪の最大の特徴といえるのは「感情」「言葉」「行動」がダイレクトで真っ直ぐに表れることではないでしょうか。

まわり目を気にせずひらめいたまま、思いついたままをハッキリと言葉にして行動する。

その言動と行動の数々には千雪の思いと感情がはっきりと表れています。

 

例えば、千雪の意志ある言葉には、以下のようなものがあります。

  • 「わたし大概たった一つの為にすべてを捨てる人だからね。」
  • 「わたしどんな場所でもポーズでも取ります。」
  • 「私は本気でやっている。」
  • 「もうネガティブ禁止‼」
  • 「証明するの。わたしはこの雑誌の利になる存在だって。」
  • 「まあね、わたしスーパーモデルだから。」
  • 「だっていつだって私をムカつくくらい私の窮地を救っちゃうんだ。」
  • 「負けたくない。」
  • 「何言ってるの。誰かさんせいで人が変わった人がここにいるんだから。」
  • 「いま抵抗しろ!」etc.

これらの言葉が表情豊かに嫌味なく語られ行動に表れるのが千雪の特徴の全てといってもよいでしょう。

 

千雪の性格

基本は明るい性格でポジティブ思考の持ち主。

素直すぎるくらいオープンでズケズケとハッキリとものを言う。

オーディション落ちても諦めず、どぶ板営業も厭わないくらい精神的にタフ。

 

また、体型作りの為の食事制限や自宅でもストレッチやヒールをはいてウォーキングすることを欠かさないストイックさや、気になると直ぐに干渉したがるお節介やきな一面もあり、見栄っ張りで思い込みが激しいところも。

モデルとして嫉まれることもありますが、人として憎まれることは無い性格です。

 

千雪の夢

千雪の夢は、幼い頃にみたパリコレでの雫に憧れ、それから一貫してルミネージュのモデルとしてパリ(世界)でモデルとして活躍することです。

また、ミルネージュを支えたいという思いもあるようです。

 

千雪の家族

父親はルミネージュの社長である藤戸研二。

千雪をモデルとして扱いつつも娘としての情も持って接している。

母親はまだ登場していませんが、果たして今後どうなるのでしょうか?

 

【ランウェイで笑って】千雪の魅力とは

千雪の魅力は多彩で豊かな表現力にあります。

  • 外見的魅力である「表情が豊か」
  • 「低身長ながらも八頭身」
  • 「プロのモデルそのもののプロポーション」
  • 「舞台で放つ強いオーラ」
  • 内面的魅力は「心の強さと弱さが合わせ鏡のように現れる」
  • 「励ましや人助け、協力を惜しまない優しさ」
  • 「決めたことは必ずやり遂げようとする行動力」

 

これらが合わさった今風の言葉で例えると「多動力」が千雪の魅力ではないかと思います。

 

【ランウェイで笑って】千雪の成長

千雪は、物語の中で成長し続けています。

ここでは、千雪の試練と成長をまとめてみました。

 

試練1:ミルネージュのオーディションに合格する

2年前に一度は解雇され、ひたすら懲りずに何度もオーディションに挑み続けるる。

他のプロダクションも受け合格するもやはり千雪の本命はミルネージュ。

育人にオーデイション用の服を依頼し再度リベンジ。

雫に「一瞬、世界(パリ)みた…」と言わしめ、オーディションに見事合格を果たす。

 

試練2:東京コレクションで台風で来れなくなったモデルの代わりを務める

柳田のショーでモデルの一人が台風の影響で来れなくなった。

柳田は藤戸に急遽モデルの派遣を依頼する。

そこで派遣されたのは千雪。

用意されていた服は当然のこと千雪にはサイズが合わない。

 

激怒する柳田に千雪はこれは自分とってチャンスだと覚悟し頭をさげる。

「このショーはお前の出来次第だ」と言われた千雪はプロとして現場を全うしようと支度を始める。

直しの全てを託され 作業に戸惑い悩む育人に、千雪は育人の顔をいきなり手で挟み込んで「わたしを見て。私の服を作るのは得意でしょ!」育人を奮起させる。

これまで持ち続けた気持ちと育人への「負けられない」という思いを秘めてランウエィを進む千雪。

 

しかしランウエィの先でヒールが折れるアクシデントでつまずいてしまう。

しかしその時、育人が施した仕掛けで服の形が変わり観客を驚かす。

千雪は慌てず冷静に戻りの歩き方を考えつつ、育人の演出に応えようと、雫からの言われたモデルとしてランウエィで守るべきこと「転ばない」「笑ってはいけない」ということを思い出し、それを逆手にとって立ち上がり笑顔を表情を見せる機転を利かせたパフォーマンスを見せる。

これが観客の喝さいを誘い、ショーは成功で幕を閉じた。

そこには藤戸、柳田、育人、そして自分の思いに答えを出した千雪の姿があった。

 

試練3:モードジャパン

今の千雪の現状を表す象徴的なエピソード。

千雪はコンポジット(宣材写真)を新たに制作し、身長が足りないという忠告もよそに数々のオーディションに挑むも全て書類審査の段階で落とされてしまう。

諦めない千雪は作戦変更で直接アポを取って営業を開始するも断りの連続。

 

