半妖の夜叉姫

【半妖の夜叉姫】第3話のネタバレと感想!殺生丸の子が確定!

こちらでは「半妖の夜叉姫」のアニメ第3話(2020年10月17日放送)のストーリーをネタバレしています。

 

【半妖の夜叉姫/犬夜叉】の動画を無料で見よう!
お勧めの動画配信サービスU-NEXT
無料期間31日間
動画配信数★★★★★
アプリの評判★★★★★
無料期間終了後の料金月額1,990円(税抜き)
U-NEXTで無料で見れる関連作品半妖の夜叉姫、犬夜叉第1期、第2期、第3期、第4期、完結編、劇場版×4
U-NEXTは無料登録した瞬間からお得です!!

≪U-NEXTで無料で見る手順≫

 

  1. U-NEXTの31日間無料お試し体験に登録。
  2. U-NEXTでアニメ「犬夜叉シリーズ」を無料で見る。

※ U-NEXTの付与ポイントを使って漫画を購入すると無料になるよ。

※継続しないなら、無料期間中に忘れずに解約しよう!無料期間中に解約すれば、料金はかからない!

【半妖の夜叉姫】アニメ第3話のあらすじ

〈夢の胡蝶〉
2個の虹色真珠を取り込んだ三つ目上臈に呆気なく折れる菊十文字。

だが、せつなのピンチに妖力を発動させたとわは、妖気の刀を自分で造り出して立ち向かう。

せつなの協力もあって三つ目上臈は退治できたが、飛頭根に取り憑かれてしまうとわ。

そんなとわをせつなは姉だと認めない。

戦い合うとわとせつな。

飛頭根はとわの妹の芽衣に乗り換える。

一方、もろははせつなに幼い頃の記憶が無いのは夢の胡蝶に夢を食われたせいだと見抜く。

©高橋留美子/小学館・読売テレビ・サンライズ 2020

 

【半妖の夜叉姫】アニメ第3話のネタバレ!

概要
☆ 時を超えての再会
☆ とわとせつなの父親は殺生丸!!
☆ 草の根妖怪「飛頭根」との対決!!
☆ せつなともろはの行方について楓の推測
☆ 現代の三匹の姫

 

☆ 時を超えての再会

せつなもろはが妖怪「三つ目上臈」とともに時代樹がつなげた時空を超えるトンネルでとわのいる現代にきたところから始まります。

せつなを助けてようとして、とわが「三つ目の上臈」に斬りかかりますが、菊十文字が折れてしまいます。

(もろはによるとレプリカのようですからね。)

 

折れた刀を持つとわの左目に宿る銀の虹色真珠を狙って、「三つ目の上臈」が襲い掛かってきます。

ですが再びとわの銀の虹色真珠が輝き、折れた菊十文字に妖力の刃宿らせ、「三つ目の上臈」に深手を負わせます。

(この時、せつなともろはは時を超えるトンネルを潜った影響?、虹色真珠を奪われたかどうか原因は不明ですが、身動きがとれないようでした。)

 

止めを刺すようにもろはに言われますが、とわは妖力の刃を自分でコントロールして顕現させてわけではないので戸惑ってしまいまいます。

その隙をついて、「三つ目の上臈」は日暮芽衣たちに襲いかかろうとします。

ですが間一髪ところでせつなが間に合い、止めを刺します。

 

「三つ目の上臈」が消滅し、せつなもろはにそれぞれの虹色真珠が戻りました。

一件落着したところで、とわせつな双子姉妹であることを伝えます。

しかしせつなは聞く耳を持たず、むしろ臨戦態勢です。

せつなは昔の記憶は覚えてない?全くないようです。

 

☆ とわとせつなの父親は殺生丸!!

戦国時代の楓と琥珀たち退治屋との会話のシーンに移り変わります。

そこでせつなが殺生丸の娘で半妖であることが明かされます。

まだ誰が母親であるかは明かされません……

 

殺生丸が生まれた赤ん坊を抱きかかえ姿を消したのを楓も知っていたようですが、その後音沙汰はなかったようです。

ですが数年後、楓のところにせつなが訪ねてきたようです。

楓は双子が生まれてきたことを知っていたので、1人だけで訪ねてきたのは既にもう1人を知らずのうちに殺めてしまったのではないかと考えています……

 

☆ 草の根妖怪「飛頭根」との対決!!

