アニメ

新サクラ大戦の旧作キャラは死亡した?すみれ以外のネタバレや扱いについても

ここでは新サクラ大戦に出てきていない旧作キャラクターの紹介と旧作キャラクターは死亡してしまったのかについてまとめてあります。

「サクラ大戦」シリーズの動画を全て無料で見放題することができます!

詳しくはこちら↓

【新サクラ大戦】アニメの動画を無料視聴できる動画配信サービスまとめ!

新サクラ大戦での旧作キャラは死亡してしまったのか

大神一郎や真宮寺さくらが所属していた帝国華撃団とエリカ・フォンティーヌ達が所属していた巴里華撃団は降魔大戦で帝都を守るために大神華撃団として活躍をしました。

そのおかげで降魔皇は復活をすることがなく帝都に再び平和が訪れました。

しかし降魔皇の封印には代償が必要となり、降魔大戦に参加した大神華撃団のメンバーは幻都というもう一つの帝都に閉じ込めらてしまうこととなってしまいました。

 

新サクラ大戦 the Animationの冒頭に帝国華撃団の紹介みたいなものが少しされますが、新サクラ大戦(ゲーム版)で詳しく説明されています。

今回の話題は大神華撃団は幻都で死亡してしまったのかということですが、詳しい詳細は分かっていません。

新サクラ大戦(ゲーム版)では降魔大戦や二都作戦の内容を神崎すみれが話してくれていますが、その結末はだれにもわからないようです。

 

またゲーム内で幻庵葬徹が帝剣を利用し幻都は帝都に姿を見せることになります。

幻都は街や建物がボロボロになっておりとても人が生きれるようには思えないほど朽ち果てた姿になっていました。

幻都に閉じ込められている大神一郎や真宮寺さくらはいまだに降魔皇と戦い続けていると神崎すみれも言っていました

 

私も神崎すみれと同じように死亡してしまったのではなく、今でも戦い続けているのだと思います。

そう思える理由として新サクラ大戦(ゲーム版)には夜叉という真宮寺さくらに似ている上級降魔が登場します。

夜叉は神滅という傀儡兵器を使い神谷誠十郎たちの邪魔をしてきますが、最後は天宮さくらの一刀で消えてしまいます。

 

夜叉は消えてしまうときに真宮寺さくらのリボンから後ろの髪を落として消滅します。

もし死亡してしまっているならわざわざ後ろ髪ではなく肉体を利用すればよかったのではと思いました。

つまり大神華撃団のメンバーは誰も死亡しておらず、今でも生きて戦っているのではないかと考えています。

 

新サクラ大戦での旧作キャラネタバレ!封印された旧作キャラたち

先ほど話した通り封印されているのは大神一郎率いる大神華撃団のメンバーです。

ここではそのキャラクター達を少し説明していきたいと思います。

まず大神一郎は帝国華撃団と巴里華撃団をともに指揮したことがあり、華撃団のメンバーにとても好かれ信頼されている隊長です。

 

真宮寺さくら

帝国華撃団・花組には8人のメンバーがおり、アニメで主人公を務めていたのは真宮寺さくらです。

真宮寺さくらは赤いリボンとポニーテールが特徴的でいつも前向きな性格をしています。

ロシア人とのハーフであるマリア・タチバナは帝国華撃団・花組の初期メンバーの一人であり小さいころから過酷な経験をしており、拳銃の扱いに長けています。

 

アイリス

アイリスはテディベアのジャンポールをいつも抱いている金髪の女の子で、見た目とは裏腹にとても高い霊力を所持しています。

帝国華撃団・花組の初期メンバーの一人であり霊子甲冑を開発したのが李紅蘭であり、天才的な発明力を持っています。

 

桐島カンナ

桐島カンナも帝国華撃団・花組の初期メンバーであり、空手を得意とした男らしい女の子です。

神崎すみれとはよくケンカをするが本当は仲が良く、神崎すみれ引退記念ではずっと泣きながら見送っていました。

 

ソレッタ・織姫

ソレッタ・織姫はイタリア人とのハーフで褐色色の肌が赤いドレスと似合う女の子ですが、日本語が片言なのが特徴的です。

男の子のような見た目をしているレニ・ミルヒシュトラーセはいつも無口だが戦闘において高い能力を持っています。

 

巴里華撃団は5人からなっており、最初はエリカ・フォンティーヌがひとりで務めていました。

エリカ・フォンティーヌは見習いのシスターでありドジを踏むことも多いが、元気と神への祈りを大切にしています。

ノルマンディー公爵家の令嬢であるグリシーヌ・ブルーメールはきれいな金髪をしており、斧を使って戦っています。

 

移動サーカスの団員でありながら巴里華撃団の一員であるコクリコは動物との仲が非常によく、アイリスやカンナとも仲が良いです。

ロベリア・カルリーニはもともと犯罪を繰り返す悪党で霊力を使って悪さをしていましたが、テアトル・シャノワールの総支配人であるグラン・マによって巴里華撃団に入隊させられました。

