いろんなものを深く見る

【ちはやふる3】アニメ第7話のネタバレと感想!修学旅行を選んだ千早とクイーン予選を選んだ太一

 
この記事を書いている人 - WRITER -

こちらでは「ちはやふる3」のアニメ第7話(11月19日放送)のストーリーをネタバレしています。

吉野会大会で優勝した綾瀬千早についてや、負けた真島太一、修学旅行を選んだ千早とクイーン予選を選んだ太一や、夢を思い出した新などについて、感想と一緒にまとめています。

アニメ「ちはやふる」の1期・2期・3期の高画質フル動画を無料で安全に一気見することができます! 

詳しくはこちら↓

アニメ「ちはやふる3」の第8話までのフル動画を無料視聴する方法!見逃し動画配信比較についても

 

【ちはやふる3】アニメ第7話のあらすじ

7話〈あらしふく〉

千早のことだけを考え工夫しながら勝負する太一。

いつもと違う太一にやりにくさを感じる千早だが、これまでの中でも最高の試合と呼べる二人の戦いはいよいよ決着を向かえる。

クイーンになる夢と将来の夢、どちらも掴みたい千早は日程が重なったクイーン予選と修学旅行の選択が迫られていた。

前回第6話の内容はこちら↓

【ちはやふる3】アニメ第6話のネタバレと感想!千早と太一のベストゲーム!

 

【ちはやふる3】アニメ第7話のタイトルのネタバレ

第7話のタイトルは「あらしふく」ですが、この言葉の百人一首かるたは

嵐吹く三室の山のもみぢ葉は 龍田の川の錦なりけり」でした。

 

この意味は、「山風が吹いている三室山の紅葉が吹き散らされて、竜田川の水面は錦のように絢爛たる美しさだ」です。

前回の第6話と同じ歌ですね。

 

 

【ちはやふる3】アニメ第7話のネタバレ内容

概要

☆吉野会大会優勝は、綾瀬千早!
☆負けた真島太一
☆放心している千早
☆修学旅行を選んだ千早とクイーン予選を選んだ太一
☆原田先生と練習する太一
☆夢を思い出した新

 

吉野会大会優勝は、綾瀬千早!

綾瀬千早と真島太一の決勝戦を、固唾を呑んで見守っていた原田先生でしたが、結果を出すことに意味があると考えているようです。

 

結果までの努力が大切だという見方もあるけれど、「頑張った」は時間とともに流されて忘れられてしまう。

しかし、結果を出していれば、その結果は流されずに、石となって後々までも残る。

だからこそ、今回の決勝戦でどちらが勝つのか、原田先生は興味津々で見守っています。

 

さらに、原田先生は、この吉野会大会決勝戦に勝った者が、クイーン戦優勝へと導くと考えてもいるようでした。

結局、吉野会大会で優勝したのは、綾瀬千早でした。

真島太一は、札あと2枚が残るという頑張りでした。

 

負けた真島太一

決勝で太一に勝った千早は、勝つなりいつものように寝てしまいます。

しかし、負けてしまった太一はというと、物凄く悔しそうにしているのでした

 

同じ白波会の花野は、太一に言葉をかけようと近寄りますが、言葉が出てこないばかりか、涙が出てきてしまいます

そして、綿谷新も、太一には言葉をかけません。

しかし、少し時間を置いた後、新は太一に優しく語りかけるのでした。

 

新は、「千早、強かったな」と試合のことに触れますが、太一は感情が溢れ出ないように、何も感じていない素振りでサラッと返答します。

すると、微妙な間を開けて新は、「ずっと千早は太一のもんだと思ってきた」と胸の内を明かします。

太一は動揺しますが、千早は2人のもんだと思っている様子です。

 

そんな太一に、新は、「千早は誰のものでもないよな」と、核心をつくようなことを言うのでした。

 

放心している千早

決勝戦が終わって、放心状態の千早は、周囲に期待される注目の存在となりました。

千早を知らなかった人々は、綺麗な期待の新人と褒めています。

そして、千早が「かるたが全て」であることを知っている宮内先生は、修学旅行を休んでクイーン戦に出るサポートをすると提案してくれます。

 

そこへ、千早のお母さんが会場へ駆け込んで来るのでした。

千早のお母さんは、「試合、楽しめた?」と聞きますが、千早は泣き出してしまいました。

 

千早は緊張が緩んだようで、

  • 試合に勝ったこと
  • 太一と一緒に頑張ったこと
  • かるた部の顧問の先生になりたいから、修学旅行へ行きたいこと(修学旅行の経験がないと先生になるのに困る)
  • でもクイーンにもなりたい

