アニメ

【イドインヴェイデッド】アニメ第6話の感想ネタバレ!名探偵本堂町の誕生!

2月2日放送のアニメ「イドインヴェイデッド」の第6話のネタバレ感想をまとめています。

墓掘り犯の逮捕劇や、ジョン・ウォーカーが蔵組織の誰かである可能性があること、イナミのイドの中の様子や、名探偵に推薦された本堂町などについて、感想と一緒にまとめています。

「イドインヴェイデッド」を実質無料で視聴することができます! 

詳しくはこちら↓

【イド:インヴェイデッド】を無料視聴できる動画配信サービスまとめ!アニメ全話のフル動画が見放題!

 

【イドインヴェイデッド】第6話のネタバレ内容

概要

《円環の世界》

☆墓掘り犯の逮捕劇
☆ジョン・ウォーカーは蔵組織の誰か?
☆イナミのイドの中
☆名探偵に推薦された本堂町

 

第5話の内容については、こちら↓をどうぞ。

【イドインヴェイデッド】アニメ第5話の感想ネタバレ!本堂町がかっこいいぞ!

 

墓掘り犯の逮捕劇

墓掘りの実行犯がカズタで、カズタを動かしていたのがイナミナホシであることを突きとめた本堂町と松岡は、イナミを取り押さえようとしますが、隠れていたカズタに松岡は刺されてしまいます。

本堂町は応援を呼び、うまいこと言葉を操ってカズタをおびき出します。

カズタは本堂町の銃弾をかわし続け、本堂町に包丁で襲いかかりますが、結局本堂町がカズタを指し、カズタはキスをして倒れます。

 

またしても、カズタの「殺したい気持ち」が頭の穴のせいで「愛する気持ち」と入れ替わってしまったのです。

カズタは死んだ後、イナミのイドに現れ、イナミに熱い視線を送っていましたが、イナミは相変わらず冷たい態度なのでした。

現実の世界では、「死ぬところが見れないのならつまらない」と、生き埋めにした被害者の居場所を、イナミは簡単に吐きます。

 

ジョン・ウォーカーは蔵組織の誰か?

井戸端スタッフたちは、ジョン・ウォーカーの正体や、連続殺人犯と繋がっている経緯について考察を交わしていました。

イドを生成しているミズハモメは、井戸端のスタッフたちでも情報を知ることが困難で、開発者のシラコマニシオは、行方不明になっています。

井戸端スタッフたちは、自分たちの組織の中にジョン・ウォーカーがいると考えているのでした。

 

また、富久田の自宅からは、ジョン・ウォーカーが仕掛けたと思われる盗撮器が発見されます。

そしてその盗撮器は、酒井戸の娘を殺害した連続殺人犯:タイマン(かつやまでんしん)の家に隠されていたものと一致していることが分かります。

 

イナミのイドの中

イナミのイドの中の酒井戸は、カズタとイナミが高校に通っていた時代の電車の中にいました。

その電車は、イナミが14歳の時に母親が自殺した電車であり、電車の中には、血の続く足跡があって、例のようにかえるちゃんを見つけます。

電車の窓の外には、墓掘りの被害者たちも見えました。

 

電車は、カズタのイドの中でグルグルと回り続け、酒井戸はどこかに到着することが永遠にないことを知ります。

そして、かえるちゃんに死んでほしくないと涙を流す酒井戸なのでした。

 

名探偵に推薦された本堂町

その一方で、本堂町は松岡にイドに潜る名探偵として推薦されました。

本堂町は喜んでいましたが、松岡は、推薦した理由は、本堂町が連続殺人(自殺未遂とカズタの殺害)を実は楽しんでいると思ったからのようです。

本堂町は殺害を楽しむ気持ちについて否定しますが、松岡は本堂町に「本堂町を推薦したのは自分と仲間を守りたかったから」だと言います。

 

【イドインヴェイデッド】第6話の感想

イドインヴェイデッド面白いですねぇ。

第6話で、本堂町は生き生きとカズタとイナミを追い詰めていましたが、本堂町がカズタと対戦している時、松岡がぼーっと見入っている様子が凄く気になっていたのですよね。

「そこまで棒立ちして見なくてもいいのじゃないか?でも怪我してるから動けないのか?」と凄く気になっていましたが、本堂町が名探偵に向いていることを見極めていたのですね!

見事な伏線回収でした。

 

しかし、松岡は本堂町を名探偵に推薦した後、冷たい態度をしていましたね。

もしかすると、微妙な心情なのかもしれませんね。

推理力は認めるし、行動力があることも認めるが、その捜査方法に少し危うさがあると言ったところでしょうか。

 

酒井戸がどうして名探偵に向いているのかということを説明するかのような本堂町の名探偵昇進?でしたね。

人を殺害することを臆さない殺人犯であることが、名探偵の1つの条件。

本堂町は殺人を楽しんでいるということを否定していましたが、確かに松岡の言う通り、あの場面でグサリとカズタを刺せたのは凄いですよね。

 

自己防衛だったと言えばまぁそうなんでしょうけれど、応援が来るまで慎重に待つとか、あれだけ頭が良いなら他の手を考えることもできたのではないかと思います。

でも本堂町は、死の危機を恐れず、イナミのイドを作る為にカズタを刺すことも躊躇しなかった。

精神力の強さというか、殺人犯へ向ける正義の強さというか、なんかその辺がイドに入っても気が狂わずにいられる条件なのかもしれませんね。

「イドインヴェイデッド」を実質無料で視聴することができます! 

詳しくはこちら↓

【イド:インヴェイデッド】を無料視聴できる動画配信サービスまとめ!アニメ全話のフル動画が見放題!

関連記事

  1. リヴァイがかっこよすぎる!男には人気があるのか調査!

  2. 【ぼくのとなりに暗黒破壊神がいます】アニメ第1話の感想ネタバレ!

  3. 【SAOアリシゼーションWoU】第16話のネタバレと感想!キリトが連れ…

  4. 【ダーウィンズゲーム】第1話の感想ネタバレ!要がいいキャラすぎる!

  5. アニメ【魔入りました!入間くん】第9話のネタバレ感想!処刑玉砲の特訓を…

  6. 映画【ハローワールド】の最後のオチをネタバレ解説!ラスト1秒に何がひっ…

コメント

    • まる
    • 2020年 2月 04日

    どうも。私も毎週イドを楽しみにしています(映像研と放送時間が被ってるのはかわいそう(涙)) ちなみに自分の考察ですが、松岡が本堂町を名探偵に推薦して外務捜査官から外したのは数多を刺した前後の言動だけでは無いと思います。 あの状況証拠だけから真犯人を突き止める推理力があったのなら、数多の実家が罠であることにも気付いていたのでは無いか? 突入した捜査官が死ぬことを予見していながらその死を見たいと言う無意識の欲求に逆らえず警告しなかったのでは無いか?と考えたのだと思います(俺は俺と他の仲間を守っただけだ…) もう、ホント深くて考察しがいのあるアニメですわ。

      • miruru
      • 2020年 2月 11日

      コメントありがとうございます!

      >あの状況証拠だけから真犯人を突き止める推理力があったのなら、数多の実家が罠であることにも気付いていたのでは無いか? 突入した捜査官が死ぬことを予見していながらその死を見たいと言う無意識の欲求に逆らえず警告しなかったのでは無いか?と考えたのだと思います

      なるほどですね~。

      確かに、松岡の見解は深いものがあるとは思っていましたが、そこまで考えていたかもですね。( ゚д゚)

      私はそこまで行きつけなかったです(´・ω・`)

      さすがです!!!

      いろいろ考察が楽しいアニメですよね!

      今後もお互い考察しながら見ましょう(`・ω・´)ゞ

    • くろ
    • 2020年 2月 03日

    早速の記事お疲れ様です!!多分なのですが、電車のイドはイナミのものかと…

      • miruru
      • 2020年 2月 03日

      コメントありがとうございます!

      イドは、完全にイナミのものでしたね^^;

      失礼しましたm(__)m

      そしてご指摘ありがとうございます(^^)/

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最近の記事

  1. アニメ

  2. アニメ

  3. アニメ

  4. アニメ

  5. アニメ

PAGE TOP