いろんなものを深く見る

【超人高校生】第3話ネタバレと感想!司のマヨネーズ以外の能力についても

2019/10/25
 
この記事を書いている人 - WRITER -

こちらでは「超人高校生」のアニメ第3話(10月17日放送)のストーリーをネタバレしています。

タイトル〈ルーは自分の価値を自分で決めたようです!〉の意味や、政治家の司のマヨネーズ作り以外の能力、その他超人高校生たちの能力の発揮などについてや、感想をまとめています。

アニメ【超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです!】のフル動画を無料で視聴できます!

詳しくはこちら↓

アニメ「超人高校生」見逃し第9話までのフル動画を無料視聴する方法!動画配信比較も

【超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです!】第3話のあらすじ

ルーは自分の価値を自分で決めたようです!

ドルムントで出会った少女、ルーを新たな仲間に加えた勝人たち。

卑劣なノイツェランド商会の策をものともせず、勝人は大胆不敵に笑う。

一方、エルム村には厳しい冬が訪れようとしていた。

皆の身を案じ、一計を講じる司。

忍者の末裔で世界最高のジャーナリスト、猿飛忍の働きで、朧気ながらこの世界の情勢が判明する。

この世界を支配する覇権国家、フレアガルド帝国。

失われた信仰、七光聖教。

元の世界に帰る方法を探す司たちだが、謎は深まるばかりだった。

そんな時、平和なエルム村に危機が訪れる。

第2話の内容についてはこちら↓

【超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです】第2話ネタバレと感想!お金の稼ぎ方5つのステップも

 

【超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです!】 第3話のタイトル名のネタバレ

ルーは自分の価値を自分で決めたようです! 〉 がタイトルになっている第3話は、ルーが奴隷から開放されることを自分で望んだからだと思います。

ルーは、悪い奴らに連れて行かれそうになりましたが、人に助けられるのではなく、自分の意志で悪い奴らから逃げ出しました。

手段は選ばず、自分の意思を貫いたルー。

第3話では、そんなルーの心の強さが見れます。

 

【超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです!】アニメ第3話のネタバレ

「超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです!」のアニメ第3話のストーリー要素は以下の通りです。

  • 司(政治家)がようやく見せた、マヨネーズ作り以外の能力
  • 勝人がノイツェランド商会をギャフンと言わせた方法
  • ルーを買い取った勝人
  • 超人高校生たちが脱出する方法を模索中
  • 村長が魔物にやられる
  • 帝国の聖騎士が登場

 

司(政治家)がようやく見せた、マヨネーズ作り以外の能力

第2話までは、政治家としての高い能力を持つ司は、マヨネーズ作りに勤しんでいました。

しかし、第3話にしてようやく司の能力が見えてきました。

司の政治家としての能力・・・それは、国民(仲間)を思いやり気を配ることのようです。

 

司たちがいる異世界のエルム村にも、雪が降る寒い冬がやってきました。

村の女たちは、雪が降る中、冷たい水をはった桶に手を入れて洗濯をしています。

村のみんなの為に、アルミニウムを造り出した林檎(発明家)も、十分な睡眠をとっていない様子。

 

さらに司は、お金を稼いでくれている勝人も疲れているはずだし、その他の仲間も慣れない生活で頑張っていて疲れているはずだと気を配っています。

そして、司は、公共温泉を造り上げたのでした。

 

勝人がノイツェランド商会をギャフンと言わせた方法

ノイツェランド商会のブタヅラのヤッコイは、勝人が立ち上げたエルム商会を潰す計画を練っていました。

その計画とは、勝人たちの商品を買い尽くし、売る商品が手に入らないようにするというものでした。

ムフフフと自分の悪知恵を気に入っているヤッコイですが、実は、勝人は同じ手を既に打っていました。

 

勝人は、以前ヤッコイがリストラした人々と契約を取り、商品が貿易で街に入る前に、エルム商会が商品を独占するという方法を使ったのです。

これによって、ノイツェランド商会には、全く商材が入らなくなってしまいました。

ヤッコイは、商材を提供してくれる人々から信用を失ったことで、商売ができなくなってしまったのでした。

 

しかし、優しい勝人は、1つの企業が独占するのも不健全なので、ノイツェランド商会にも再発のチャンスをくれると言います。

実は、勝人にとってもたくさんの商人を雇うのは大変なことなので、ノイツェランド商会にギャフンと言わせた後、勝人が契約した商人たちを譲るのでした。

 

