アニメ

アニメ【バビロン】第12話の感想ネタバレ!最終回最悪でお世辞すら浮かばない

こちらでは「バビロン」のアニメ第12話(1月27日放送)のストーリーをネタバレしています。

自殺志願者と話をするアレックスや、曲世愛の登場、正崎の決断などについて、感想と一緒にまとめています。

アニメ「バビロン」の高画質フル動画を無料で安全に視聴することができます! 

詳しくはこちら↓

アニメ「バビロン」全話のフル動画を無料視聴する方法!見逃し動画配信比較についても

 

【バビロン】アニメ第12話のあらすじ

〈終〉

自殺サミットを開催した齋からアレックスへの要請。

それは、自殺をすべきか思い悩む一人の少女との対話だった。

深い思慮の果てに、善悪の真理に近づきつつあるアレックスは少女との対話に応じる。

悪を止める覚悟をした正崎は、齋の誘いを不審に思い支給された銃を握りしめる。

全世界が注目する中、静かにそして着実に曲世の手は二人へと伸びていた。


【バビロン】第12話のネタバレ内容

概要

☆自殺志願者と話をするアレックス
☆曲世愛の登場
☆正崎の決断

 

自殺志願者と話をするアレックス

齋開花は、自殺をしようかどうしようかと悩んでいる女性がいるとTV中継で伝えました。

そして、アメリカ大統領のアレックスを名指しして、その女性と話をしてほしいと言います。

アレックスは齋の戦略に抵抗することができず、その女性と話を始めるのでした。

 

その女性が曲世愛である可能性はゼロではありませんでしたが、アレックスがその女性と話すには通訳が必要なので、アレックスはおそらく大丈夫だろうということで、会話を始めます。

その女性は、初めての人と結ばれて、反対されながらも子を産み、女手一つで育てていこうと決心していたが、生まれてすぐの子は他界してしまったと言います。

そして、一通り悲しんだら、とても静な気持ちになり、死にたいという強い願望があるわけでもなく、どうしたらいいのか分からなくなってしまったと言うのです。

 

アレックスは正直に、自殺が良いことか悪いことか、答えを出せていないと伝えます。

そして、だから答えが出るまでもう少し待ってほしいと言うのでした。

アレックスは、答えが出た時に、死ぬことは良いことだという結論が出たならば、好きに自殺すればいいし、その時は僕も死ぬと言います。

 

思い詰めていた女性は、それを聞いて笑い出すのでした。

そして、答えが出るまで待つと彼女は言い、アレックスは、答えが出たら必ず知らせると約束します。

すると、女性は自殺をせずに、無事にビルの屋上から下がっていくのでした。

 

TV中継を見ていた人々も、Gサミットに参加していた首相たちも、拍手喝采です。

そして、アレックスは、「続く」ということが良いことであることに気が付き、感動します。

 

曲世愛の登場

アレックスは、「続くことが良いこと」だから、生きることが良いことだという結論を出しました。

答えが出たので、先ほどの自殺を考えていた女性に伝えようと、イヤホンを耳にします。

すると、大統領に喋りかけてきたのは、曲世愛なのでした。

 

曲世愛は、アレックスに「よくできました」と囁き、大統領は部屋を離れていきます。

異変に気がついていた正崎は、他の部屋で人々が自殺をしていることを確認し、大統領の身柄を確保することを命令するのでした。

アレックスは、曲世愛に「誘われた」と言い、屋上へ一目散に駆け出していきます。

 

警備員たちは、アレックスを確保することができません。

正崎は、1人、機転を利かせて、人々が行くのとは逆の方向に走ります。

正崎は、なんとか屋上から飛び降りそうなアレックスのところにたどり着くのでした。

 

正崎が呼びかけると、アレックスは振り返ります。

TV中継をしていたメディア軍は、ホワイトハウス内に異変が起こっていることに気が付き、屋上の淵にアレックスが立っている様子をTV中継しています。

アレックスは、もう限界のところにいると、正崎に伝えます。

 

そして、アレックスは、このままだと世界のみんなに悪いことを教えてしまうということも分かっています。

でも、どうにもできないアレックスは、正崎に誤り続けるのでした。

 

正崎の決断

自殺をしそうなアレックスは、走馬灯のように過去の記憶を思い出しています。

九字院が自殺した時のこと、アレックスが「銃は正しいことに使え」と言っていたことなどを思い出し、正崎は最後の決断を下しました。

正崎は、アレックスを銃で撃ったのです。

 

撃たれたアレックスは、自殺をしなかったため、世界に自殺を勧めるという事態は免れました。

しかし、正崎がアレックスを撃った場面は、世界に生中継されています。

もちろん、正崎の妻もTVを見ていたのでした。

 

アレックスを撃った正崎は、ガクガクになっていましたが、そこで曲世愛がやってきます。

曲世愛は、アレックスを殺した正崎に「悪いんだ~」と言い、正崎に、善とは何かと問います。

善とは続くこと、悪とは終わることだと正崎が言うと、曲世愛は、「じゃあ悪いんですけど」と言って、バーンと口にするのでした。

 

【バビロン】アニメ第12話の感想

最悪だ~!

