★おうち時間を充実させよう★

【ひぐらしのなく頃に業】第6話のあらすじ・ネタバレ感想!鷹野さんが怖キモい!

こちらでは「ひぐらしのなく頃に」のアニメ第6話(2020年11月4日放送)のストーリーあらすじを考察、ネタバレで感想を書いています。

 

【ひぐらしのなく頃にシリーズ】の動画を無料で見よう!
お勧めの動画配信サービスU-NEXT
無料期間31日間
動画配信数★★★★★
アプリの評判★★★★★
無料期間終了後の料金月額1,990円(税抜き)
U-NEXTで無料で見れる関連作品第1期、第2期「解」、OVA「礼」「煌」、第3期「業」、実写×2
U-NEXTは無料登録した瞬間からお得です!!

≪U-NEXTで無料で見る手順≫

 

  1. U-NEXTの31日間無料お試し体験に登録。
  2. U-NEXTでアニメ「ひぐらしのなく頃にシリーズ」を無料で見る。

※ U-NEXTの付与ポイントを使って漫画を購入すると無料になるよ。

※継続しないなら、無料期間中に忘れずに解約しよう!無料期間中に解約すれば、料金はかからない!

 

 

【ひぐらしのなく頃に業】第6話のあらすじ

綿騙し編 其の弐

©2020竜騎士07/ひぐらしのなく頃に製作委員会

 

【ひぐらしのなく頃に業】アニメ第6話のネタバレ!

概要

☆圭一が不良に絡まれる
☆詩音と圭一
☆詩音の告白
☆鷹野と富竹と大石
☆祭具殿に入る

☆圭一が不良に絡まれる

前回のお話で、圭一は魅音にお弁当箱を返そうと、魅音のいるAngel Mortに立ち寄りますが、その際うっかりバイクを倒してしまいました。

そして、バイクの持ち主であった不良が3人現れ、圭一に文句を言いだします。

すると、その場にいた詩音が圭一を庇おうと、不良に詰め寄りますが、そこで警察の大石が登場。

詩音は不良たちを警察に引き渡すのでした。

 

不良を抑えると、大石は車で立ち去りますが、詩音は立ち去る大石をにらみつけているのでした。

 

☆詩音と圭一

圭一はついでにAngel Mortに寄って詩音とお話をします。

詩音はダム計画が雛見沢の人々によって無期限に凍結されたことを伝え、雛見沢の人々が一致団結した経験について語ります。

 

その後2人は別れますが、夜に詩音は圭一に電話をするのでした。

詩音は、圭一に甘いものは好きかと聞き、Angel Mortの夏のデザートのモニターを探していると言います。

圭一が甘いものが好きだと言うと、「明日、放課後にAngel Mortへ」と詩音は誘います。

 

当日圭一がAngel Mortを訪ねると、たくさんのデザートの山が。

圭一は単純にデザートをむさぼります。

すると、詩音がオタクらしきお客さんに足を引っかけられ、粗相をしたとズボンを拭かせようとするのでした。

 

詩音にお世話になりっぱなしだと感じている圭一は、勇敢にもオタクから詩音を庇おうとします。

しかし、大きな体のオタクに圭一は殴られ、意識を失ってしまいます。

 

☆詩音の告白

目を覚ました圭一の前には、詩音が座っていました。

助けようとしてくれたことが嬉しかったと言い、2人はお店を見て周ります。

その間に、詩音は魅音への思いを告白するのでした。

 

詩音は魅音と本当には仲が良くないことをさりげなくほのめかし、人形が売っているお店へ入ります。

すると、そこには魅音が。

詩音は魅音に当てつけるように、圭一と一緒に時間を過ごしたことをさりげなく自慢するのでした。

 

詩音は、お弁当を届けたのが魅音だったことをばらし、詩音と魅音の違いをはっきりさせます。

 

☆鷹野と富竹と大石

雛見沢の人々は、みなお祭りの準備をしていました。

夕方になると、疲れた圭一と一緒に麦茶を飲もうとしていた魅音を、詩音はからかいます。

そして、富竹と鷹野と大石が登場するのでした。

 

大石は挨拶をしてすぐに去りますが、鷹野は「今年は誰が死んで誰が行方不明になるのかしら」とぼそりと言います。

魅音はその話題に触れたくないのか、「先に行ってる」と言って走り去り、富竹は「オヤシロ様の祟り」について語りだします。

ダム計画に関係していた人々が毎年お祭りの後に亡くなったり、行方不明になったりする理由は、人間の仕業だと、鷹野は言います。

 

☆祭具殿に入る

圭一は梨花の演舞を見ようとしていましたが、詩音に呼ばれて祭具殿のところへ行きつきます。

そして、祭具殿の中に入ろうとしている鷹野と富竹を目撃し、ひそひそと話していると、2人に見つかりました。

鷹野、富竹、詩音、圭一は、祭具殿に一緒に入るのでした。

 

【ひぐらしのなく頃に業】アニメ第6話の感想・考察・解説!

今回のお話は、旧作とほぼ同じ流れでしたね。

詩音がメインで物語が進んだわけですが、はたして詩音は発症しているのでしょうか?

作画を見ると、時々詩音の目元が暗くなることがあるので、何かを隠していそうな、怖い雰囲気を醸し出しているような感じがします。

という点を考えれば、詩音は雛見沢症候群が発症している可能性がありますね。

 

それに、詩音は「魅音の許せないところがある」なんて発言をしていましたね。

なので、やっぱり、詩音発症ルートなのかなぁ・・・。

 

ただ、旧作では、バイクを倒してしまった圭一を助ける際、詩音は物凄い怖いことになって、詩音が発症している様が分かりやすく描かれていましたが、今回は、詩音が怖くなることもなく、大石にあっさりバトンタッチしていましたね。

今回、大石がちょこちょこ短いながらも多めに登場しているような気がします。

そして、梨花ちゃんが圭一に、景品の人形は魅音にあげるべきだと言った助言は、結末を変えることになるのでしょうか。

 

旧作と比べて、ちょいちょい物語に新しい要素を入れ込んでいますが、いまいち何がしたいのかがまだ分からないですね。

次回辺りから、「業」の面白さが出てくるかもしれないと期待したいところですね。

でも、個人的に、今回1番気になったのは、鷹野さんが物凄く怖キモくなっていることでした。

旧作よりもキモさが倍増していると感じたのは私だけでしょうか・・・。

≪【ひぐらしのなく頃に業】のネタバレ感想≫

第1話第2話第3話第4話第5話第6話
第7話第8話第9話第10話第11話第12話