アニメ

【新サクラ大戦】アニメ第1話の感想ネタバレ!感動の再会を果たした気分!

アニメ「新サクラ大戦」第1話の感想と、ネタバレ内容についてまとめています。

感動したキャラクターや、作画、声優などについても触れています。

「サクラ大戦」シリーズの動画を全て無料で見放題することができます!

詳しくはこちら↓

【新サクラ大戦】アニメの動画を無料視聴できる動画配信サービスまとめ!

【新サクラ大戦】第1話のあらすじ

堂々開幕!新生華撃団

太正三十年―多くの客で賑わう大帝国劇場。帝国歌劇団の新作公演初日。

楽屋には隊長代理としての初めての舞台を迎える天宮さくら、そして、東雲初穂、望月あざみ、アナスタシア・パルマ、クラリスの新生花組の4人の姿が。

そこに神山誠十郎が帰国。

その後ろには見知らぬ一人の少女の姿が…

 

大神一郎が率いた「帝国歌劇団」が活躍してから14年の時が経ち、新制帝国歌劇団として「帝国歌劇団・花組」を神山誠十郎が率いていました。

神山誠十郎は世界歌劇団連盟からの極秘任務のため爆発事故があったテトログラーフ郊外に向かっていました。

そこでは莫斯科(モスクワ)歌劇団が壊滅状態にあり、唯一の生き残りであるクラーラを保護して、安全を確保するのため帝都・東京に帰ってきました。

帝都・東京では帝国歌劇団・花組が街を守っていたが、近ごろ動きを見せていなかった降魔が動きを見せ始めました。

 

果たしてこの降魔の動きは爆発事故で生き残ったクラーラに関係しているのでしょうか?

  

【新サクラ大戦】第1話のネタバレ内容

概要

☆帝国歌劇団とは
☆クラーラのこれから
☆降魔の襲来

 

☆帝国歌劇団とは

大正12年に帝国海軍士官学校を卒業した大神一郎は帝国歌劇団の隊長を命じられ、本部がある「大帝国劇場」へと向かうことになった。

大帝国劇場では少女たちで編成されており、表では舞台に立ち裏では霊力を武器に帝都の平和を守っている「帝国歌劇団・花組」でした。

そして帝国歌劇団は悪の組織である「黒之巣会」を消滅させるべく立ち向かうのでした。

 

そして大神一郎が指揮をとった帝国歌劇団と巴里歌劇団、そして大河新次郎が指揮をとった紐育(ニューヨーク)歌劇団は降魔大戦で多くの隊員が姿を消すことになります。

月日がたち、新サクラ大戦の部隊である神山誠十郎が率いる帝国歌劇団・花組が誕生しました。

話が長くなってしまいしたが帝国歌劇団とは帝都・東京を守るために活動をしていると考えれば大丈夫です。

 

ちなみに花組以外にも戦組、守組など様々な部隊名がつくこともあります。

 

☆クラーラのこれから

爆破事故の生き残りであるクラーラは何者かに狙われていたため安全が保障できる帝都・東京に身を置き、帝国歌劇団・花組に見習いとして参加することになります。

クラーラは事故のショックで記憶を失っているようです。

神山誠十郎がいない間はメインヒロインである天宮さくらが隊長代理として指揮をしていました。

 

第1話では神山誠十郎がクラーラの手続きのため欧州にある歌劇団連盟本部に出頭する必要があり、もう一度部隊を離れることになります。

神山誠十郎からすると隊長代理として上手く務めていた天宮さくらにならクラーラを預けても安心できると思っているのかもしれません。

クラーラが成長し花組と同じ舞台に立つことができるのか楽しみですね。

 

☆降魔の襲来

近ごろ動きを見せていなかった降魔が突然帝都・東京に攻めてきました。

降魔とは異形の怪物のことを指し、怪獣やコウモリのようなフォルムや上級降魔になるにつれて人型も存在しています。

魔術実験の失敗によって犠牲になってしまった大和の人の怨念が変化したものと言われており、生物に取り付いて負の感情で成長していきます。

 