と、一気に様々な感情が溢れ出して、泣いているのです。

でも、1番は、試合を楽しく最後まで全力でやり切ったことで、感無量になっているようでした。

 

修学旅行を選んだ千早とクイーン予選を選んだ太一

千早は、クイーン戦は来年もあるということで、今年は修学旅行へ行くことにしました

楽しい思い出を作ろうと、ワクワクしている千早の元に、駒野勉が訪ねてきます。

そして、太一が修学旅行に来ていないことを千早に伝えるのでした。

 

千早は、太一が「熱が出て」という理由を使って修学旅行を休んだと聞いて、「風邪を引いたのか」と、電話をかけようとします。

しかし、駒野は、太一が修学旅行に参加しなかった理由は他にあるのではと考えています。

 

太一がクイーン戦予選に出場することに気がついた千早は、太一に何度も電話をしますが、太一はなかなか出ません。

何回も電話した挙げ句、やっと出た太一は、39度の熱が出たと言い、千早は電話を切りますが、太一は嘘をついてクイーン戦予選に出場するつもりなのでした。

 

原田先生と練習する太一

母親に、勉強しに行くと嘘をついて家を出た太一は、白波会の練習場にやって来ます。

「練習に来た」という言葉で、太一のクイーン予選出場を悟った原田先生は、3試合は練習できると、太一と一緒にかるたを始めるのでした。

 

太一がクイーン予選に出ることを知った千早は、かなり動揺しています。

自分も東京へ帰ると言い出し、クイーン予選に出る太一が分からないと涙目になります。

そんな千早に、駒野は太一の事情を説明するのでした。

 

太一は、医学部志望なので、来年は受験でかるたどころではなくなると言います。

太一がかるたを思いっきりできるのは、今しかないと、駒野は言うのでした。

 

夢を思い出した新

一方、新はというと、吉野会大会の後から調子が悪くなっていました。

南雲会の村尾慎一には、「勝つイメージが描けていないのが分かる」と言われる始末です。

新は、1人でモヤモヤとしているのでした。

 

新は、吉野会大会の時、太一に「千早は誰のもんでもないよな」と言ったことを後悔していました。

なんであんなことを言ったのかと、落ち込んでいます。

 

そんな時に、隣の家の子・由宇がカツ丼カレーを差し入れしてくれました。

なんでそんなに暗い顔なのかと新に聞きます。

そして、新にかるたをする目的を思い出させるのでした。

 

新は、由宇との会話の中で、「自分がかるたをするのは、じいちゃんとの約束で、俺の夢だ」と叫びます。

このことが、新にとって、モヤモヤから抜け出すきっかけとなるのでした。

 

【ちはやふる3】アニメ第7話の感想

太一は負けてしまいましたね~。

普通、試合となると、勝利した人の為に喜ぶのが一般的かと思っていましたが、どちらも応援していたら、勝利した人をあからさまに喜び称えるということはできないですよね。

優勝者が決まっても、どちらにも何かを言いづらいような雰囲気になりますよね。

 

そもそも、太一はつい最近A級になったので、千早に負けても仕方ないのでは?という気がしますが、太一の頑張り具合が、並ではなかったのでしょうね。

太一も十分に勝てる可能性があったことに驚かされます。

でも、太一としては悔しいでしょうね。

 

そして、新も悔しい思いをしていますね。

なんか、2人に置いていかれたような気になっているのだと思います。

もう、かるたを楽しむことが完全にできていません。

でも、今回、おじいちゃんとの約束と夢を思い出したことで、調子を取り戻していくのだと思います。

 

新が太一に「千早は誰のものでもない」と言ったのは、ライバル心が出てきたからでしょうね。

かるたのライバルと、恋のライバルが重なっているのですね、きっと。

親友でライバルとはまた、難しいことがありますね。

 

太一は、クイーンとなることができるのでしょうか?

太一は、千早がいないところの方が実力を出せると評判なので、もしかして、クイーン戦で勝っちゃうなんてことがあるのではないでしょうか?

今後も楽しみですね!

アニメ「ちはやふる」の1期・2期・3期の高画質フル動画を無料で安全に一気見することができます! 

詳しくはこちら↓

アニメ「ちはやふる3」の第8話までのフル動画を無料視聴する方法!見逃し動画配信比較についても

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© 見る見るブログ , 2019 All Rights Reserved.