日本の北大路男爵家の令嬢である北大路花火はパリでも日本の習い事をしており、戦闘ではボウガンを使って戦います。

 

これでもちょっとしかキャラクターの紹介ができていないのですが、神崎すみれを除くメンバーが今でも幻都に閉じ込められています

 

新サクラ大戦には旧作キャラは登場・復活するのか

新サクラ大戦では降魔大戦から十年後と完全に切り替えている部分もあるため登場や復活は無いのかなと思います。

多数の世界の華撃団や華撃団大戦などサクラ大戦にはなかった要素も追加されており新しい路線で行くような気がします。

私としては新サクラ大戦とは別に幻都編をやってもらいたい部分もあります。

 

そこで復活した大神華撃団が華撃団大戦に参戦とかあったらとても面白いと思います。

幻都にいる間は時が流れないみたいな設定があれば現役で霊力を持っていることになり、霊子甲冑も動かせると思います。

 

新サクラ大戦での旧作キャラの扱いについて

新サクラ大戦ではアニメ版やゲーム版ともに旧作キャラクターは冒頭でしか紹介されておらず人によっては扱いがひどいという意見もあります。

確かに今まで登場したキャラクターが急にいなくなり平和と引き換えに今でも戦っていると考えると、ちょっと雑かなと思う部分もあります。

しかし私が考えるに今から旧作のキャラクターを出すとなると声優の方々も同じように揃えなくてはなりません。

 

サクラ大戦4から18年がたっているため声を昔のように保つのは難しいし、声優が変わればよけいに違和感が出てしまうためそっちの方がよっぽど嫌な気がします。

そう考えると今のように無理やりでも設定を作ってくれている方が良いのではないかと思います。

 

まとめ

やはり昔からサクラ大戦をやっていた人からすると、旧華撃団メンバーが登場してほしいと願う気持ちはよくわかります。

私も地上波じゃなくてもいいのでOVAかなにかでもう一度見たいという気持ちがあります。

仕方ないので今は我慢して、新しいストーリーの新サクラ大戦を存分に楽しみたいと思います。

「サクラ大戦」シリーズの動画を全て無料で見放題することができます!

詳しくはこちら↓

【新サクラ大戦】アニメの動画を無料視聴できる動画配信サービスまとめ!

関連記事

  1. 【リゼロ2期】第7話(32話)の感想ネタバレ!オットーが大好きになる回…

  2. 【サイコパス3】宜野座伸元と須郷徹平はどこに出てた?信者のホロで出演し…

  3. 【ドラクエ】ユアストーリーのネタバレ結末はゴミ?結婚する花嫁は誰か?

  4. 【おそ松さん】アニメが無料で見れるアプリ比較!漫画も無料で読める!

  5. 【FGOバビロニア】第16話のネタバレと感想!牛若丸の再登場!

  6. 【ごちうさ】相関図!キャラの名前一覧も!

コメント

    • C.M.M
    • 2020年 7月 10日

    すみません。最初のは打ち込んでる最中に誤って投稿してしまいました。
    もう一度投稿し直します

    ゲームやアニメ、コミック等を見る限り、三都の華撃団の面々は、幻都で今も生きていると思います。
    コミック版ではその点がより明瞭に描かれていたのですが、過去の世界から帰る神山と天宮さくらが、降魔皇の思念に取り込まれようとしていたのを、真宮寺さくらの思念が阻むシーン
    ゲームでは真宮寺さくらだけの登場でしたが、コミックでは神山が真宮寺さくらだけではなく、複数の思念が降魔皇の思念と同じ方向から来ていて、自分たちを救ってくれたことを感じていたし、真宮寺さくらの思念が
    「私たちは必ず帝都に戻ります」
    と明瞭に答えたりしていて、三都華撃団の皆は今も幻都にいることを示しています。
    (個人的には、ゲーム本編でもコミックのような展開は出来たはずで、そうしていたら、こんな賛否は起こらなかったのではと思っています。)

    旧キャラの扱いがひぃどいとかいう声も聴きますけど、続編に出てこなかったから、別の世界にいてこちら側にはこれない設定だから、扱いがひどいというのは極論過ぎると思っています
    殺してもいない、ちゃんと生きていると表現されているのに、あたかも殺したかのように言って批判したり、誤ったサクラ大戦の知識で新サクラ大戦を批判したりしている人も多いので、注意が必要だと思います。

      • miruru
      • 2020年 7月 10日

      コメントありがとうございます!

      やはり、彼女たちは幻都で生きているのですね!

      「別の世界にいてこちら側にはこれない設定」という言葉を聞いて、なんだかとても明るい気持ちになりました^^

      どうもありがとうございますm(__)m

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最近の記事

  1. アニメ

  2. 秋アニメ2020

  3. 秋アニメ2020

  4. 秋アニメ2020

  5. アニメ

PAGE TOP