ルーを買い取った勝人

舟場で勝人たちがゆったりしていると、「ルーは自分の売り物だ」という悪い奴らが登場しました。

ルーは連れ去られそうになりますが、勝人の「助けてほしいか?」という質問に目覚め、自分の心の強さを見せます。

ルーがお金を稼ぎたかった理由は、どうやら両親を助け出したかったからであるようです。

 

自分で「両親を助けたら、残りのお金は全部あげるから、自分を買ってください!」といったルーを勝人は褒め、高値でルーを買取り、奴隷から開放してあげるのでした。

勝人はお金稼ぎを好きな理由は、人に使うと気分が良いからだと言い、エルクもそれに同感します。

 

超人高校生たちが脱出する方法を模索中

司に頼まれて、ジャーナリストの猿飛忍は「ニンニン」と調べ物をしていました。

調べていたのは、7人の超人高校生たちが、元の世界へ戻る方法です。

忍は、この異世界には魔法が存在していて、魔法を使えば元の世界へ戻れるかもしれないことを突き止めていました。

 

そして、さらに魔法について調べていたところ、魔法を使える人は希少で、この世界の信仰宗教は帝国によって弾圧されており、魔法が使える人を探し出すのは難しいと、忍は言います。

 

村長が魔物にやられる

エルム村の村長は、何人かの村人たちと狩りに出ていました。

しかし、森の主と名乗る(?)熊みたいな魔物に襲われてしまいます。

剣豪の一条葵は、1人で魔物と戦い、鮮やかに首を落とすのでした。

 

村長はついさっき、呼吸が止まってしまったと、村人は言いますが、「さっき呼吸が止まったばかりなら問題ない」と、医師の神崎桂音は言い、手術をし始めます。

そして、村長は、息を吹き返したのでした。

 

帝国の聖騎士が登場

騎士団が、エルム村にやってきました。

汚い手でお金に触れた罪を裁くためだと言います。

そして、村の一部を焼き払い、村人たちは危険な目に遭いますが、そこはプリンス暁が得意のマジックで活躍します。

 

燃え盛る炎の中に入っては、村人たちを救い出すのでした。

しかし、司はこの騒動で、リルルがさらわれていることに気がつくのでした。

 

【超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです!】第3話の感想!死んだ人間を生き返らせていいの?

今回は、今まで能力をいまいち発揮出来ていなかった、医師の桂音、マジシャンの暁、剣豪の葵、そして、発明家の林檎の能力が発揮されました。

マジシャンの暁に関しては、かなり足早な紹介となっていたので、あまり感動はありませんでしたが、みなそれぞれに、やはり超人なのだなと思いました。

 

医師の桂音はすごかったですね。

心肺停止した村長の心臓を直に揉んで、心臓の動きを再開させていましたね。

死んだ人間を生き返らせるって、ちょっと小気味悪いなと感じるのは私だけでしょうか。

人間を生かすか殺すか決めるのは、人間の桂音であるという衝撃の事実でした。

 

第3話には、魔物が登場しましたが、正直なんとなく魔物の登場に違和感を感じましたね。

これからも魔物の処理は、剣豪の葵1人に任されていくのか気になるところです。

魔物が登場しなければ、葵というキャラの存在価値も薄れてしまうのではないかと少し心配です。

 

第3話で分かったことは、総理大臣の能力というのは、国民を気遣う心の広さなのですね。

小さな仕事をしない代わりに、みんなの心の状態を広く見渡し、人々の心を癒やすような、人々の心を応援するような行動を起こすのが政治家である司の役目なのですね。

政治家が本当の仕事をするのは大変なことですが、国民の心をケアする政治家が増えたら、国はきっと良くなっていくのかもしれませんね。

それにはまず、超人高校生のように、個性を発揮する人間が増えることが大切なのだと感じた第3話でした。

 

まとめ

「超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです!」の第3話は、政治家である司の能力や、剣豪の葵、発明家の林檎、医師の桂音、マジシャンの暁たちの能力が発揮されたのを見ることができました。

次回、さらわれたリルルをどう助けるのか、気になるところです。

アニメ【超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです!】のフル動画を無料で視聴できます!

詳しくはこちら↓

アニメ「超人高校生」見逃し第9話までのフル動画を無料視聴する方法!動画配信比較も

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© 見る見るブログ , 2019 All Rights Reserved.