いろんなものを深く見る

【七つの大罪/神々の逆鱗】アニメネタバレ第2話と感想!作画崩壊と赤い血に驚く?

 
この記事を書いている人 - WRITER -

こちらでは「七つの大罪/神々の逆鱗」のアニメ第2話のストーリーをネタバレしています。

タイトル〈聖戦の記憶〉の意味や、キングとディアンヌのお話、作画崩壊や白い血が赤く戻っていることなどについてまとめています。

アニメ【七つの大罪】の1期、2期、3期などの過去作品全話を無料で視聴できます!

詳しくはこちら↓

アニメ「七つの大罪/神々の逆鱗」第8話までのフル動画を無料視聴する方法!見逃し動画配信比較についても

【七つの大罪/神々の逆鱗】第2話のあらすじ

〈聖戦の記憶〉

〈十戒〉の脅威から逃れるため、妖精王の森へと避難していたキングとディアンヌ。

花びらが舞い散る大樹の広場で妖精たちとの束の間の戯れを楽しむ中、2人はいつの間にか意識を失ってしまう・・・。

そして、目を覚ました2人の目の前に立ち塞がるのは〈十戒〉「安息」のグロキシニアと「忍耐」のドロール!

死を覚悟して戦いを挑む2人であったが、桁違いの力の差に手も足も出ない。

傷付き、倒れ、まさに最期の瞬間を覚悟したその時、2人が〈十戒〉から耳にしたのは意外な言葉だった。

 

タイトル名〈聖戦の記憶〉のネタバレ

〈聖戦の記憶〉という言葉が第2話のタイトルになった理由は、キングとディアンヌが、聖戦が行われていた時代である3000年前のブリタニアに送り飛ばされるからです。

3000年前のブリタニアの聖戦を経験することで、キングとディアンヌは成長をしていくようです。

 

【七つの大罪/神々の逆鱗】アニメネタバレ第2話のストーリー内容

「七つの大罪/神々の逆鱗」のアニメ第2話のストーリー要点は以下の通りです。

  • キングとディアンヌがドロールたちにさらわれる
  • キング・ディアンヌ 対 ドロール・グロキシニア
  • ドロールたちが与えた試練:強くなること
  • 3000年前のブリタニア時代:化石の谷

 

第2話に初登場したキャラクター一覧

  • マトローナ(巨人族の戦士長)
  • オスロー(ブラックハウンド/黒妖犬)
  • ゲラード(妖精王の補佐)
  • ドロール(十戒-忍耐)
  • グロキシニア(十戒-安息)

 

キングとディアンヌがドロールにさらわれる

キングとディアンヌは、メリオダスが死んだと信じており、今のままで戦いをしては勝ち目がないと、守りを強化することを考えていました。

キングは、メリオダスが殺された日以来、グロキシニアとドロールに動きがないので、怪しいと嫌な予感がしています。

 

妖精のゲラードは、誰かから見られているような視線を感じます。

気のせいかもしれないと思い直し、ディアンヌたちや妖精たちと、みんなで楽しい音楽と共に踊りだします。

しかし、ゲラードは音楽が止まる間際に、グロキシニアを間近に感じました。

 

「良かったっす。生きていてくれたんすね。」

グロキシニアはそう言って、ゲラードの余韻を残していきました。

同時に、キングとディアンヌは、ドロールとグロキシニアにさらわれてしまいました。

 

キング・ディアンヌ 対 ドロール・グロキシニア

キングとディアンヌが目を覚ますと、そこは魔術で作られた空間の中でした。

岩壁は弾力性を持っており、キングたちは脱出することもできません。

半ば最後を意識したディアンヌとキングは、精一杯ドロールたちと戦います。

 

しかし、ディアンヌとキングには、勝ち目がなく、2人とも倒れてしまいます。

そんな時、最後のトドメを期待したキングに、ドロールたちは試練を与えると言います。

 

ドロールたちが与えた試練:強くなること

ドロールたちがキングたちに与えた試練、それは強くなることでした。

かつて、ドロールは巨人族の王として、グロキシニアは妖精族の王として君臨していたと、ドロールは説明します。

キングは「十戒は僕らの敵だ!」と言いますが、グロキシニアたちは、「(自分たちを敵視する)気持ちは分かるが、自分たちは魔神族に属さない」と言い、魔神族と戦った過去を明かします。

 

ドロールとグロキシニアの後輩にあたるキングとディアンヌは、試練を受けて立ち、成長することを望むのでした。

 

すると、グロキシニアは魔術を使って、キングをグロキシニアに、ディアンヌをドロールの姿にして3000年前のブリタニア時代へ送り飛ばしたのでした。

 

3000年前のブリタニア時代:化石の谷

3000年前のブリタニアに送り飛ばされたキングとディアンヌは、自分たちの姿がグロキシニアとドロールに変わっていたことに驚きますが、メリオダスと再会することになりました。

元の現実の世界でメリオダスは死んだはずと思っていた2人ですが、一緒にいたエリザベスが女神族の姿であることをきっかけに、3000年前のブリタニア時代に飛ばされたことに気が付きます。

 

メリオダスに事情を伝えようとした2人ですが、メリオダスはキングもディアンヌも知らないと言います。

ひとまず、キングとディアンヌは、グロキシニアとドロールになりきることにしたのでした。

 

メリオダスに連れられた場所は、化石の谷でした。

暴れまわっている魔神たちを、メリオダスはどんどんやっつけていきます。

キングは強さが足りない自分たちを足手まといとさえ感じているのでした。

 

【七つの大罪/神々の逆鱗】第2話の感想!作画崩壊と赤い血に驚く!?

ドロールたちにさらわれたキングとディアンヌを心配しましたが、ドロールたちは良い奴だったのですね。

3000年前のブリタニアに飛ばされたキングとディアンヌは、本当に弱々しく見えました。

七つの大罪は、元の世界では最強なメンバーと認識していましたが、強さで言えば、上には上がいるのですね。

 

3000年前のブリタニアにいたメリオダスは、やっぱり強かったので、やっぱり団長は七つの大罪の中で桁外れに強いのかと、尊敬し直しました。

メリオダスの方が歴史が長いのですよね。

結局、経験が強さに比例するということなのですよね。

キングとディアンヌには、さらなる経験を積むことで、さらに強くなって頂きたいと思いました。

 

さて、ここまでは物語の感想でしたが、ここからは、作画崩壊や白い血が赤い血に戻っている違和感について感想を述べたいと思います。

 

作画崩壊〈キャラの顔〉

「七つの大罪/神々の逆鱗」の第2話を見ていて、作画の方が少し気になりました。

登場キャラクターたちの顔が、若干違うのですよね。

作画に違和感を感じたのは、私だけではなかったようで、少し話題になっています。

 

メリオダスに関しては、場面によってはピノキオみたいなことになっていますし、また他の場面によっては、食べることが大好きなボーッとしたキャラみたいな顔になってしまっています。

エリザベスの顔にもかなり違和感があり、登場した時は、3000年前のブリタニア時代だから顔が違うのかななんて思いましたが、いや、やはり単純に、顔に違和感が出ているようです。

キャラクターの顔って、性格や心がにじみ出ているものなので、今後キャラ設定が崩れるなどの残念なことにならないことを願っています。

 

作画崩壊〈白い血が赤い血に戻っている〉

もう1つ、作画で気がついた点ですが、前回の第1話では、血が出るはずのシーンがいくつかあったのですが、血が白かったのですよね。

最初は、攻撃の光が強すぎて・・・なのか?とも思いましたが、やはり、血が白かったのです。

血が白く描かれていた理由は定かではありませんが、放送時間が夕方と早いことで規制がかかっていたためと言われたり、製作者側がクレーム回避のために自主規制をしたためだなどと言われています。

 

しかし、今回の第2話では、血は赤く描かれていました。

 

第1話の血が白かった理由は何だったのか気になるところです。

本来、アニメを楽しむ上で、作画とかの細かいところは気にするべきではないのかもしれませんが、アニメに入り込んでいるからこそ、作画が変わったり崩れたりすると、細かいことで違和感を感じてしまうのですよね。

 

「七つの大罪」「聖戦の予兆」「戒めの復活」では、佐々木啓悟さんがキャラクターデザインを担当していました。

「神々の逆鱗」では、西野理恵さんがキャラクターデザインを担当しています。

 

アニメーション制作担当も、今まで「A-1 Pictures」が行っていましたが、「神々の逆鱗」ではスタジオディーンが行っています。

こういったことも、作画が変わっていることに関係しているのかもしれませんね。

 

まとめ

「七つの大罪/神々の逆鱗」第2話は、キングとディアンヌが強くなるために、先輩のドロールとグロキシニアに3000年前のブリタニアに送り飛ばされるというお話なのでした。

キングとディアンヌには、ぜひとももっともっと強くなっていただきたいものです。

アニメ【七つの大罪】の1期、2期、3期などの過去作品全話を無料で視聴できます!

詳しくはこちら↓

アニメ「七つの大罪/神々の逆鱗」第8話までのフル動画を無料視聴する方法!見逃し動画配信比較についても

 

【七つの大罪の関連記事】

☆アニメ【七つの大罪】かっこいいシーンまとめ!メリオダスやバンの名場面も

☆【七つの大罪】死亡シーンまとめ!悲しい名場面を話数ごとに!

☆アニメ【七つの大罪】ゴウセルの面白いシーンまとめ!空気の読めない名言についても

☆アニメ【七つの大罪】泣ける・感動するシーンまとめ!名場面を振り返ろう!

☆アニメ【七つの大罪】面白いシーンまとめ!笑える話数別に紹介!

☆【七つの大罪】ギルサンダーとマーガレットの呪縛を解説!おまじないの意味についても

☆【七つの大罪】キングが枕を持つ理由は?霊槍シャスティフォルの10形態の種類を解説!

☆【七つの大罪】バンの服はなぜ丈が短い?ボタンを閉めない理由も

☆【七つの大罪】メリオダスと医者の毒や傷が治る理由は?ダナ先生がほぼ死亡から復活した経緯も

☆【七つの大罪】キャラクター相関図!人物設定や関係についても紹介

☆【七つの大罪】エリザベスが嫌い?嫌われる理由についてのまとめ

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© 見る見るブログ , 2019 All Rights Reserved.