大神一郎が帝国歌劇団・花組を指揮していた時も黒鬼会のボスであった京極慶吾が降魔を兵器として利用し行く手を阻んでいました。

第1話では天宮さくらを筆頭に帝国歌劇団・花組の活躍によりあっけなく撃退することができました。

新サクラ大戦で下級降魔が現れ始めるということは、新たな上級降魔も出現するかもしれません。

 

【新サクラ大戦】アニメ第1話のストーリー性についての感想

サクラ大戦自体がキャラクター性とストーリー性のバランスが上手くとれている作品なので新サクラ大戦も期待ができそうです。

第1話のストーリー性を見た感じでは未知の敵が2人と歌劇団連盟のメンバーが出てきているため、その敵が何者でどこで現れるのか、またいつ他の歌劇団と手を組むのかなどのワクワク感があります。

ストーリーとは関係がない神山誠十郎と花組のメンバーの関係に注目をおいた話しも1話ぐらいあったらおもしろいなと思います。

 

サクラ大戦を見ていた人やゲームで楽しんでいた人にとっても過去の話に触れたりする箇所があるため見ていて楽しいです。

 

【新サクラ大戦】第1話のキャラクターについての感想

新サクラ大戦では何度も話に出ている神山誠十郎が主人公となり、帝国歌劇団・花形を率いています。

帝国歌劇団・花形のリーダーは頭にピンク色のリボンがあり和服が似合う天宮さくらです。

いつも元気で巫女のような服装の東雲初穂や望月流忍一族の望月あざみ、ギリシャ出身のアナスタシア・パルマ、ルクセンブルクの貴族であるクラリスの四人も含めて帝国歌劇団・花形となっています。

 

花組のメンバーは隊長である神山誠十郎に対してそれぞれ思いがあるように見えます。

またサクラ大戦で活躍をし、花組を引退した神崎すみれが帝国歌劇団の総司令を務めています。

私としてはサクラ大戦のキャラクターが出てきてくれるだけでも感動してしまいます。

 

【新サクラ大戦】第1話の作画についての感想

サクラ大戦に比べるとやはりキャラクターの描写や街がきれいになっており、現在の主流である3Dアニメーションの主張も感じるような作画になっています。

それもそのはずでサクラ大戦がテレビで放送されてから20年もたっているのですもの。

見比べるとやっぱり今の技術らしいなと感じてしまいます。

 

ちなみに新サクラ大戦や今のアニメはデジタルによる制作ですが、サクラ大戦は
セル画フィルム撮影だったようです。

 

【新サクラ大戦】第1話の声優についての感想

キャラクターと声優をまとめてみると、

神山誠十郎…阿座上洋平 ・ 天宮さくら…佐倉綾音

東雲初穂…内田真礼 ・ 望月あざみ…山村響

アナスタシア・パルマ…福原綾香 ・ クラリス…早見沙織

クラーラ…和多田美咲 ・ 神崎すみれ…富沢美智恵

となります。

 

さすがと言っていいほど全員が大御所ですね。

そして何よりも驚いたのは神崎すみれの声優がサクラ大戦と同じ富沢美智恵さんであることです。

過去作を見ている人にとって声優が同じなだけでもめちゃくちゃ気分が高まります。

 

まとめ

ついに新サクラ大戦がアニメ化しました!

私はサクラ大戦のアニメやゲームをやっていたためとてもうれしく感じます。

さらにオープニングが新サクラ大戦(ゲーム)と同じ曲という素晴らしさ。

 

サクラ大戦ファンの私にとって文句の付け所がありませんでした。

「サクラ大戦」シリーズの動画を全て無料で見放題することができます!

詳しくはこちら↓

【新サクラ大戦】アニメの動画を無料視聴できる動画配信サービスまとめ!

関連記事

  1. 【ダンまち】の時系列解説!映画やOVA作品などのあらすじについても

  2. 【啄木鳥探偵處】声優一覧!魅力や豪華さ・OPについても

  3. 【ハイキュー】顧問の名前は武田先生!武ちゃんは小さな巨人なの?

  4. 【防振り】ギルド一覧!メンバーについても

  5. 【七つの大罪】バンの服はなぜ丈が短い?ボタンを閉めない理由も

  6. 【炎炎ノ消防隊】ショウは死亡する?仲間になるかについても

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最近の記事

  1. アニメ

  2. アニメ

  3. アニメ

  4. アニメ

  5. アニメ

PAGE TOP