最後の最後まで気分が悪いアニメでした。

まさかのバッドエンドでした。

なぜ曲世愛を撃てなかった正崎!

 

アレックスを殺してしまい、あの状態だったら、曲世愛を撃つべきだっただろう!

でも撃てなかった。

曲世愛が正崎を自殺へ追い込んだということなのでしょう。

 

正崎が死んで、アレックスも死んだ。

曲世が生き残って、世界はどうなってしまうというのか。

曲世を最後まで勝たせるとか本当にあり得ない。

アニメの目的が今回の最終回で余計に分からなくなりました。

まどさんは、何がしたかったのだろう。

 

これは、申し訳ないけど、まどさんが曲世愛のようにどこか歪みがあるのではと勘ぐってしまうようなアニメでした。

こんなアニメを想像できるって、凄い。

何を伝えたかったのかが、本当に意味不明で不気味です。

せめて、正義の正崎が最後に勝つのなら、今までの不気味で気分の悪いアニメ内容もそこまで気にならなかったかも?しれないけれど、こんな終わり方では、本当にまどさんの人格を疑ってしまいます。

 

アニメ制作というものは、目立ってなんぼの世界なのかもしれないし、私はよくアニメという世界を分かっていないのかもしれません。

もしくは、物語の内容を、私が理解できなかっただけなのかもしれません。

いずれにしても、無知な私には、本当に最後まで気分の悪いアニメという感想しか残りませんでした。

 

曲世を残すなら、アレックスを撃った正崎の善意すら意味のないものになってしまうじゃないですか。

これじゃ、正崎が本当に可愛そうで仕方がない。

そして、なんですか、あの最後。

曲世は正崎の子供にまで近づいて何をしようというのですか?

 

まどさんは、このアニメを制作して、今、満足感というか、いい気分をしているのでしょうか。

大変失礼なことをつらつらと申し上げて本当にすみませんが、今まで見たアニメの中で最高に、最後まで気分の悪くなるアニメでした。 

 

しかし、まぁ、これだけ視聴者の気分に影響する力があるということで、まどさんはきっとすごい方なのだと思います。

そして、物語も完結していないようなので、ハッピーエンドの為のバッドエンド(途中)だったととらえておきたいと思います。

続編についての情報や考察についてはこちら↓でまとめています。

【バビロン】2期や続編はあるのか?内容も考察!

アニメ「バビロン」の高画質フル動画を無料で安全に視聴することができます! 

詳しくはこちら↓

アニメ「バビロン」全話のフル動画を無料視聴する方法!見逃し動画配信比較についても

関連記事

  1. 【ハイキュー4期】アニメ第3話の感想ネタバレ!スプリットステップに挑戦…

  2. 【防振り】ギルド一覧!メンバーについても

  3. 【宝石商リチャード氏の謎鑑定】第12話までを無料視聴できる動画配信サー…

  4. 【LISTENERS】第1話の感想とネタバレ!ジャンクパーツを拾う少年…

  5. 【イドインヴェイデッド】アニメ第4話の感想ネタバレ!墓掘りと酒井戸の殺…

  6. 【トニカクカワイイ】アニメはどこまで?何クールかについても

コメント

    • 匿名処理班
    • 2020年 1月 30日

    勧善懲悪にならないこと、曲世の超常的能力と表情の演出、これらからみてこの作品はあくまで「サスペンスホラー」として作られている。ということではないでしょうか。
    ジェイソンなりフレディなりチャッキーなりが人間を襲って次々惨殺してゆく、主人公はそれにあらがうわけですが結末は怪物を倒してハッピーエンドで終わることもあれば、結局殺されて終わる場合もあるでしょう。善人と悪人、人間同士の戦いと捉えるから感覚にズレがあるのでしょう。
    怖がらせることが目的なのだと思います。

      • miruru
      • 2020年 1月 30日

      コメントありがとうございます!

      その解釈があったか~!!

      なるほど!

      そもそも、私たち視聴者がバビロンを見て何を考えようが、そこは大して意味を持たず、怖いか怖くないかというところが肝心なサスペンスだということですね!

      なるほど~!

      つまり、私がバビロンの最終回を見てあれこれ言っているのは、「ジェイソン、なんであんなところから出てくるの~!ありえないでしょ」とか「チャッキーなんで店員の首切るの?理由は何?」とか騒いでいるのと同じということですね(笑)

      そして、つまり、正崎を主人公として見ているから違和感があるのかもですね!

      バビロンの主人公は、曲世愛だったのですね!

      タイトルも「バビロン」ですもんね!

      根本的にバビロンの見方を間違っていたかもしれません^^;

    • 球磨川
    • 2020年 1月 30日

    色々と考えてみた結果、たぶんこれは
    原作というなぞるべきレールがない中
    何とか「最終回」の体裁を繕いつつ
    正崎の生死をうやむやにすることで
    続編をいかようにも作れるようにした
    「続編ありきの最終回(仮)」ってとこかも?
    つまり四巻で正崎が生きてれば、曲世が
    正崎を自殺させようとしたのを見越して
    正崎はこっそり耳栓で聴覚封じて唇読んで会話して、
    空砲とケチャップで死んだふりしてました!
    とでもできるし、逆に死んでれば
    曲世が正崎を自殺させました!
    で話をつなげることができる…的な?

    まさかとは思うけど、最後の発砲で曲世が死んでて
    あのラストは曲世が死に際に見た幸せな夢でした!
    「私があなたの新しいお母さんよ、よろしくね」
    って続きます!
    …なんてことはないだろうね、きっと。

      • miruru
      • 2020年 1月 30日

      >正崎はこっそり耳栓で聴覚封じて唇読んで会話して、
      空砲とケチャップで死んだふりしてました!

      笑える~(笑)

      その例えば話、笑えます(笑)

      正崎がそれをしていたらかっこいいけど、ケチャップって(笑)

      でも、確かに、続編の案がまだ確定していないから、あえてあやふやに終わらせたってのは可能性としてはあるかもしれないですね。

      正崎には生きていて欲しいけど、曲世が死んだら、物語続かないですしね。

      >G7サミットで善悪を語り合ってた時の
      あのわくわく感を盛大に踏み潰された気分…

      凄く分かります分かるわ~(>_<)

      • 球磨川
      • 2020年 2月 01日

      G7サミットで善悪を語り始めた時、最初は宇宙を背景にみんな立ってたり座ってたりで姿勢も視線の先もバラバラだったし
      ほとんど独白を拾ってくみたいな会話だったのが
      それぞれ話を進めるうちに背景も広野を駆け回る動物になったり人類の歴史を辿ったりしてなぜかホワイトハウス付近とおぼしき草っ原に寝転んでみたりするうちに
      トロッコ問題と臓器くじを挙げた頃にはみんなで同じ方を向いて立って話し合うようになって、
      アレックスが何かに気付きそう…って時の
      あのわくわく感は6話の齋拉致計画に全員一致した時の
      「ここからは二次会ということで」
      「それと検事。…呼びづらければ、陽麻で結構です」
      辺りくらいに凄かっただけに、
      曲世劇場開幕から凄い嫌な予感がして
      曲世登場から嫌な予感と面白い展開になりそうな予感の半々だったのが
      暗転ばーん♪からのEDで嫌な予感に傾いて
      ラストで突き落とされた感じだった。
      何て言うか、ラストの曲世からは
      「あー面白かった!じゃ、さよなら」
      みたいな邪悪さを感じたのが嫌だったのかも。
      もう正崎が必死に追いかけて悩み苦しみながら
      殺すと結論を出して臨んだ場面も曲世にとっては
      面白い玩具を十分堪能して飽きたから捨てる
      みたいな気持ちだったのかなぁと思って
      EDの間じゅうこれで終わりかよ!?って気分だった。
      果たして曲世は何を思って明日馬くんとおぼしき子に会ったんだろう…
      まさか正崎さんは死んじゃったから次はこの子で遊ぼうとか考えてないだろうね…
      むぁがせぇぇぇっ!!
      あと齋さんはもうちょっと自己主張してもいい。
      佳苗さんをアレックスに説得してもらってから
      まったく出番ないとか想像してなかった。
      せめて自殺サミットの結果発表なり何なりしてくれてもよかったのに。

        • miruru
        • 2020年 2月 03日

        >6話の齋拉致計画に全員一致した時の
        「ここからは二次会ということで」
        「それと検事。…呼びづらければ、陽麻で結構です」

        懐かしいですなぁ(>_<)ノ >むぁがせぇぇぇっ!! ↑進化している(笑) 確かに、齋は影薄すぎですね(笑) 最後出番が全く無かったことすら気が付きませんでした^^; 齋は、最後登場しなかったことに球磨川さんが気づいてくれて、幸せだったと思います゚゚(`・ω・´)シャキーン

    • 通りすがり
    • 2020年 1月 30日

    個人的には、続くことという答えを見せたところに、作者の覚悟を感じました。ちなみに、自分が中学の頃から考え続けていたものと近いものだったので、安堵と残念が入り混じってるというのが、最終話を見た感想です。作品から善悪を問われてからずーっとじんわりと緊張させられていたのが、やっと開放されましたw
    受け身で見ていたら楽しめない作品で、正解するカドと同様だったなと実感できる終わり方でした。ワンクールという長い時間、自殺というより、良いことと悪いことについて考えるという、重く楽しい時間を過ごせました。
    バビロンでは、考え続けろとメッセージを送っていましたが、カドの、他人の内側を想像しろというメッセージよりとてもわかり易かった。というか、バビロンのおかげで、正解するカドが何だったのかをより鮮明に認識できるようになりました。
    って、普段はコメントを残さないのですが、わからん!締めてない!と批判して終わるには、もったいない作品だったと言う視点を持ってほしいと思い、コメントしました。
    1から10までを見せられて堪能する種類の作品ではなく、作品の放送期間を作品とともに思考し続けるというエンターテイメントって、すごいな〜って思います。画面の中の出来事は物語ではなく、思考開始のきっかけでしかないというのがヒントになると嬉しいです。

      • miruru
      • 2020年 1月 30日

      コメントありがとうございます!

      なるほど~!

      バビロンを「放送中ずっと考えさせるアニメ」ととらえると、確かに名作だなと思います。

      確かに、視聴中ずっと考えさせられましたね(笑)。

      ただ、バビロンを視聴することで、善と悪について考えさせられた訳ですが、「善は続くことで悪は終わること」という言葉が全然ピンと来なかったのですよね^^;

      だって、例えば、「惰性で続くこと」は、悪いことではないけれど、良いことでもないじゃないですか(>_<)ノ こういう視点から、自分の中にある善悪の基準とはかすりもしなかったので、全く心を打たれなかった。 それよりも、最終回の正崎がアレックスを殺したことで、「人を殺すことは悪いことだけど、人を殺しても悪くない時もある」という教えの方が記憶に残りました。 それを考えると、テロ犯とか、人を殺す人の中にも正義はあると言いたかったのかなという気もしてしまいました。 でもまぁ、通りすがりさんのおっしゃる通り、バビロンが思考開始のきっかけであると考えればいいのですね。 要は、我々個々の脳みそを使って考えること、疑問を持つことを怠るなよ!という意味ですね! 自分たちで考えないとまずいぞ!ということですね、きっと! そう考えると、やはりバビロンは良い作品ですね! 視点のシェアをありがとうございます(^^)/

    • レイジ
    • 2020年 1月 30日

    原作の最後に、『つづく』と書かれているようですね。
    原作は、この作品を『善』い物として、肯定した形で終わっていますね。

    対してアニメは、『終』と。
    アニメでは、何故『終』にしたんでしょうね?
    『終』は『悪』いことのハズ。

    何故、アニメ作品の脚本を改変してまで、『終』にしたのか謎です。

    『つづく』で終わらせておけば、何となく『善』い作品になって、みんなディスクを買ったでしょうに。
    こんな気持ち悪い終わり方の作品は、『終』=『悪』だから、作品としても『悪』だから、買ってもらえないことを証明しただけになりそうですね。

      • miruru
      • 2020年 1月 30日

      コメントありがとうございます!

      >原作は、この作品を『善』い物として、肯定した形で終わっていますね。
      対してアニメは、『終』と。
      アニメでは、何故『終』にしたんでしょうね?
      『終』は『悪』いことのハズ。

      確かにー!!!!

      レイジさんは突っ込みどころが鋭いですね!

      本当に、なぜ、アニメだけ「終」にして「悪」と結びつけたのでしょうね…。

      原作がトゥルーエンドバージョンで、アニメは続編のないバッドエンドバージョンなのかな…。

    • ヲンダ
    • 2020年 1月 29日

    悪は終わることというセリフの通り正崎は殺人を犯したので自ら自殺したという流れでしょうね。ただこれは続編につづけるためのクリフハンガーなので、実際には死んでいないと思います。そうしないと原作の方と齟齬が出過ぎて軌道修正出来ないので。でっかいテーマ背負ってたわりに大したオチじゃなかったなって感じです。打ち切りになる海外ドラマによくある感じ。

      • miruru
      • 2020年 1月 30日

      コメントありがとうございます!

      やはり、正崎は死んでいないと思いますか!

      続編で正崎が登場せずに他のキャラが主人公に変わってしまったら、ちょっと微妙ですもんね。

      確かに、テーマはでっかかったですよね。

      テーマがでっかかった分、無意識のうちに期待値も上がっていたのかもしれませんね^^;

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP