その他

【あひるの空】アニメ第7話のネタバレと感想!トビが広島弁で登場!

こちらでは「あひるの空」のアニメ第7話(11月13日放送)の内容をネタバレしています。

車谷空のおばあちゃんの登場や、空がお母さんと会わない理由、顧問を立てる条件とトビの登場などについて、感想と共にまとめています。

アニメ【あひるの空】の見逃しフル動画を無料で視聴できます!

詳しくはこちら↓

アニメ「あひるの空」9話までのフル動画を無料視聴する方法!見逃し動画配信比較についても

 

【あひるの空】アニメ第7話のあらすじ

〈迷惑な一年坊〉

丸高との試合は圧倒的な点差で敗北したものの、お互いの健闘をたたえ合う試合となった。

疲れて眠ってしまった空を自宅に送り届けた円は、空の祖母から空が入院している母・由夏を追って、神奈川にやってきたと聞かされる。

試合翌日からさっそくバスケの練習に打ち込むクズ高メンバーだったが、今まで全く活動していなかったバスケ部には顧問がおらず、体育館を使う資格さえ与えられていなかったことが発覚。

早速百春は顧問をつけてもらえる約束を取り付けたが、それには条件があった。

そんな中、ヤス・チャッキー・ナベは校舎裏で華麗なシュートを決める1年生に出会う。

アニメ第6話の内容はこちら↓

【あひるの空】アニメ第6話のネタバレと感想!千秋がコートに帰ってきた!

 

【あひるの空】アニメ第7話のネタバレ

あひるの空のアニメ第7話のストーリー要点は、以下の通りです。

  • 車谷空のおばあちゃんは床屋さん
  • 空がお母さんと会わない理由
  • 内緒の特訓
  • 顧問を立てる条件
  • 夏目健二(トビ)の登場

  

車谷空のおばあちゃんは床屋さん

丸高との試合でクタクタになった空は、試合が終わるなり爆睡してしまいました。

爆睡している空を、円はおんぶして家まで送ります。

無事に家まで届けると、おばあちゃんが出てきました。

しかも、髪が伸びているからと、おばあちゃんに髪を切ってもらう円なのでした。

 

髪を切ってもらっている間、円は空の母親の写真を見つけました。

お母さんの病気は悪いのかと聞き、前に空が「お母さんに今は会えない」と言っていたことを話します。

すると、おばあちゃんは、会えないのではなく、会わないのだよと言うのでした。 

 

実は、空は、お母さんにバッグを投げつけて別れていたのでした。

 

空がお母さんと会わない理由

空のお母さんは、神奈川の病院に入院することになりました。

空は、お母さんに会いたからと、神奈川の高校に進学することを希望しています。

しかし、お母さんは、空が神奈川の高校に来て、毎日病院通いすることになったら、バスケの練習ができなくなると心配しているのでした。

 

そこで、空のお母さんは、空に、病院で私は戦っているから、空が来たらみんなの迷惑になると言います。

幼い空は、お母さんの空への思いを理解できず、「空が迷惑な存在だ」と勘違いして、悲しくなったのです。

そして、お母さんにバッグを投げつけて、病室を去ったのでした。

 

でも空は、病室の裏で、お母さんが本音をお父さんに語るのを聞いていました。

だから、空は、バスケに専念させてあげたいというお母さんの気持ちを組んで、お母さんには会わないでバスケを頑張っているのでした。

 

そして、お母さんが神奈川の病院へ向かう日、「高校入ってバスケの大会で1番になって、優勝カップを手に入れたら、会いに行ってもいい?」と泣きながら聞くのでした。

それを聞いたお母さんは、「高校の最初の大会って、インターハイじゃん。それじゃ一生会えないよ」なんて、喜びながらも切なさを感じているのでした。

 

内緒の特訓

丸高の常盤の分析力のおかげで、空は自分が左サイドからのシュートに弱いということに気が付きました。

弱かった左サイドから、両手打ちでシュートできるようになるように練習をしています。

さらに、常盤のディフェンスを越えることができなかった空。

ドライブをもっと速く、鋭くすることも課題の1つです。

 

丸高との試合を経て、明らかに意識が高まった空。

試合翌日の日曜日も体育館で1人特訓をするのでした。

 

しかし、特訓をしたいと考えていたのは、空だけではありませんでした。

安原・鍋島・茶木の3人も、活躍できなかった試合を経て、特訓をしようと体育館にやってきました。

 

顧問を立てる条件

空たちが所属している男子バスケ部には、顧問の先生がいませんでした。

そのため、正式な部活と認められておらず、体育館を使用することもできないということが判明します。

百春は、校長先生に掛け合って、顧問を立ててくれるように話をしに行きますが、それまでは、みんな、体育館の舞台上で練習をしているのでした。

 

百春は校長先生に頼んで、顧問をつけてもらうことになりました。

しかし、条件がついていて、暴力事件などの問題を起こしたら、即廃部だそうです。

千秋は、1週間もつかな?と言います。

 

さらに、バスケ部のマネージャーを希望するかわいい女の子が登場しました。

このことで、千秋は真面目にバスケをやる決意をします。

夏目健二(トビ)の登場

安原立ち3人は、シュートがうまい青年に裏コートで出会いました。

もう一回見せてくれよと頼む安原を、トビは突然殴り飛ばします。

トビはとても生意気な青年で、暴力事件が勃発するところでしたが、百春が登場してなだめます。

 

百春は、トビに蹴られると同時に、トビの瞬発力と脚力を見抜くのでした。

トビは、百春がバスケ部であることを知ると、「楽しくなりそうだな」と言って去っていきます。

どうやら、今までトビは、停学中だったようです。

 

その後、他の部が体育館を使用している中、トビはバスケをして暴走しています。

そして、女生徒にぶつかって怪我をさせてしまうのでした。

 

【あひるの空】アニメ第7話の感想

円は空とお母さんのことをもう少し知ることになりましたね。

っていうか、空を「お届け物」って届けるのは、円じゃなくて、百春とか千秋じゃないのそこ!?と思いました。

でも、百春たちも空みたいにクタクタになっていたから、おんぶできなかったのかもしれません。

 

そして、バスケ部の顧問の先生は、どんな先生になるのかすごく楽しみです。

安西先生みたいな先生がいいなぁ。

 

今回は、トビという新しいキャラクターが登場しましたね。

彼、かなりめんどくさそうな奴ですね。

でも、意外と人気はあるようですが、バスケ部メンバーと打ち解け合うのに時間がかかりそうです。

 

なんか、トビを見たら、百春たちが「成長したんだな~」と、親が子を見るような気分になってしまいました。

トビも、空が改心させてくれるのでしょうか。

トビの広島弁、雰囲気が出ていますね~。

アニメ【あひるの空】の見逃しフル動画を無料で視聴できます!

詳しくはこちら↓

アニメ「あひるの空」9話までのフル動画を無料視聴する方法!見逃し動画配信比較についても