その他

【八男】兄弟一覧!年齢や職業についても

ここでは【八男って、それはないでしょう!】の兄弟と、彼らの年齢や職業についてもまとめていきます。

「八男って、それはないでしょう!」の全作品を無料で見放題することができます!

詳しくはこちら↓

【八男ってそれはないでしょう!】の動画を無料視聴できる動画配信サービスまとめ!

 

【八男って、それはないでしょう!】兄弟一覧!年齢や職業についても

【八男って、それはないでしょう!】は商社に勤めていたサラリーマンの一宮信吾が、貴族の家の子供ヴェンデリン(ヴェル)になってしまう異世界転生ストーリーです。

 

貴族の家で優雅な暮らしが待っていると思いきや、転生したバウマイスター家は超貧乏。

さらには兄弟が次から次へと登場し、自分が八男であることを知ります。

 

といっても長男以外の兄弟は作中にあまり登場しないので、他の兄弟がどこで何をしているのかはよく分かりません。

アニメの公式サイトにもバウマイスター家全員のプロフィールはなく、生まれた順番や、そもそも誰が兄弟なのか確認することはできません。

 

そんなわけで、 バウマイスター家の他の兄弟がどんな人物で、何をしているのか解説していきたいと思います。

※年齢については、ヴェンデリンが5歳当時の年齢で記載します。

 

長男:クルト

©Y.A/MFブックス/「八男って、それはないでしょう! 」製作委員会
引用元:「八男ってそれはないでしょう」公式サイトより

年齢は25歳で兄弟の中では唯一、公式サイトにもイラスト付きで紹介されています。

見た目はオールバックのような髪型で、普段の目つきはあまりよくありません。

アニメ1話で、 マインバッハ騎士爵家の次女であるアマーリエと結婚しました。

 

クルトはとにかく凡庸な男です。

次期領主になると言われ育てられたせいか、長男であることにあぐらをかき、読み書きや計算などを学んだり、努力することはありません。

五男エーリッヒの結婚式にクルトが手紙を送ってきますが、手紙を書いたのはアマーリエだとほかの兄弟から言われていることからも、文字は書けないことが分かります。

 

弟たちに領主の地位を脅かされそうになると途端に機嫌が悪くなる、次期領主の座に固執している男です。

 

次男:ヘルマン

23歳で、アニメ1話に登場しました。

見た目は少し右に前髪を流したようなヘアースタイルです。

ほかの兄弟に比べ少しガタイがよく、長男クルトの結婚式でもホロホロ鳥を丸々1話食べたと言っています。

 

次男ということもあり、長男クルトに万が一のことがあった時のために、分家に婿入りしています。

子供の時から、長男クルトの【予備】として生活させられていたこともあってか、貴族のしきたりや決まりごとはあまり好きではないようです。

 

剣の稽古や、他の家の次男三男などで結成された警備隊に所属して、日ごろの鬱憤を晴らす日々を送っていたようです。

しかしそんな経験の賜物か軍事的な才能があり、分家の従士長の職を継ぐことになります。

 

三男:パウル

19歳で、見た目はセンター分けの前髪で、好青年という印象です。

ヴェルが領地を継がないのか尋ねると、領地はすべて長男クルトのものだと教えてくれます。

 

さらに、文字の勉強をして兵士や下級官吏の試験を受けたり、冒険者を目指したり、 ヴェルに自分の力で生きるのだと伝えます。

領地から出た後は、王都の警備隊に入隊しています。

 

四男:ヘルムート

17歳で、見た目はおかっぱのような髪型です。

三男のパウルと五男のエーリッヒと共に、継承権を放棄し、手切れ金をもらって家を出るとヴェルに伝えます。

またその瞬間、貴族ではなくなるのだと説明してくれます。

 

領地から出た後は、三男パウル同様に、王都の警備隊に入隊しています。

 

五男:エーリッヒ

16歳で、他の兄弟に比べて少し長めのヘアースタイルで前髪も下ろし、優れた容姿をしています。

貴族の結婚式が行われているところに転生し、訳も分からぬまま来賓に囲まれたヴェルを、場の空気が壊われないよう優しく助けます。

 

兄弟の中でも、抜群に優れた頭脳と弓の腕前で、才能に溢れています。

その賢さから、王都で官吏登用試験に合格し、ブラント騎士爵に婿入りします。

王都にいるためか、他の兄弟に比べ登場シーンは多く、ヴェルや仲間たちの良き相談相手といった感じです。

 

ちなみに、バウマイスター家の父アルトゥルには妾がいるため、同腹だとエーリッヒがヴェルの1つ上の兄になります。

 

六男:ヴァルター

父のアルトゥルが妾レイラとの間にもうけた腹違いの兄弟で14歳になります。

 

原作によると本妻ヨハンナと妾レイラの仲はあまり良くないとのことで、あまり交流がないようです。

そのせいもあってか、長男クルトの結婚式には出席しておらず、顔やどんな人物なのかわからないことが多いキャラクターです。

 

こちらも原作の情報ですが、レイラの実家でもある名主の家の別邸に住んでいて、平民として生きているようです。

 

七男:カール

13歳で、カールも妾レイラの子供になります。

六男ヴァルター同様に、母親と共に暮らしているようです。

カールについても、クルトの結婚式には出席していため、容姿などは不明で、貴族ではなく平民として生きているようです。

 

八男:ヴェンデリン・フォン・ベンノ・バウマイスター

転生当時は5歳です。

子供に転生してしまいますが、もともとは25歳のサラリーマン。

転生した当初は、貴族になって優雅な生活を送るものだと思っていました。

 

しかし実際は貧乏貴族の八男であることに驚愕します。

 

生きるための方法を模索していた矢先、自分に魔法の才能があることが判明し、森で出会った魔法使いのアルフレッドから魔法の使い方を教えてもらい、多くの魔法を習得していきます。

 

その後は冒険者になるため、ライヒブルクの冒険者予備校に特待生として入学。

そこで出会ったエルヴィン、イーナ、ルイーゼとパーティーを組むことに。

 

王都スタットブルクへ向かう途中、骨竜(アンデッド・ドラゴン)を倒したことで、父より位の高い準男爵になったり、報酬で莫大なお金を手に入れることになります。

さらにはホーエンハイム枢機卿の紹介で、孫娘のエリーゼを紹介され、その場で結婚が決まります。

 

転生前の現実と貴族社会とのギャップに苦しみながらも、ものすごい早さで貴族としての地位を上げていきます。

 

まとめ

兄弟が8人もいると、どんなキャラだったか顔を思い出すのすら大変です。

兄弟たちの登場シーンはあまり多くはないので次に出てきた時に、これは誰だっけ…?となることも。

 

といっても、話のメインはヴェルが貴族社会のしがらみに振り回されていくところだと思うので、今後ヴェルにどんな厄介事が降りかかるのか、見逃せません。

その中で、兄弟達が再び登場してくれるのか、楽しみしたいと思います。

「八男って、それはないでしょう!」の全作品を無料で見放題することができます!

詳しくはこちら↓

【八男ってそれはないでしょう!】の動画を無料視聴できる動画配信サービスまとめ!