いろんなものを深く見る

パージ:エクスペリメントのタイトルの意味と内容を解説!現実になる可能性についても

 
この記事を書いている人 - WRITER -

パージシリーズの新作、パージ:エクスペリメントが公開になりますね。

実際にありえる犯罪や虐殺の話だと言われているスリラー・クライム映画ですが、パージ法が実際に起こりえる話だと言われている理由や、映画が伝えようとしている陰謀説についてなどを含め、映画タイトルの意味と、内容について、ネタバレを含みながら解説していきたいと思います。

映画パージ:エクスペリメントのタイトルの意味

「パージ(Purge)」という英単語には、「追放、一掃、抹消、浄化、除去」というような意味があります。

また、「エクスペリメント(Experiment)」という英単語は、「実験」という意味があります。

つまり、「パージ:エクスペリメント」という映画タイトルには、「追放の実験」という意味があるのです。

パージ:エクスペリメントという映画は、「政府にとって邪魔な人間を、政府の人間が合法で殺せる時間を作る」という映画です。

その為、「パージ:エクスペリメント」という映画タイトルは、「政府が政府にとって邪魔な人間を殺す:実験」という意味があるのです。

映画パージ:エクスペリメントの内容あらすじ

パージ:エクスペリメントという映画は、実はパージシリーズ作品のうちの1つです。

過去に、

  • パージ
  • パージ:アナーキー
  • パージ:大統領令

の3つの映画が公開されています。

これら3つの映画は、既に「政府が政府にとって邪魔な人間を殺すことができる時間」を法律で定めた後のお話です。

そして、今回公開となる「パージ:エクスペリメント」は、俗にいう「パージ法」を定める前の試験的なトライアルのお話なのです。

映画パージ:エクスペリメントの内容

映画は、アメリカの政権を新政党「NFAA」が握っているとする未来のお話です。

パージ法の実験とは?

NFAAは、「1年の内、ある一晩の12時間だけ、全ての犯罪を犯すことができ、法がそれを罰することがない」というパージ法を考え出します。

NFAAがパージ法の制定を検討している理由は、「政府にとって、邪魔な人間を全て殺してしまいたいから」。

政府にとって邪魔な人間とは、ホームレスや貧困者など、いわゆる政府のお荷物になっている人々です。

しかし、政府はそんなことは公に言えないので、「国内の犯罪率を1%以下に抑える為」であると国民には公表しています。

そして、パージ法を正式に制定する前に、一度実験を行うことにNFAAは決めました。

そこで実験をする為に選ばれた場所が、アメリカ・ニューヨーク州のスタテンアイランドです。

政府は、スタテンアイランドでのパージ法の実験に参加すれば、5千ドルを支給するといい、さらに実際に犯罪を犯せば、報酬金を増やすと言って、参加者を募集します。

パージ法の実験を考案したアップデールという名の行動科学者は、法で裁かれることがなければ、法を犯す者は抑止されると考えていました。

パージ法で虐殺をしていた政府

パージ法が試されたスタテンアイランドでは、覆面をかぶったグループが低所得者層が住む地域だけを狙ってどんどん虐殺していきます。

アップデールが、人を虐殺しているこの覆面グループが、政府の人間であることを突き詰めると、政府に問いただします。

すると、政府の人間は「失業者対策だ」とか「人口の調整だ」などと言います。

主人公のアザイアや、スタテンアイランドのギャングたちは、パージ法が発令されている12時間を必死に生き延び、政府と戦う為に頑張るのでした。

パージ:エクスペリメントの映画内容の意味

パージ:エクスペリメントという映画は、パージ法制定のようなことが実際に起こりえると言われている政府の陰謀を公にしている映画です。

現代のアメリカは、お金持ち層と貧困層がくっきりと分かれていると言われています。

そして、政府が抹消したい人間たちというのは、この貧困層という設定です。

つまり、「アメリカ政府は、問題となる貧困層を抹消したい陰謀がある」ということを描いたのが、パージ:エクスペリメントという映画なのです。

このことをもう少し深く見てみましょう。

貧困層が象徴するものとは?