しかしモードジャパンに連絡をしたところ電話に出たのは、以前東京コレクションで千雪の姿に魅了された新沼だった。

新沼は千雪と会うことを約束する。

意気盛んに面接に行くも、待っていたのは赤坂という編集者。

新沼は急遽別な取材が入り来れないとの理由だった。

 

意気盛んに売り込みをするも話途中で面接は切り上げられ、中途半端に終わってしまう。

けれども後日モデルが一名欠員が出たということで撮影現場に呼ばれる千雪。

しかし現場に入ると副編集長に「誰が(この小さいの)呼んだの?」と言われてしまう。

 

必死にアピールをする千雪。

降ろされてたまるか!」と何とか撮影に残ることが出来た千雪だが、モデルの補充は誰でもよかったことを知り落ち込む。

やれる中でやろう」と気持ちを切り替えて撮影に臨むも「やっぱりバランスが悪い」とフォトセッションから外されてしまう。

「わたしじゃ同じ舞台にもあげてもらえない」と落ち込み涙。

 

それを見ていた長谷川心に同情されるも悔しさで心に怒りをぶつける千雪。

止まらない涙に「泣いてなんかない」と強がるのが精一杯。

現場をはなれ雫に会うと雫の胸に顔を埋め泣き崩れしまうのであった。

現場に行けば勝負できると思っていたが、モデル以前で何もさせてもらえない千雪に訪れた大きな挫折である。

 

試練4:芸華祭で長谷川心のモデルで成功して五十嵐を見返す

千雪の挫折から復活までを描いたエピソード。

芸華祭の章では各登場人物のこれまでと今をつなぐ、複雑で深淵な物語が描かれています。

千雪と心のパートだけでも複雑な相関関係が描かれていて、表向きは心にとって進退が掛けられた勝負ですが、他にも「千雪VS心」「五十嵐VS千雪」「五十嵐VS心」「千雪VS育人」「五十嵐VS雫」の相関があり、そして裏?で「セイラVS心」も走っています。

 

この芸華祭で千雪は勝負に出る。

 

一つは自分自身との闘い。

そしてもう一つはモデルとして認められる為の戦い。

心が勝つことでデザイナーとして認められる=自分がモデルとして認められるという構図である。

 

「わたしが好きにやれていたのは育人の存在が大きかったんだ。」とか、「単純に本気の育人と戦いたい―育人はわたしの中で一番のライバルだから」と育人の存在の大きさを認めつつも、その育人に真剣に勝負を挑むことで自分を追い込む。

心に対しても「わたしが勝ってあんたをデザイナーにする‼」と啖呵をきり「わたしはあなたにも勝ちたいのライバルなんだから」「モデルとしてショーに出てちゃんと約束守っててよね」とモデルとしても勝負を挑む。

それは同時に千雪を認めない五十嵐を見返すことでもあった。

 

初めはかみ合わない二人だったが、お互いのひたむきな取り組みに次第に結束が固まっていく。

千雪「彼女は”本物だ”喧嘩したって返ってくる」。

心「私からもお願いがある」。

 

そして迎えた本番で二人は奇抜な演出で観客や審査員の度肝を抜く。

モデルは千雪一人で14着の衣装を披露する構成。

誰も千雪の身長には気付かないその存在感。

ランウェイで服毎に歩きの表現を変えるテクニックを駆使。

 

そしてついに雫がオーディションの時に「世界をみた」と言わせたオーラを発揮する千雪。

クライマックスで心がモデルとして上がった時に千雪の身長の低さとモデルとしての凄さに気付き共感する観客たち。

「私には認めてほしい人がいる」観客の拍手が鳴り、心と千雪のステージは成功で終わる。

 

舞台袖で泣きながら心に抱き着く千雪。

「わかってる これは公平な勝負じゃない 私の14往復が心の1往復に勝っただけ」「私はモデルとして勝てる可能性がある…!わたしはまだ…挑める…ッ」五十嵐に認めさせるだけでなく、自分に自信と可能性を取り戻せた瞬間だった。

 

成長のまとめ

身長が低いゆえにモデルとして認めらない逆境にもめげず、ひたむきに努力し思うがままに猛進する千雪。

挫折を乗り越えて成長し、一つ一つ夢への階段を上がっていく千雪の姿がそこにはあったのでした。

 

まとめ

千雪はモデルとしてだけでなく、人しても周りを引き付け巻き込むオーラと行動力があります。

それは天性のものだけでなく本人の努力の賜物でもありのが最大の千雪の魅力と言えます。

「ランウェイで笑って」のフル動画を実質無料で安全に視聴することができます! 

詳しくはこちら↓

【ランウェイで笑って】アニメを無料視聴できる動画配信サービスまとめ!フル動画を見放題!

関連記事

  1. 【七つの大罪/神々の逆鱗】アニメネタバレ第5話と感想!ロウはバンに似て…

  2. 【超電磁砲】御坂美琴が好きな人は上条当麻?あのバカ・ツンツン頭とは

  3. 【ARP】アニメ第1話の感想ネタバレ!シンジの過去大丈夫か?

  4. 【七つの大罪】泣ける・感動するシーンまとめ!アニメ名場面を振り返ろう!…

  5. 【恋するアステロイド】第1話の感想ネタバレ!面白いし癒やされる!

  6. 【あひるの空】アニメ第8話のネタバレと感想!ビンタされ退学処分になるト…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP