いろんなものを深く見る

アニメ【バビロン】第12話の感想ネタバレ!最終回最悪でお世辞すら浮かばない

 
この記事を書いている人 - WRITER -

こちらでは「バビロン」のアニメ第12話(1月27日放送)のストーリーをネタバレしています。

自殺志願者と話をするアレックスや、曲世愛の登場、正崎の決断などについて、感想と一緒にまとめています。

アニメ「バビロン」の高画質フル動画を無料で安全に視聴することができます! 

詳しくはこちら↓

アニメ「バビロン」全話のフル動画を無料視聴する方法!見逃し動画配信比較についても

 

【バビロン】アニメ第12話のあらすじ

〈終〉

自殺サミットを開催した齋からアレックスへの要請。

それは、自殺をすべきか思い悩む一人の少女との対話だった。

深い思慮の果てに、善悪の真理に近づきつつあるアレックスは少女との対話に応じる。

悪を止める覚悟をした正崎は、齋の誘いを不審に思い支給された銃を握りしめる。

全世界が注目する中、静かにそして着実に曲世の手は二人へと伸びていた。


【バビロン】第12話のネタバレ内容

概要

☆自殺志願者と話をするアレックス
☆曲世愛の登場
☆正崎の決断

 

自殺志願者と話をするアレックス

齋開花は、自殺をしようかどうしようかと悩んでいる女性がいるとTV中継で伝えました。

そして、アメリカ大統領のアレックスを名指しして、その女性と話をしてほしいと言います。

アレックスは齋の戦略に抵抗することができず、その女性と話を始めるのでした。

 

その女性が曲世愛である可能性はゼロではありませんでしたが、アレックスがその女性と話すには通訳が必要なので、アレックスはおそらく大丈夫だろうということで、会話を始めます。

その女性は、初めての人と結ばれて、反対されながらも子を産み、女手一つで育てていこうと決心していたが、生まれてすぐの子は他界してしまったと言います。

そして、一通り悲しんだら、とても静な気持ちになり、死にたいという強い願望があるわけでもなく、どうしたらいいのか分からなくなってしまったと言うのです。

 

アレックスは正直に、自殺が良いことか悪いことか、答えを出せていないと伝えます。

そして、だから答えが出るまでもう少し待ってほしいと言うのでした。

アレックスは、答えが出た時に、死ぬことは良いことだという結論が出たならば、好きに自殺すればいいし、その時は僕も死ぬと言います。

 

思い詰めていた女性は、それを聞いて笑い出すのでした。

そして、答えが出るまで待つと彼女は言い、アレックスは、答えが出たら必ず知らせると約束します。

すると、女性は自殺をせずに、無事にビルの屋上から下がっていくのでした。

 

TV中継を見ていた人々も、Gサミットに参加していた首相たちも、拍手喝采です。

そして、アレックスは、「続く」ということが良いことであることに気が付き、感動します。

 

曲世愛の登場

アレックスは、「続くことが良いこと」だから、生きることが良いことだという結論を出しました。

答えが出たので、先ほどの自殺を考えていた女性に伝えようと、イヤホンを耳にします。

すると、大統領に喋りかけてきたのは、曲世愛なのでした。

 

曲世愛は、アレックスに「よくできました」と囁き、大統領は部屋を離れていきます。

異変に気がついていた正崎は、他の部屋で人々が自殺をしていることを確認し、大統領の身柄を確保することを命令するのでした。

アレックスは、曲世愛に「誘われた」と言い、屋上へ一目散に駆け出していきます。

 

警備員たちは、アレックスを確保することができません。

正崎は、1人、機転を利かせて、人々が行くのとは逆の方向に走ります。

正崎は、なんとか屋上から飛び降りそうなアレックスのところにたどり着くのでした。

 

正崎が呼びかけると、アレックスは振り返ります。

TV中継をしていたメディア軍は、ホワイトハウス内に異変が起こっていることに気が付き、屋上の淵にアレックスが立っている様子をTV中継しています。

アレックスは、もう限界のところにいると、正崎に伝えます。

 

そして、アレックスは、このままだと世界のみんなに悪いことを教えてしまうということも分かっています。

でも、どうにもできないアレックスは、正崎に誤り続けるのでした。

 

正崎の決断

自殺をしそうなアレックスは、走馬灯のように過去の記憶を思い出しています。

九字院が自殺した時のこと、アレックスが「銃は正しいことに使え」と言っていたことなどを思い出し、正崎は最後の決断を下しました。

正崎は、アレックスを銃で撃ったのです。

 

撃たれたアレックスは、自殺をしなかったため、世界に自殺を勧めるという事態は免れました。

しかし、正崎がアレックスを撃った場面は、世界に生中継されています。

もちろん、正崎の妻もTVを見ていたのでした。

 

アレックスを撃った正崎は、ガクガクになっていましたが、そこで曲世愛がやってきます。

曲世愛は、アレックスを殺した正崎に「悪いんだ~」と言い、正崎に、善とは何かと問います。

善とは続くこと、悪とは終わることだと正崎が言うと、曲世愛は、「じゃあ悪いんですけど」と言って、バーンと口にするのでした。

 

【バビロン】アニメ第12話の感想

最悪だ~!

最後の最後まで気分が悪いアニメでした。

まさかのバッドエンドでした。

なぜ曲世愛を撃てなかった正崎!

 

アレックスを殺してしまい、あの状態だったら、曲世愛を撃つべきだっただろう!

でも撃てなかった。

曲世愛が正崎を自殺へ追い込んだということなのでしょう。

 

正崎が死んで、アレックスも死んだ。

曲世が生き残って、世界はどうなってしまうというのか。

曲世を最後まで勝たせるとか本当にあり得ない。

アニメの目的が今回の最終回で余計に分からなくなりました。

まどさんは、何がしたかったのだろう。

 

これは、申し訳ないけど、まどさんが曲世愛のようにどこか歪みがあるのではと勘ぐってしまうようなアニメでした。

こんなアニメを想像できるって、凄い。

何を伝えたかったのかが、本当に意味不明で不気味です。

せめて、正義の正崎が最後に勝つのなら、今までの不気味で気分の悪いアニメ内容もそこまで気にならなかったかも?しれないけれど、こんな終わり方では、本当にまどさんの人格を疑ってしまいます。

 

アニメ制作というものは、目立ってなんぼの世界なのかもしれないし、私はよくアニメという世界を分かっていないのかもしれません。

もしくは、物語の内容を、私が理解できなかっただけなのかもしれません。

いずれにしても、無知な私には、本当に最後まで気分の悪いアニメという感想しか残りませんでした。

 

曲世を残すなら、アレックスを撃った正崎の善意すら意味のないものになってしまうじゃないですか。

これじゃ、正崎が本当に可愛そうで仕方がない。

そして、なんですか、あの最後。

曲世は正崎の子供にまで近づいて何をしようというのですか?

 

まどさんは、このアニメを制作して、今、満足感というか、いい気分をしているのでしょうか。

大変失礼なことをつらつらと申し上げて本当にすみませんが、今まで見たアニメの中で最高に、最後まで気分の悪くなるアニメでした。 

 

しかし、まぁ、これだけ視聴者の気分に影響する力があるということで、まどさんはきっとすごい方なのだと思います。

そして、物語も完結していないようなので、ハッピーエンドの為のバッドエンド(途中)だったととらえておきたいと思います。

続編についての情報や考察についてはこちら↓でまとめています。

【バビロン】2期や続編はあるのか?内容も考察!

アニメ「バビロン」の高画質フル動画を無料で安全に視聴することができます! 

詳しくはこちら↓

アニメ「バビロン」全話のフル動画を無料視聴する方法!見逃し動画配信比較についても

この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. わざわざ録画までして見てしまった通りすがり より:

    本当に本当に久しぶりにアニメを見ようと思い、数ある深夜アニメから選んで我慢しながら最後まで付いてきていたのですが、同じくあんぐりでした。
    まぁ、おそらくハズレを引かされたとは薄々感じてたんですが、今までの延べ数時間が無駄になるのが悔しくて、、、
    結果は更に時間を無駄にしてしまいました。
    まぁ、見終わって怒りのあまり検索したら、ここにたどり着きましたので貴重な6時間も少しは報われました。
    と言うか、こういう感想の時点で単純に歳を取ってしまっただけなのかも知れませんが、
    少なくとも原作が気になって読んでみようとは全く思いませんでした。
    続編もあるとの記述を拝見しましたが、私はここでお暇させて頂きます。

    • miruru より:

      コメントありがとうございます!

      録画までして見てしまった通りすがりさんですか~^^;

      そうなんですよね、途中で薄々「ハズレを引いたかな・・・」と感じつつも、そうは信じたくない思いで、見続けてしまった挙げ句の、あの最終回なのですよね。

      全く同感です^^;

      でも、アニメには素晴らしいものもたくさんあります!

      どうかアニメを嫌いにならないで下さい(^^)/

      いいアニメをお互いまた見つけましょう(笑)

  2. ななし より:

    原作がまだ終わってないし追い付いてしまったからオリジナルの展開で終わらせたんでしょうけどね。
    でもわざわざ完全なバッドエンドにするくらいならラストをぼかす必要ないですよね。
    作品のテーマ的には原作通りに正崎も曲世も生き残らせて二人のモノローグによる考えオチの方が良かったんじゃないかと思いますね。

    • miruru より:

      コメントありがとうございます!

      確かに、バッドエンドな上にぼかしていましたね^^;

      アニメの最後を改変したということが、続編を意識してのことだと信じたいです。

      でも、あのようなエンドが何回もあっても困るので、次作できれいに終わらせてほしいです^^;

  3. 同じく腹が立って検索した通りすがり より:

    まったく同感。話の出だしは良かったが、まともなオチを考えることができず、崩壊した作品。
    実は、意外性はなにもなく、気をてらっただけでのエログロ作品。作家にもは申し訳ないが放送に値しないと思う。
    謎の市長や様々な複線は、すべて放置して、唐突に終わるので、あきれてしまった。
    話や人物の設定にも一貫性も合理性もない。例えば、
    敵のチートな攻撃力や武器も分かっていて、なんら対策も準備もなく、サミットの警備もゆるゆる。
    主人公は、会敵したら、瞬時に敵を無力化する必要が分かっているはずなのに、突然間抜けで脆弱になる。
    およそ同一人物の行動とは思えない。人物設定とか、状況設定を無視するにも限度があると思う。
    たぶん、作者が言いたいオチは、善と呼ばれているものは、人、社会、モノあらゆるものを、
    持続(成長、進化)させるために必要な規範で、これは種の本能に根差す暗黙知、
    とでも言いたいのだろうが、小学生向けのネタを演出で盛り上げただけでがっかり。
    繰り返すが、個人的には、謎を引っ張るだけ引っ張って、オチがない(昔にもそういうアニメがあったな)作品は
    どうしても嫌悪感が出る。

    • miruru より:

      コメントありがとうございます!

      >サミットの警備もゆるゆる。

      確かに( ゚д゚)

      >主人公は、会敵したら、瞬時に敵を無力化する必要が分かっているはずなのに、突然間抜けで脆弱になる。

      確かに( ゚д゚)

      同感をシェアして頂いてありがとうございます!

      そうだ!バビロンにはオチがなかったのですよね!

      オチがなかったから、視聴者が最後まで置いてかれてそのまま放置されるという(笑)

      話題作り的な部分が多かったのに、不完全燃焼で終わってしまいましたね^^;

  4. びっくりして検索した通りすがり より:

    こんばんは
    いや〜、あなたがお感じになった感想が一番正しいと思います。
    深夜アニメを色々と見て参りましたが、これは考えさせるフリをしただけのアニメではないかと。
    刺激的な部分だけを重ねて不快感を煽って議論し始めたらしめたもの、みたいな製作側の匂いがプンプンと…
    もしきちんとした作品ならば、例えバッドエンドだとしても救いがなくてもそれなりに納得できるものですし、心に残った恐怖を噛み締めるものですが、中途半端に煽っているから終わった後唖然となるのだと思います。
    原作者もきっと広げた風呂敷回収できなくなったのかな。
    そして、巨大で根源的な悪にしてはセコいというか規模が小さいというか、サミットまで巻き込んだ悪なんですけど、どうにも世界中の人間に関わる恐怖が描けていないから不快感しか残らないんでしょう。
    とりあえず、こちらの感想が一番本質を見抜いていると思います

    • miruru より:

      コメントありがとうございます!

      「びっくりして検索した通りすがり」に笑ってしまいました(笑)

      びっくりしますよね!

      私もびっくりしました!

      完全に期待し過ぎてしまいました。

      こんなアニメだから、最終回はどうなるのだろうとワクワクしていたのですが…無念(T_T)

      共感して頂きありがとうございました(^^)/

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© 見る見るブログ , 2020 All Rights Reserved.