せつなとわに自分の姉でというなら力で示せと斬りかかります。

もろはも妖気から双子であることは間違いないと推測を伝えますが、せつなは聞く耳をもちません。

そこに妖怪「飛頭根」がとわに取り憑き、操られてしまいます。

 

とわせつなは戦闘を開始し、もろはは日暮芽衣たちを避難させてようと動きます。

そこでかごめママが、もろはの目かごめの目に似ていることに気づきます。

とわせつなの戦闘はその間も継続していて、せつなの放った旋風刃?を妖気で作った刃でぶった切り、せつなに迫ります。

(「飛頭根」は宿主を力を自由に引き出せるようです。)

 

そこを避難誘導を終えたもろはが助太刀し、一旦戦闘を中断します。

もろはせつなに退治薬はないのかと聞くが、これにも聞く耳もちません……

その場に避難したはずの日暮芽衣が来て、とわに呼びかけます。

 

「飛頭根」は何を思ったのか日暮芽衣の方に宿主を変更します。

操られた芽衣がかごめママとかごめのじいちゃんに石を持って攻撃しようとしますが、とわが止めに入ります。

そこにせつながやってきて、「飛頭根」を切除しようとしますがとわが反対します。

 

せつなはヤドリガノツキ?という技を使用して、もろは以外を眠らせます。

そして退治薬を使って「飛頭根」を芽衣を傷付けずに退治します。

(最初から退治薬を使っていれば?は言わぬが花でしょうね。)

 

☆ せつなともろはの行方について楓の推測

再び戦国時代に場面が変わり、せつなの行方について楓が推測します。

(もろはについてはなぜ触れられないようでしょうか??)

かごめ犬夜叉と話も登場し、時代樹から発生した謎の渦からかごめのいた時代にいると推測します。

 

また時代樹に絡まっていた根がかつて犬夜叉たちが退治したはずの妖怪「根の首」であることに楓は気づきます。

「根の首」が時代樹の力を手に入れたとなったら厄介だと話しています。

そして、せつなが戻る方法についても一筋縄にはいかないとも。

 

☆ 現代の三匹の姫

現代にいる三匹の姫の方に場面が戻り、かごめの弟の草太の家に全員お世話になるようです。

芽衣も母である萌も全然驚きもせずにこの事態を受け入れ、むしろ喜んでいます。

そして草太はもろはがかごめの娘ではないかと母からも聞き、自分でもそう感じているようです。

 

とわせつなもろはの三人が会話するシーンとなります。
(とわは寝たふりをしています。)

せつなは未だにとわが双子の姉であることを認めないようです。

もろははせつなの様子から妖怪「夢の胡蝶」にせつなは夢と記憶を食べられてしまったのではないかと考えに辿りつきます。

 

とわはその話に驚き、はね起きてせつなに話かけるところでエンディングとなります。

 

【半妖の夜叉姫】アニメ第3話の感想・考察・解説!

とわせつな殺生丸の娘であることが物語的にも明らかになりました!!

あとまだ推測ですが、楓の犬夜叉とかごめについて語る雰囲気から二人が不幸なことになってはいなそうですね。

もろはについてはまだ明かされていないので次回以降でしょうか?

 

琥珀が殺生丸の娘について知らないのは何となく殺生丸の性格からわかる気もしますが、もろはが犬夜叉とかごめの娘だと気づかないのは腑に落ちませんね。

楓ももろはについてまだ触れていませんが、知っているのでしょうか?

 

また第1話で登場した妖怪「根の首」がやっぱり、今回のストーリーに大きく関わってきそうですね。

とわ、せつな、もろはが親元を離れているのも関係してくるのでしょう。

後、四魂の玉の親戚っぽい、三色の虹色真珠ですかね。

 

そして次回予告にて桔梗が登場しました。

「殺生丸の娘に頼みがある」という彼女のセリフがありますが、もろはに対してはどんな反応するのでしょうか??

桔梗の登場も楽しみですが、三匹の姫がどうやって戦国時代に戻るのか楽しみですね!!

≪「半妖の夜叉姫」のネタバレ感想記事一覧≫