パージ:エクスペリメントの中で、貧困層の人間は政府にとって邪魔な者とされていますが、この貧困層の人々は、実は、「政府に従わない人々」です。

事実として、政府は長いこと私たち人類をコントロールしてきました。

奴隷制度は大分緩んだものの、国民の「生き方」「常識」そして「考え方」などは、政府が長年に渡ってマインドコントロールをしてきました。

私たちの多くは、「政府に忠実であること」、「国や人々を導くリーダーは政府であること」、「出世してお金を稼いで良い地位を得る為に生きること」などというマインドセットがあります。

その為、頑張り屋であればあるほど、成功してお金持ちになっていることでしょう。

しかし、この政府の政策に従わない人々がいます。

彼らは、「政府に忠実でなければいけないこと」、「政府に従うことが全てではないこと」、「お金を稼いで出世することが一番大事ではないこと」をよく知っています。

彼らは、自分の心や愛に従って生きる人々なのです。

心や愛に従って生きている人は、政府にマインドコントロールされたり、気がつかない内に支配されるということがありません。

その為、政府はコントロールすることができないのです。

つまり、政府が抹消したい貧困層の人々というのは、政府がコントロールできない人々なのです。

だから、貧困層の人々は政府にとって邪魔なのです。

なぜなら、この世にコントロールできない人がいる限り、政府は世界征服をできないからです。

なぜパージ法が起こりえそうなの?

時代背景を見てみると、世界の貧困層=政府にコントロールされない人々は、今どんどん増えて、強くなってきています。

その理由は、簡単に言ってしまえば、宇宙の運命的にそうなっていると言えますし、他の言い方をすれば、私たち人間の多くが目覚めてきているからです。

例えば、アメリカでの話をすれば、ヒッピー文化というものがあります。

ヒッピー文化とは、「愛と平和」をモットーにする人々が、心に従って自由に生きる風習です。

例えば、この人たちは、政府にコントロールされにくく、言うなれば政府の目の上のたんこぶと言えるでしょう。

一昔前は、ヒッピーな人は、見るからにヒッピーな容姿をしていて、行動も革命的でしたが、今はそれほど目立たなくなっていると思います。

ですが、ヒッピー文化は衰えたのではなく、潜伏していると表現することができます。

ヒッピーというレーベル分けをしなければ、ヒッピー文化な人々は自然と増えてきており、各々が強くなってきています。

このようなヒッピー系の人間は、今増加傾向にありますが、「愛と平和」がモットーなので、過激な行動を起こしません。

じわりじわりと政府を追い詰めていきます。

というか、ヒッピー系の人は、「追い詰める」意識はないのですが、政府が自然と「追い詰められる」形になってきているのです。

今、政府や社会のシステムがどんどん崩れ、悪態があらわになってきていますね。

また、例えば、大きなメディアなどが、とある重大事件から焦点をずらす為に、有名な俳優のスクープを一斉に報道するなどの「メディアコントロール」というものも多く使われてきましたが、今はメディアに騙されない人々も増えてきています。

このように、政府が人間をコントロールすることが、現代では難しくなってきているのです。

政府は今、焦っています。

だから、パージ法のような現象が起こりえると言われているのです。

実際に起こりえそうなパージ法とは?

パージ:エクスペリメントの映画では、パージ法は、「人を虐殺できる」ことを中心に焦点を当てていますが、実際には、このような明らかな「虐殺」は起こらないと、私は思います。

このような武器を使っての虐殺は、一昔前ならあったかもしれませんが、今の時代では野蛮すぎて、おそらく他の形で行われると思います。

もちろん、これから政府による虐殺が絶対に起こると決まっている訳ではありません。

ですが、もし起こるとしたならば、「ウィルス」を使った大量虐殺や、政府に反対派の著名人の暗殺などでしょう。

もしくは、テロリストを装った虐殺かもしれません。

もしかすると、私たちが知らないだけで、もう実は起こっているかもしれませんね。

政府の目的は、今までの悪態の数々を隠し、世界を征服することであると言われています。

しかも、政府を牛耳っているのは、地球人ではない可能性が高いとも言われています。

アメリカが宇宙人と密にコンタクトを取っていることは良く知られていますね。

昔は、「そんな噂がある」程度でしたが、今は、世間によく知れ渡っています。

しかし、政府がやすやすと権力を譲るとは思えません。

何かしら手を打つことでしょう。

だから、パージ法のようなことは実際に起こりえると言われている訳ですが、実際には、もう少し高度な手を使ってくると考えていた方がいいかもしれません。

まとめ

パージ:エクスペリメントという映画は、実際にある政府の陰謀がどのような展開を迎えるのかという点において、ありえそうな例を描いている映画です。

その為、「パージ:エクスペリメント」という映画タイトルには、「政府による、政府反対派を虐殺する陰謀の実験」という意味があるのです。

私たちは、自分の心に従い、人や権力者に言われたことをうのみにするのではなく、常に真実を知ろうとする姿勢が大事だと、私は思います。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© 見る見るブログ , 2020 All Rights Reserved.