いろんなものを深く見る

【本好きの下剋上】アニメ第5話のネタバレと感想!木簡作りに挫折して不思議な熱を出すマイン

 
この記事を書いている人 - WRITER -
aaaa

こちらでは「本好きの下剋上」のアニメ第5話のストーリー内容をネタバレしています。

トゥーリの洗礼式の様子や、木簡を作るマイン、インクを手に入れたいマインや、マインの不思議な熱についてなど、感想と一緒にまとめています。

「本好きの下剋上」の見逃しフル動画を、無料で視聴できます。

詳しくはこちら↓

アニメ「本好きの下剋上」見逃し6話までのフル動画を無料視聴する方法!動画配信比較も

 

【本好きの下剋上】アニメ第5話のあらすじ

洗礼式と不思議な熱

季節は夏に移り、トゥーリの洗礼式の日がやって来た。

マインが作った髪飾りをつけ、注目を集めるトゥーリ。

そして森へ行く機会が増えたマインは、ルッツに手伝ってもらいながら木簡作りを始める。

そんな中、マインはルッツに、オットーに会わせてほしいと頼まれた。

ルッツには、旅商人になりたいという夢があったのだ。

だが、度重なる紙作りの失敗にショックを受けたマインは、オットーとの会合を前に高熱で倒れてしまうのだった。

前回第4話の内容はこちら↓

【本好きの下剋上】アニメ第4話のネタバレと感想!マインとルッツが近くなった!

 

【本好きの下剋上】アニメ第5話のネタバレ

「本好きの下剋上」のアニメ第4話のストーリー要点は以下の通りです。

  • トゥーリの洗礼式
  • 森へ行くマインとルッツの交換条件
  • オットーさんとルッツを繋げるマイン
  • インクを手に入れたいマイン
  • マインの不思議な熱

 

トゥーリの洗礼式

夏になり、トゥーリは洗礼式に参加することになります。

トゥーリは、マインが以前作ってくれた髪飾りで髪を綺麗にまとめ、お母さんが以前作ってくれた素敵な衣装を着ています。

周りのみんなは、トゥーリのめずらしい髪飾りに興味津々です。

 

しかし、神殿の中に入れるのは子どもたちだけ。

マインのお父さんは会議に、マインも一緒に字の練習とオットーさんのお手伝いに門へ行くのでした。

 

夕食時には、マインは星型やハート型の何かが入ったデザートらしきものを、トゥーリにプレゼントします。

お父さんとお母さんもトゥーリへ仕事道具となるお裁縫セットと、仕事着をプレゼントしました。

そして、マインは、今までトゥーリがしていた森での採集の仕事を受け継いで、自分専用のナイフをもらいました。

マインは、このナイフを使って、木簡を作ろうと計画しています。

 

森へ行くマインとルッツの交換条件

マインは、ルッツと共に森へ行きました。

バシバシと森で仕事をしているルッツの傍らで、さっそく木簡作りを始めます。

木簡とは、中国の文明にあったもので、平らな木の板をならべて字を書くものです。

 

マインは、粘土板作りの時のように、1人ニヤニヤしながら作っているのでした。

そんなマインをルッツは手伝ってくれます。

ルッツは、マインを手伝う代わりに、オットーさんに会わせてほしいと頼むのでした。

ルッツは本気で旅商人になることを考えているようです。

 

オットーさんとルッツを繋げるマイン

マインが次に門へ行った時、オットーさんに旅商人になるにはどうしたらいいかと質問しました。

オットーさんは、自分のせいで、マインが旅商人になりたくなったのかと思い、「マインのお父さんに怒られるー!」なんて心配していましたが、マインは友達のルッツの話だと伝えます。

すると、オットーさんは、旅商人になるのは止めておいた方がいいと、マインに言います。

 

マインは、旅商人という仕事は、おそらくあまり良く思われない、過酷な仕事なのだろうと薄々気がついていましたが、オットーさんの言葉を聞いて、やはり大変なことなのだと理解します。

しかし、自分がルッツに「止めておいた方がいいって」と伝えるより、商人の知り合いがいるオットーさんに話してほしいとマインはお願いします。

オットーさんは、マインがルッツのことを大切に思っていることを聞いて、次の休みに会うことにしてくれるのでした。

 

インクを手に入れたいマイン

マインは、ルッツと一緒に木簡を作り上げ、木簡を乾かすことにします。

しかし、木簡に文字を書くには、石質は使えないので、インクが必要になります。

オットーさんがインクを使っていましたが、インクをあげるなら、「3年間タダ働きで前払いなし」が条件だと言い、マインは仕方なく諦めます。

 

何を使ってインクを作ろうか考えていたマインでしたが、ススを使うことにします。

本当は炭を使いたかったのですが、炭はもらえなかったので、燃えカスのススを使うことにします。

とりあえずは、ススと粘土を混ぜ合わせてみるのでした。

 

マインの不思議な熱

マインが木簡を確認しに行くと、お母さんが薪として使ってしまったことを知りました。

お母さんは、マインが木簡を作っていたなんて知らなかったのです。

マインは挫折感を覚えるあまり、熱を出します。

 

しかし、ただの熱ではないようで、身体は黄色く光り、目は虹色に輝いています。

マインは突然倒れてしまうのでした。

 

マインをお見舞いに来たルッツは、木簡を燃やされて落ち込むマインを優しく励まします。

その後、ルッツは竹簡を作って持ってきてくれましたが、その竹簡も、何も知らないお母さんに燃やされてしまうのでした。

 

マインは挫折感を覚え、本を作ることが無理なら、もう消えてしまってもいいと考えています。

そして、熱は内側からマインの身体を蝕んでいき、マインはいつもの熱とは違うことを感じていました。

 

しかし、ルッツとの約束を思い出したマイン。

どうしてもルッツとオットーさんを会わせたいマインは、元気にならなくちゃ!と考え直し、すると、熱はすぐに下がるのでした。

 

【本好きの下剋上】第5話の感想!

木簡作りに挫折感を感じてしまうことになりましたね。

マインはとても悔しいのだろうと思います。

お母さんに、「これ大事なものだから使わないで!薪じゃないからね!」と一言言っておけば良かったのに・・・なんて思ってしまいました。

 

また、ルッツは、本格的に旅商人になるために動き出しましたね。

動き出したばかりの頃って、何に関しても、反対されたり、批判されるものですが、ルッツには諦めないで頑張ってほしいと思います。

 

マインもルッツも、人には分かってもらえない大変な道を進むことを決意しているわけですが、お互いの夢を応援する関係にあるので、いいコンビじゃないか!と思いました。

個人的には、オットーさんが好きです。

爽やかで、優しくて、でも完璧じゃなくて、商人の気があるオットーさん素敵ですよね。

「本好きの下剋上」の見逃しフル動画を、無料で視聴できます。

詳しくはこちら↓

アニメ「本好きの下剋上」見逃し6話までのフル動画を無料視聴する方法!動画配信比較も

 

この記事を書いている人 - WRITER -
aaaa

Comment

  1. 原作好き より:

    6話、私も見ました。二人目の苦労人登場!ですね。この人のお陰でマインができることが飛躍的に増え、同時に影響も広く強くなり、これからマインの危うさもはっきり見えてきたり言語化されたりします。
    マインはちゃんと、というか世界有数に周りに気を配る日本人そのものです。しかも難関の司書に現役で内定を取れるくらいの才媛です。自分の周囲が幸せになるように気遣い工夫を欠かしていません。この世界の常識がない(5歳までの寝たきりに近いマインにもない)のと一番上の優先順位に本があるのでキテレツな行動になるだけで。
    前世の恵まれた日本では本当にすべての優先順位の上に本があったのですが、転生後の虚弱な体と厳しい環境の中、周囲の無償の優しさに包まれ何とか生きてきたので心境の変化があり、本と並ぶ優先順位の一番に家族や友人を置くようになります。それに説得力を持たすだけの描写を今アニメで積み重ねているところですね。
    余談ですが前世の家族への感謝は、もう少し先で痛いくらいに自覚することになります。

    あと原作ではチャンリンシャンの油も髪飾りの糸の提供もスープの作り方も、家族に思いっきり抵抗されてます。煤の入手はほぼ原作通り。雑巾の服、マインには悪いですがかわいいですね(笑

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© 見る見るブログ , 2019 All Rights Reserved.